ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サブスクリプション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サブスクリプション」に関する情報が集まったページです。

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(94):
Windows Server, version 1909が正式リリース――「プロセス分離モード」の制限が緩和
2019年11月13日(日本時間)、Windows 10の最新バージョン「Windows 10 November 2019 Update(バージョン1909)」が正式リリースされた同日に「Windows Server, version 1909」も正式にリリースされました(Visual Studioサブスクリプションなどでは10月に提供開始)。Azure Marketplaceでも間もなく利用可能になるはずです。(2019/11/19)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(61):
複雑になったMicrosoft Officeのシステム要件とサポート期限に注意
「Microsoft Office」アプリケーションには、Office 365サブスクリプションに含まれるOfficeと、永続ライセンスであるスイートまたは単体製品のOfficeが存在し、WindowsまたはmacOSにインストールできます。現在、WindowsでサポートされているOfficeアプリケーションは複数存在し、システム要件やサポートライフサイクルが複雑になっています。今回は、企業向けのOfficeサービス/製品についてまとめました。(2019/11/12)

現場視点のエコシステム:
「コアバリューをビジネスに」APIとサブスクリプションの親和性とは?
企業のコアバリューをいち早くマネタイズするために、コア以外の技術は内製せず、APIを使って「借り物競走」するべきだ――。サブスクリプションビジネスを成功させる仕組みとはどのようなものか。APIエコノミーの先駆者に話を聞いた。(2019/11/7)

Adobe MAX 2019:
「Adobe Creative Cloud」が2020年版に クラウド対応を強化 機能追加やパフォーマンス改善も実施
Adobe(アドビ)の有料サブスクリプションサービス「Creative Cloud」の各種アプリが2020年版に。新機能の追加はもちろん、従来からある機能の改善も図っている。(2019/11/4)

「全オリジナル」ビデオサブスクのApple TV+始まる 日本でも視聴可能
Appleは、ビデオサブスクリプションサービス「Apple TV+」の提供を開始した。(2019/11/1)

Amazon.com、月額15ドルの「Amazon Fresh」を無料のプライム特典に変更
Amazon.comのサブスクリプション制食料雑貨無料配送サービス「Amazon Fresh」が、Prime会員向けの無償サービスに変わった(米国のみ)。(2019/10/30)

定額課金が本質ではない:
本物の「サブスクリプション」の話をしよう――Zuora創業者ティエン・ツォ氏インタビュー
「サブスクリプション=定額課金」と捉えている人は少なくないが、それはあまりに表層的な理解だ。話題書『サブスクリプション』の著者にサブスクリプションモデルの本来の定義とそれを成功させるための考え方を聞いた。(2019/10/30)

特集:サブスクリプション×DX:
転換期の「一時的な収益悪化」を乗り越えるのは、経営者の決断だ!
サブスクリプション型ビジネスは、企業に大きなメリットをもたらす。しかし、そのメリットを獲得するまでの課題も多い。他社よりも先にサブスクリプションビジネスの収益化を実現し、次世代のリーダー企業となるために必要なものとは?(2019/10/30)

Disneyの定額動画配信サービス「Disney+」、Verizonの一部ユーザーは1年無料に
米通信大手Verizonの定額無制限プランユーザーは、Walt Disney Companyが11月に米国で開始する定額動画配信サービス「Disney+」を1年間無料で利用できる。Disney+の年間サブスクリプション料は69.99ドルだ。(2019/10/23)

「超xlsサービス」販売開始、Excelを使った分析業務を効率化 日立社会情報サービス
Excelをセルフサービス型のBIツールにするサブスクリプション型サービス。データをBIに取り込みやすい形式に変換するExcelアドインソフト「セルフETLアシスタント」も提供する。(2019/10/10)

特集:サブスクリプション×DX:
「クレイジー」だったビジネスモデルが、たった数年で世界を変えた
ビジネスのサブスクリプション化が止まらない。従来とは全く異なる価値観に基づいたサービスや、それに伴うビジネス設計、企業の財務指標など、あらゆるものが変化する。企業が「顧客にとっての価値」を見極め、変化の時代に追いつくためには、何をすればいいだろうか。(2019/10/8)

特集:サブスクリプション×DX:
「サブスクリプション」モデルでDXが加速する――国内市場規模は5年で1.5倍に拡大
なぜサブスクリプションビジネスはここまで盛り上がったのか、レンタルやリースとの違い、サブスクリプションサービスを支えるプラットフォームビジネスなどから、成功するサブスクリプションの姿や、今後のビジネス変革のヒントを探る。(2019/10/1)

サブスクリプションビジネス特化型SaaS「Subsphere」、NTT Comが提供開始
既存システムとの連携や複雑なプライシングに対応する「Type A」と、新規にビジネスを立ち上げる事業者のために顧客接点やデータ連係を支援する「TypeB」の2つのプランを提供、運用に必要な機能を一元的に支援する。(2019/10/1)

大手ハウスメーカーに対抗、2025年に1.4万棟目標:
市場を激変させる「住宅サブスクリプション」始動、“月額5万”で売れ筋の高性能住宅が販売可能に
地方の小さな工務店であっても、月額わずか5万円を支払うだけで、建材メーカーの技術の粋を集めた高性能住宅が、自社ブランドとして販売できる時代がやって来る。提供される住宅はパネル式で、デザインや住宅建材がパッケージ化されており、耐震性で等級3・断熱性でHEAT20 G2と高い性能を有する他、スマートキーなどのIoT機器や大工不足を解消する職人マッチングサービスなども用意されている。住宅の価格帯はおよそ1600万円で、年収400万円前後の層をターゲットに、2025年度には1万4000棟の販売をねらう。(2019/9/30)

Nutanix CEOとCTOに聞いた:
Nutanixは「ポータブルクラウド/SaaSベンダー」へと(生物学的に)変態しようとしている
NutanixはHCIベンダーからソフトウェアベンダーに変化してきたが、最近では次の「変態」とも言える動きを見せている。これを象徴するのがサブスクリプションモデルへの移行とNutanix on AWSなどの取り組みだ。CEOのディラージ・パンディ氏とプラットフォームCTOのラジブ・ミラニ氏に聞いた。(2019/9/30)

リピート率は業界平均の1.5倍:
オーダースーツで3年連続200%成長を続けるFABRIC TOKYO 大企業キラーの裏に「D2C」モデル
オーダーメイドスーツを手掛けるFABRIC TOKYOが新たなビジネスモデルを展開する。同社はB2Cモデルを武器に成長を続けている。新たにAppleも展開する「RaaS」モデルを掲げ、サブスクリプションやサーキュラーエコノミー、スマートファクトリー構想などを発表。(2019/9/27)

サブスクリプションビジネスの複雑な会計処理を自動化 TISの統合データハブ
販売システムと会計システムをつないで、ビジネスモデルの変更に伴う金額処理を自動化する。既存システムの改修をせずに、収益認識基準への対応やサブスクリプションビジネスへの参入が可能になるという。(2019/9/25)

キッズラインがサブスク家具導入 事業成長に伴うオフィス増床に対応
ベビーシッターと家事代行のCtoCサービスを運営するスタートアップ企業がサブスクリプション家具を導入した。身軽さや柔軟性をメリットとして強調する。(2019/9/24)

サブスクで稼ぐ製造業のソフトウェア新時代(2):
稼ぎを生み出すデジタルトランスフォーメーションを実現する4つのポイント
サブスクリプションに代表される、ソフトウェアビジネスによる収益化を製造業で実現するためのノウハウを紹介する本連載。第2回は、収益化に直結するデジタルトランスフォーメーションを実現する4つのポイントについて紹介する。(2019/9/17)

「Apple Arcade」日本でも9月20日スタート 月額600円(無料トライアルあり)
Appleの有料サブスクリプション式ゲームサービスが、日本でも提供される。月額料金は600円で、新規契約から1カ月間は無料トライアル可能だ。契約は家族6人まで共有できる。(2019/9/11)

JR東日本エリアの駅にて:
話題のサブスク自販機 1日1本で2480円は割高? 強気なプランのワケを担当者に聞く
JR東日本ウォータービジネスが、10月1日から駅ナカ自販機でサブスクリプションサービスを開始する。アプリを通じて、対象のイノベーション自販機から1日1本対象のドリンクをもらえる。プランは月額980円と2480円の2種類。(2019/8/30)

定額制、ビール飲み比べOK 化粧品など消費財にも拡大 お得意様増やす狙い
音楽、動画を含むデジタルコンテンツや自動車、衣料品などの所有物を対象にしてきたサブスクリプションサービスがビール、化粧品といった消費財にも広がってきた。(2019/8/13)

BMW、Appleの「CarPlay」オプションを年額1万3900円のサブスク制に
BMWが2019年以降に販売する新車でAppleの「CarPlay」を使うには、月額130円(お試し料金)、年額1万3900円のサブスクリプション料金が必要になる。CarPlay対応メーカーは多いが、サービス利用を有償にするのはBMWが初めてだ。(2019/7/29)

