ニュース
» 2015年11月16日 14時14分 UPDATE

2000万円スピーカー「MUON」のミニチュア化:KEF、ポータブルBluetoothスピーカー「MUO」を発売

KEFからデザイン界の巨匠ロス・ラブグローブ氏デザインのNFC対応Bluetoothスピーカー「MUO」(ミュオ)が登場。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 KEFは、ポータブルBluetoothスピーカー「MUO」(ミュオ)を発売した。価格は4万5000円(税別)。本体カラーは5色展開(ライトシルバー/ネプチューンブルー/ストーミーグレイ/サンセットオレンジ/ホライゾンゴールド)。

hm_ke01.jpg ポータブルBluetoothスピーカー「MUO」(ミュオ)

 MUOは、2000万円相当の同社最高峰スピーカー「MUON」と同様にロス・ラブグローブ氏によってデザインされた。独自の点音源ユニQドライバーや、新開発のABR(Auxiliary Bass Radiator、ドローンコーン)、アルミ製の筐体(きょうたい)、高性能DACを採用。同社は「2000万円の同社フラッグシップモデルをミニチュア化する、というコンセプトで開発した。クリアーでタイトな低音をパワフルに再生する」とコメントしている。

hm_ke02.jpg 内部構造イメージ

 ドライバーユニットは、50ミリフルレンジのユニQドライバー×2、ABR×1。リチウムイオンバッテリーを内蔵し、12時間のワイヤレス再生ができる。

 NFCや、aptXコーデックのBluetooth 4.0に対応する他、AUX入力(3.5ミリステレオミニ)、Micro USB(充電およびファームウェアアップ用)も搭載する。Bluetoothの同時接続は2台までで、8台までの機器登録できる。また、シンクロナイズ機能を持ち、MUOを2台用意すれば、ステレオ再生も可能だ。

 本体サイズは、210(幅)×60(奥行き)×80(高さ)ミリ、重量は800グラム。USBケーブル、電源アダプター、クイックスタートが付属する。

hm_ke03.jpg 利用イメージ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.