ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サブスクリプション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サブスクリプション」に関する情報が集まったページです。

CADニュース:
「Fusion 360」の個人利用で機能制限、フル機能の利用はサブスクリプションで
オートデスクは、3D CAD/CAM/CAE統合ソリューション「Fusion 360」の個人利用に関して、2020年10月1日から提供機能を制限すると発表した。(2020/9/25)

「OPEX」での導入に合理性
ストレージの「サブスクリプション」「従量課金」がオンプレミスでも広がる理由
クラウドストレージの魅力の一つは、従量課金型の継続課金で導入できることだ。この料金体系は、いまやオンプレミス製品でも当たり前の選択肢になりつつある。(2020/9/18)

「Apple Watch」のフィットネスサブスクサービス「Fitness+」、月額9.99ドル
AppleがApple Watch Series 3以降で使えるサブスクリプション制フィットネスサービス「Fitness+」を発表した。月額約10ドルで、毎週新しいワークアウトプログラムを提供する。まずは日本を含まない6カ国で年内に提供を開始する。(2020/9/16)

「Microsoft 365」と「G Suite」を比較する【後編】
「Microsoft 365」と「G Suite」の違いをストレージ容量と月額料金で比較する
サブスクリプション形式の2大オフィススイート「Microsoft 365」と「G Suite」は、どう違うのか。利用できるファイル同期サービスのストレージ容量と、利用料金の違いで比較する。(2020/8/27)

レノボがゲーミングPCを月額料金で使えるサブスクサービス「スグゲー」を開始 5900円/月から
レノボ・ジャパンは、同社製ゲーミングノートPCを月額利用可能なサブスクリプションサービス「スグゲー」を発表した。(2020/8/20)

「Microsoft 365」と「G Suite」を比較する【前編】
「Microsoft Teams」と「Google Chat」「Google Meet」の違いとは?
サブスクリプション形式の2大オフィススイート「Microsoft 365」と「G Suite」のどちらを導入すべきか。判断する際の材料はさまざまだ。まずはコミュニケーションツールを比較する。(2020/8/5)

在宅勤務や遠隔診療、中堅・中小企業の事業継続をHPEはどう支援するか:
PR:ニューノーマル時代の中堅・中小企業のDXはどう進むか、HPEが描く道筋
パンデミックを前にDXにつまずく中堅・中小企業を支援すべく、HPEは新しいサブスクリプションモデルなどによる多数の支援策を提示する。止められない業務、医療の現場をHPEはどのように支えたか。(2020/7/31)

Twitter決算は減収・赤字 サブスクサービスのテスト開始を発表
Twitterの4〜6月のmDAUは“巣ごもり需要で”過去最高の1億8600万人になったが、コロナ禍で広告が減ったため、売上高は19%減、2四半期連続の赤字となった。ジャック・ドーシーCEOはサブスクリプションサービスのテストを開始することを認めた。(2020/7/24)

製造業IoT:
ZETA対応プラットフォームサービスをサブスクリプションで提供開始
凸版印刷は、次世代LPWA規格「ZETA」対応のIoTサーバプラットフォームサービス「ZETADRIVE」の提供開始と、通信機器やデバイスをセットにした「ZETAスターターパック」のサブスクリプションモデルを発表した。(2020/7/21)

サービタイゼーション:
PR:ハードウェア売り切りは過去のものに、製造業のサブスクを成功させる鍵は
デジタル変革が加速する中で、製造業はハードウェアの売り切りからサブスクリプションに代表される新たな収益を得るビジネスモデルが注目されている。この新しいビジネスモデルは、ハードウェア以上にソフトウェアの役割が増す。そしてそのソフトウェアには“顧客”の存在を強く意識した4つの要素が求められるという。(2020/7/22)

ソラコム、1枚のSIMに複数の通信契約を追加できる「サブスクリプション コンテナ」提供
ソラコムが7月14日、1枚の「SORACOM IoT SIM」に、複数の通信契約を追加できる「サブスクリプション コンテナ」の提供を開始した。複数のサブスクリプションを契約している場合、安価なものに自動で切り替わる。アジア・パシフィック向けのプランでは、従来よりも7割以上安価になるという。(2020/7/14)

Twitterがサブスクリプションプラットフォームを開発中 コードネームは「Gryphon」
(2020/7/9)

平日1杯のクラフトビール、月額2800円 キリンビールがサブスク開始 飲食店支援で
キリンビールは、全国の「Tap Marche」取扱店でクラフトビールを平日に限り1日1杯飲めるサブスクリプション型サービスを始めると発表した。料金は月額2800円(税込)。(2020/7/8)

「週刊文春」上半期の実売部数が前年同期比104.4%に 定期購読も急増
文藝春秋は7月1日、自社刊行の「週刊文春」2020年上半期の実売部数が、前年同期比104.4%だったと発表した。(2020/7/1)

ピュアストレージ、全製品でサブスクリプション型サービスを開始
ピュアストレージは「Pure as-a-Service」の提供を開始する。同サービスは、従量課金制サブスクリプションのSTaaS(Storage as a Service)。オンプレミスとパブリッククラウド環境で、スケールリソースを容易に調整できるなど、柔軟性の高いストレージ利用を実現する。(2020/7/2)

サブスクで稼ぐ製造業のソフトウェア新時代(5):
アフターコロナを生き抜く製造業が“ニューノーマル”で求められるものとは
サブスクリプションに代表される、ソフトウェアビジネスによる収益化を製造業で実現するためのノウハウを紹介する本連載。第5回は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大により大きく変容した社会情勢を指す“ニューノーマル”の中で、製造業に求められるものについて論じる。(2020/6/29)

メカ設計ニュース:
NC加工最適化ソフトウェアのサブスクリプションプランを発売
丸紅情報システムズは、NCBが開発したNC加工最適化ソフトウェア「NCBrain」のサブスクリプションプラン「NCBrainLT(LimitedTerm)」を発売した。NCBrainの全機能を利用でき、ソフトウェアサポートも提供する。(2020/6/29)

ダイキンと東大発ベンチャー、エアコンのサブスク事業で合弁 アフリカなどに展開へ
ダイキン工業が、東大発ベンチャーのWASSHAと合弁会社「Baridi Baridi」を設立。エアコンのサブスクリプションの事業化と、アフリカなど空調が普及していない地域での展開を狙う。資本金は1億円で、出資比率はダイキン工業が80%、WASSHAが20%。(2020/6/16)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(76):
Office 365 ProPlusの名称変更とチャネル名変更、既存環境への影響は?
大企業向けのOfficeアプリといえば、サブスクリプション製品である「Office 365 ProPlus」ですが、最近、このアプリの名称と更新チャネルの名称が大きく変更されました。「Microsoft 365管理センター」での確認と、Officeアプリのポリシー管理用テンプレートや「Office展開ツール(ODT)」を使用している場合は、最新版の利用と現在利用中の設定への影響の調査、見直しをお勧めします。(2020/6/16)

成功するサブスクリプションビジネス【後編】:
「バンダイチャンネル」が実践する解約防止術
サブスクリプションビジネス成功の第一歩はユーザーの解約防止にあり。その実践事例を「バンダイチャンネル」の担当者に聞いた。(2020/5/25)

成功するサブスクリプションビジネス【前編】:
サブスクの難題「カジュアルな解約」を防ぐためにできること
サブスクリプションビジネスが浸透し利用者の行動にも変化が見られます。新たな課題として浮上したのが「何となく」の解約行為。これにどう対処すればいいのか。エキスパートが解説します。(2020/5/18)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(107):
Office 365のサービスとアプリがMicrosoft 365に改称
Microsoftは2020年4月22日から、「Office 365」ブランドで提供していた主要なサブスクリプションサービスおよびアプリを「Microsoft 365」ブランドに統合し、名称を変更しました。Office 365およびMicrosoft 365サブスクリプションはMicrosoft Azureのサービスに依存するものがあるため、本連載で変更点をお伝えします。(2020/5/14)

テレワークのデータをクラウドでバックアップ Arcserveが3カ月サブスク版を提供開始
Arcserve Japanは、クラウドバックアップサービス「Arcserve UDP Cloud Direct」の3カ月サブスクリプションを開始する。新型コロナウイルスの影響によるテレワークの急増を受け、在宅勤務用PCのデータ保護を支援。併せて、1年間サブスクリプションも値下げする。(2020/5/13)

製造ITニュース:
サブスクビジネス参入企業は新型コロナに強い、売上高の年平均成長率も18%超に
Zuoraがサブスクリプションビジネスに関する調査結果「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」について説明。サブスクリプションビジネスに参入した企業の売上高の年平均成長率は18.1%に達しており、これはS&P 500に登録されている米国企業の年平均成長率3.7%の約5倍に当たるという。(2020/4/22)

音楽サービスAWA、「学生プラン」を半額以下の月額480円(税込み)に
AWAが運営するサブスクリプション音楽ストリーミングサービス「AWA」は、中学生以上のすべての学生を対象とした「学生プラン」を提供開始。通常料金の半額以下となる480円(税込み)で全機能を利用できる。(2020/4/14)

