ニュース
» 2015年09月04日 16時09分 UPDATE

パナソニック、リモート視聴やHybridcast対応の3チューナー搭載STB発売

パナソニックがトリプルチューナー搭載のSTBを10月に発売する。リモート視聴やDLNAに対応。

[ITmedia]
photo トリプルチューナー搭載のセットトップボックス(STB)「TZ-LT400PW」

 パナソニックは9月4日、トリプルチューナー搭載のセットトップボックス(STB)「TZ-LT400PW」を10月に発売すると発表した。CATV事業者向けに提供するSTBのベーシックモデルで、リモート視聴、Hybridcast、DLNAなどに対応する。

 3チューナーを搭載し、外付けのUSB HDDを使えば2番組を同時録画しながら番組視聴ができる。無線LANはIEEE802.11a/b/g/nをサポート。DLNAはクライアントだけでなくサーバー機能も搭載。放送中の番組や録画した番組を宅内の違う部屋でも楽しめる。HybridcastサービスやYouTubeなども対応する。

 スマホやタブレットによるリモート視聴にも対応。放送中の番組や録画した番組を出先でも視聴できる。Miracast対応Android端末があれば、テレビへのミラーリングも可能だ。

 従来機と同様に、4倍/8倍録画、STBからほかのBDレコーダーなどに番組を録画/ダビング送信できるケーブルDLNA運用仕様「JLabs SPEC-020」、CATVユニバーサルポータルや視聴状態収集などの双方向クラウドサービスにも対応する。

 出力端子はHDMI、光デジタル音声を各1系統備える。2系統のUSB端子や、AVCHD動画、JPEG画像を再生できるmicroSDXCカードスロットも搭載する。本体サイズは360(幅)×255(奥行き)×59(高さ)ミリ、重量は約1.8キロ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.