ニュース
» 2015年09月16日 14時30分 UPDATE

シャープ、世界初のHDR対応85V型8Kディスプレイ「LV-85001」を1600万円で発売 

シャープは、世界初となるHDR(ハイダイナミックレンジ)対応の85V型8K液晶ディスプレイ「LV-85001」を10月30日に発売する。市場想定価格は1600万円前後(税別)。法人需要を狙う。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 シャープは9月16日、世界で初めてHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応した85V型8Kディスプレイ「LV-85001」を10月30日に発売すると発表した。価格はオープンプライス。市場想定価格は1600万円前後(税別)で、受注生産品となる。

hm_sh01.jpg 85V型8Kディスプレイ「LV-85001」

 本製品は、フルハイビジョン(1920×1080ピクセル)の16倍の解像度を持つ8K(7680×4320ピクセル)液晶パネルを搭載。高速大容量な8K映像処理回路を開発し、120Hz/12bitで駆動することに成功。IGZOを採用することで小型化と透過開口率を大幅に向上した。入力信号は最大60Hzに対応、2K/4K解像度の入力信号は倍速補間、8K入力信号は繰り返し描画による120Hz表示となる。

hm_sh02.jpg 8K解像度イメージ

 最大輝度は1000カンデラ/平方メートル。コントラスト比は10万:1、視野角は左右176度。またUltra HD(4K/8K)の世界標準であるITU-R勧告BT.2020の色域包含率は78%を実現。映像編集モニターなどプロユースに応える、高い表示品位を確保するため、ホワイトポイントD65/D93を工場で全数調整し出荷するという。

hm_sh03.jpg CIE1931(xy)色度図において。CIE1976(u'v')色度図比カバー率は82%

 インタフェースは、8K映像対応端子×1(HDMI×4端子使用)、ミニD-sub15ピン(コンピュータ信号)、HDMI×4(HDCP2.2対応、ARC対応)、D端子×1(D5)、角型デジタル(光)音声出力×1、アナログ音声出力×1(3.5ミリステレオミニ)、ヘッドフォン端子×1(3.5ミリステレオミニ)、AV入力×1(RCAピン)、USB×3(静止画/動画/音楽ファイル再生用が2系統、ハードディスク用が1系統)、LAN端子。

 地上デジタル、BS/110度CS放送のチューナーを搭載するが、4K・8K放送受信用のチューナーは非搭載となる。

mm_sh01.jpg インタフェース

 本体最大消費電力は1440ワット。電源の仕様は100V20A。スピーカーはサブウーファーを搭載した65ワット2.1chスピーカーシステムを搭載する。

 本体サイズは、1930(幅)×173(奥行き)×1115(高さ)ミリ、重量は約100キロ。横置き/縦置き両対応。B-CASカード、リモコン、リモコン用乾電池(単四形×2)、USBメモリーカバー、取扱説明書、保証書が付属する。スタンドは付属しないが、VESA(600×400ミリ)マウント対応となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう