ニュース
» 2015年10月30日 15時05分 UPDATE

数々のギミックを搭載!:プレミアムバンダイ、HG 1/144スケール「モビルワーカー ランバ・ラル機」を数量限定で予約開始

映画「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」第二章“哀しみのアルテイシア”より、ランバ・ラル大尉が駆るモビルワーカー「MW-01 01式 後期型」をHGシリーズキットで再現!

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 バンダイは10月30日、同社の公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」において、人型作業機械のプラモデル「HG 1/144 モビルワーカー MW-01 01式 後期型(ランバ・ラル機)」の予約を数量限定で開始した。価格は1994円(税込、送料・手数料別途)。商品の発送は来年1月。同機は、劇場版アニメ「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN(ジ・オリジン) II 哀しみのアルテイシア」(10月31日より上映)にジオン自治共和国のランバ・ラル大尉が搭乗するモビルワーカーとして登場する。カラーリングは、ランバ・ラルのパーソナルカラー”青”を基調としている。

hm_ba01.jpg 「HG 1/144 モビルワーカー MW-01 01式 後期型(ランバ・ラル機)」
hm_ba02.jpg 劇中のポーズを再現可能とする関節可動ギミックを採用
hm_ba03.jpg 背面

 ランバ・ラル機のナンバリングを収録した「専用シール」、モビルワーカー初期型が装備している「シールド」が付属する。

 劇中設定では、人型機動兵器「モビルスーツ」開発前の試作実験機。月面開発作業用の人型作業機械開発を隠れみのにしていたため「モビルワーカー」という名称で呼ばれていた。格闘実験による機体のダメージ値や関節部の負荷値などのデータ収集に使用されるため、パイロット保護を目的としてコックピット周辺の形状が同初期型から改良された。同型のマッシュ機(オレンジ色)とはカラーリング以外は共通という設定だ。なお、バンダイは10月31日から全国ガンプラ取扱い店舗などで「HG 1/144 モビルワーカーMW-01 01式 後期型(マッシュ機)」を発売する。価格は1944円(税込)。

hm_ba04.jpg 「HG 1/144 モビルワーカーMW-01 01式 後期型(マッシュ機)」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.