ニュース
» 2016年01月27日 06時25分 UPDATE

SVOD市場の成長は横ばい:スマホからのテレビ局系VODを利用している人が1年で約10倍に――ニールセン調べ

ニールセンによる日本のVOD利用状況(2015年11月時点調査)が発表された。テレビ局系VODではスマートフォンの利用者数が約10倍増、532万人となった(昨年比)。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 ニールセンは1月26日、日本におけるVOD(ビデオ・オン・デマンド)の利用状況を分析、結果を発表した。

hm_ni01.jpg PCとスマートフォンからの各VOD 利用者数。2015年11月調べ(出典:ニールセン)
hm_ni02.jpg スマートフォンからの各VOD 利用者数比較。2014年11月 vs. 2015年11月。カッコ内は1人あたりの月間平均利用時間(出典:ニールセン)

 スマートフォンからのテレビ局系VOD(「NHKオンデマンド」「日テレオンデマンド」「テレ朝動画」「TBSオンデマンド」「テレビ東京オンデマンド」「フジテレビオンデマンド」)利用者が昨年比で約10倍にあたる532万人となり、PCからの利用者139万人を大きく上回る結果となった。また、在京民放5社が連携したVOD 「TVer」(ティーバー)の視聴者は、スマートフォンから251万人、PCから57万人に上った。一方、SVOD(サブスクリプションベースド・ビデオ・オン・デマンド、「Amazonプライム・ビデオ」「dTV」「Hulu」「Netflix」「U-NEXT」の上位5社を集計)は、スマートフォンからが781万人、PCからは269万人と、絶対数ではテレビ局系VODを上回るものの、伸び率では横ばいとなっている。

 また、平均利用時間はいずれも増加。テレビ局系は2分(2014年11月)から12分へ(2015年11月)、SVODでは同様に5分から31分へと増加した。

hm_ni03.jpg スマートフォンからのSVOD 利用者数上位3アプリの重複利用状況。2015年11月調べ(出典:ニールセン)

 スマートフォンからのSVODの利用者数上位3アプリの重複利用状況は、総利用者数201万人のうち、2つ以上のアプリを利用している人は5%で、残りの95%は1つのアプリだけを利用しているという結果となった。

 同社シニアアナリスト高木史朗氏は「利用者数の多かったスマートフォンに注目すると、TVerがサービスを開始したことで、テレビ局系のVODは、全体の利用者数が大きく拡大した。また、テレビ局系のVOD、SVOD共に利用時間も大幅に増加、徐々に日本市場においてもサービスの利用が浸透してきている。一方、NetflixやAmazonプライム・ビデオなどが昨年サービスを開始したものの、SVOD(全体)では利用者数は増加していない」と分析、コメントしている。

 なお、それぞれの分析は、スマートフォン視聴率情報「Nielsen Mobile NetView」(18歳以上の男女iOS/Androidの利用者各2000人)、およびPC版インターネット視聴率情報「Nielsen NetView」(4万名以上のオンライン視聴者)による2015年11月の調査結果を元にしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.