サブスクで稼ぐ製造業のソフトウェア新時代(4):
サブスクリプション成功の秘訣は「カスタマーエクスペリエンスの向上」にあり
サブスクリプションに代表される、ソフトウェアビジネスによる収益化を製造業で実現するためのノウハウを紹介する本連載。第4回は、サブスクリプションという製造業にとって新しいビジネスモデルを成功させるのに必要な「カスタマーエクスペリエンス」について紹介する。(2020/4/13)

Microsoftの「Microsoft 365」関連発表まとめ コンシューマー向け「Teams」など
Microsoftが「Microsoft 365」関連のメディアイベントをオンラインで開催し、コンシューマー向けサブスクリプションサービス「Office 365 Solo」を「Microsoft 365 Personal」に名称変更することや「Microsoft Teams」を利用できるようにすることなどを発表した。(2020/3/31)

データ消去を重視したDaaSを選ぶ
テレワークでも注目の「PCサブスク」、返却時のデータ漏えい防止対策は大丈夫?
感染症対策や働き方改革の一環としてテレワークが推奨される中、デバイス選定の新たな選択肢として注目される、PCのサブスクリプション型サービス。しかし、返却時のデータ消去には不安も残る。その実態と、サービス選びのポイントを探る。(2020/3/23)

すべてのビジネスはサブスクへと向かう 専用の管理基盤Scalebaseを提供するアルプの狙い
昨今大流行のSaaSビジネスだが、その管理の裏側は相当に複雑化している。サブスクリプションビジネス専用の管理サービス「Scalebase」を提供するアルプは、すべてのビジネスがサブスク化することをにらみ、専用の管理プラットフォームをSaaSで提供する。(2020/3/23)

Windowsフロントライン:
「Microsoft 365 for Consumer」が間もなく登場か
以前から話題に上っては消えていた、Microsoftのサブスクリプションサービス 「Microsoft 365 for Consumer」がついに登場するようだ。(2020/3/18)

PR:サポート終了目前! サブスクリプション版Acrobatを導入すべき理由
ビジネス文書で欠かせないPDFファイル。このPDFの作成、編集、変換ソフト‎、Adobe Acrobatは常に進化を続けている。2020年4月7日にサポート終了を迎える「Acrobat 2015」シリーズだが、この機会に最新機能を常に使えるサブスクリプション版への移行を検討してはいかがだろうか。そのメリットやポイントをまとめた。(2020/3/3)

サブスクリプション契約経験、トップは「動画サービス」で「価格」を重要視――MMDの調査から
MMD研究所がサブスクリプション(定期契約)サービスに関する利用動向調査の結果を発表。一番契約経験が多くなったのは動画のサブスクリプションサービスで、契約継続の決め手として1番大きかったのは「価格」だった。(2020/2/26)

PR:小売業界の課題をオンデマンド志向で解決 DaaSビジネスに参入した菱洋エレクトロの挑戦
半導体商社として知られる菱洋エレクトロがPCをサブスクリプションで提供するDaaS事業を開始した。(2020/2/13)

今日のリサーチ:
世界のモバイル市場動向 米国では支出上位アプリのほとんどがサブスクリプション型に――App Annie調べ
App Annie「モバイル市場年鑑 2020」では、2019年のモバイル市場とゲーム、金融、小売業界、動画ストリーミング市場の業界動向を予測しています。(2020/1/30)

セイコーエプソン、インクジェットプリンタを月額制で利用できる個人向けサブスク型サービス オランダで2月に開始
セイコーエプソンは、大容量インクタンク搭載インクジェットプリンタを月額プランで利用できる個人向けサブスクリプション型新サービス「ReadyPrint」を発表した。(2020/1/30)

大事なのは「見える化」:
昆布を食べて収入が4万円アップ? ゲーム開発会社が「“年収を上げる食事”提案サービス」を展開するワケ
ゲーム開発会社のシグナルトークが1月29日、“年収が上がる食事”をAIが提案してくれるサービス「WorkUp AI」を開始する。月額課金制で、価格は毎月9800円(税別)。いったいどんなサービスで、どんな狙いがあるのか?(2020/1/30)

「MOON-X」が始動:
元フェイスブックジャパン代表の「次の一手」はなぜクラフトビールのD2Cなのか
フェイスブックジャパン代表取締役を退任し、日本のモノ作りを体現するブランド群を作ろうと起業した長谷川 晋氏。サブスクリプションモデルでクラフトビールを販売するという意外な展開に至った真意とは。(2020/1/29)

IT用語解説系マンガ:食べ超(179):
サブスクリプションで見放題の名称未設定ドキュメント
「秒額」に換算することでお得感を演出しています。※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。(2020/1/29)

NBCUniversalの定額動画サービス「Peacock」、広告付き無料プランもありで7月本格始動
Comcast傘下のNBCUniversalがサブスクリプション制動画サービス「Peacock」のプランを発表した。広告付きで無料の「Free」と広告付きで月額5ドルあるいは広告なし出月額10ドルの「Premium」を用意する。Premiumでは東京オリンピックの開閉会式のライブ配信などを予定。(2020/1/17)

全てがコトになる:
ZUORA CEOインタビュー サブスクリプションがもたらす破壊的イノベーションの時代に、日本のビジネスは生き残れるのか
2019年は「サブスク元年」と言われた。企業側にとって、サブスクへのビジネスシフトは簡単ではない。それでもビジネスのサブスク化が止まらないのはなぜか? ――顧客と投資家がそれを望んでいるからだ。今、日本の製造業は岐路に立っている。(2020/1/6)

サブスクで稼ぐ製造業のソフトウェア新時代(3):
製造業がサブスクリプションに踏み出す上で理解すべき3つのポイント
サブスクリプションに代表される、ソフトウェアビジネスによる収益化を製造業で実現するためのノウハウを紹介する本連載。第3回は、サブスクリプションや従量制に代表される新しいビジネスモデルに移行する上で理解しておくべき3つのポイントを紹介する。(2019/12/25)

サービタイゼーション:
PR:オリンパスも挑むコト売り、鍵は“Listen to Your Product――製品に耳を傾けよ”
IoTやAIなどの登場によって大きな変革が起こっている製造業。大量にモノを作って売るモノ売り型のビジネスモデルに代わって注目されているのが、「サブスクリプション」や「リカーリング」と呼ばれるコト売り型の新しいビジネスモデルだ。製造業は、このコト売り型への移行をどうすれば実現できるのだろうか。(2019/12/24)

乱立するサブスクビジネス 成否のカギを探る:
しょうゆを育てるサブスク「BOTTLE BREW」でキッコーマンがブランドの証「六角形」を使わなかったワケ
9月にキッコーマン食品が発表した“育てるしょうゆ”こと「BOTTLE BREW」。サブスクリプションなだけでなく、家でしょうゆを発酵させる斬新なサービスが注目を集めた。ただ、しょうゆを育てるボトルには、キッコーマンの代名詞といえる六角形ロゴをあしらっていない。一体どのような狙いをもって企画したのか、担当者に直撃した。(2019/12/23)

製造IT導入事例:
YKK APがArasを採用、柔軟性やサブスクリプションなどを評価
アラスジャパンは、YKK APがArasプラットフォームを採択した事例について発表した。同プラットフォームのアーキテクチャや柔軟性、アップグレードのしやすさ、サブスクリプション価格で利用できる点が評価され、採用に至った。(2019/12/12)

国内IT市場は2019年の約18兆円規模から2023年まで年率プラス1.9%で成長 ビジネス変革の支援に新需要――IDC調べ
2019年の国内IT市場は、前年比4.0%のプラス成長で17兆9394億円規模に達する見込み。PCの更新需要や既存システムの刷新需要などが市場をけん引し、2023年まで全産業分野でプラス成長で推移する。サブスクリプション型など、新たなビジネスモデル創出の支援サービスも需要が高まる予測だ。(2019/12/10)

集英社の新たな電子書店「ゼブラック」オープン 週ジャン・ヤンジャン・りぼんなどの作品がラインアップ
将来的には『週刊少年ジャンプ』『ジャンプ SQ.』『ウルトラジャンプ』の定期購読も可能に。(2019/12/9)

法人向け端末をサブスクリプション化する「DaaS」、菱洋エレクトロが2020年春に提供開始
菱洋エレクトロは、企業で使う端末やソフトウェアをサブスクリプション形態で提供するDaaS(Device as a Service)を発表した。高性能プロセッサ、OS、Microsoft 365、業務支援サービスを含めてPCをカスタマイズして提供し、機器の導入から運用支援、保守までをトータルでサポートする。(2019/12/5)

BMW、CarPlayのサブスク料金制を中止
BMWが、Appleの「CarPlay」で課していた年額1万3900円のサブスクリプション料金を廃止する。i3やi8などの一部のモデルでは5万1500円の一括支払いの使用料が必要だ。(2019/12/5)

「Let's note」がサブスク化 月額4030円から人気モデルが導入可能に
パナソニック システムソリューションズ ジャパンは、ノートPC「Let's note」とソフトウェアをサブスクリプションで使えるサービスパックを発表した。(2019/11/29)

所有から利用へ:
「スマートドライブ」「カルモ」「akippa」「Zuora」 移動×サブスクの未来を語る
これからの自動車関連ビジネスについて、MaaSとサブスクリプションビジネスのトップランナーたちが語り合った。(2019/11/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。