交通機関の定額サブスクリプションは実現するのか? WILLERのMaaSへの取り組み
高速バス大手のWILLER(大阪府大阪市)は7月19日に主催したイベント「MaaS Meeting」にて、オンデマンドシェアや定額乗り放題のサブスクリプションなどMaaSへの取り組みを話した。(2019/7/22)

今日のリサーチ:
サブスクリプションサービス利用のきっかけ、最多は「初月無料」――ソフトブレーン・フィールド調査
ソフトブレーン・フィールドは、サブスクリプションサービスの認知および利用実態に関する調査結果を発表しました。(2019/7/12)

サブスクで稼ぐ製造業のソフトウェア新時代(1):
製造業が今、ソフトウェアビジネスに力を入れるべき理由
サブスクリプション、IoT、AI、DXなどの言葉では、全て「ソフトウェア」が重要な役割を果たしている。本連載では、製造業がただ製品を販売するのではなく、販売した先から安定した収入を将来に渡って得ていくために、ソフトウェアによって価値を最大化させ、ビジネスを収益化していくノウハウについて紹介していく。(2019/7/9)

「酒場のサブスク」は、流行るのか
定額料金で期間中何度でもサービスを利用できるサブスクリプション(サブスク)。東京・銀座でスタートした日本初のクラフトビール専門のサブスクは、会員の来店頻度が店側の想定を大きく上回り、新規の「常連さん」がにぎわいを生んでいる。(2019/7/8)

「困る」……名機「nasne」出荷終了にユーザー嘆き、後継機も「予定なし」
人気のネットワークレコーダー「nasne」の出荷が近く終了。後継機の予定もないという。ユーザーからは「困る」「torneのアプリは月額課金してもいいから、なんとか維持してほしい」といった声が寄せられている。(2019/6/25)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(138):
知らなかったでは遅い? Hyper-V Serverは「インプレースアップグレード不可」という事実
2018年10月初めにWindows 10 バージョン1809やWindows Server 2019とともにリリースされ、その後、配布が停止されていた「Hyper-V Server 2019」が、8カ月たった2019年6月15日にようやく再リリースされました。インストールメディア(ISOイメージ)は、MicrosoftのEvaluation CenterまたはVisual Studioサブスクリプションからダウンロード可能です。(2019/6/25)

音楽、動画から美容室、ラーメンでも 広がる「定額サービス」
商品やサービスが一定期間、定額で使い放題になる「サブスクリプション(サブスク)」型のビジネスが広がっている。デジタル分野だけでなく美容室や飲食店などでも取り入れられ、さらに市場規模が広がるとの見方もある。(2019/6/18)

「サブスク」という日本語の弊害
「サブスクリプション」と「使い放題」は違う。どこからその誤解が広まっていったのか。(2019/6/14)

平日の仕事終わりに:
月2496円で1日1杯 ビールの「サブスクリプション」サービスの狙い
スプリングバレーブルワリーは6月17日から、月額制で1日1杯ビールを提供するサブスクリプションサービスを開始。東京・銀座の1店舗で実施する。(2019/6/13)

池田直渡「週刊モータージャーナル」プラス:
トヨタの電動化ゲームチェンジ
世間からはずっと「EV出遅れ」と言われてきたトヨタ。今回、電動化車両550万台達成を5年前倒して2025年とするとアナウンスした。そのために、従来のパナソニックに加え、中国のバッテリーメーカー、BYDおよびCATLとも提携した。さらに、用途限定の小規模EVを作り、サブスクリプションモデルを適用するというゲームチェンジをしてみせたの。(2019/6/12)

ノークリサーチが調査:
情シス要員6〜9人くらいの企業で最も利用意向が高い「サブスクリプション型IT」
ノークリサーチはサブスクリプションやシェアリングといった新たなビジネス形態が中堅中小企業のIT活用に与える影響に関する調査結果を発表した。企業規模が大きいほど、情報漏えいを懸念する企業の割合が多かった。(2019/5/28)

今日のリサーチ:
日本の消費者はサブスクリプションにどれだけ前向きか――Zuora調べ
Zuoraが実施した世界のサブスクリプションビジネスの実態調査です。(2019/5/16)

「ID貸して」なんでダメ? ゲームもダウンロード販売になった現代の「貸し借り」問題
さまざまなサービスが買い切りからサブスクリプションに移行し、「CDを貸し借りする」というような体験がなくなりつつあります。そんな現代の子どもたちの間では「IDを貸して」とねだられる事例も。問題点を解説します。(2019/5/8)

製造マネジメントニュース:
ウフルと石油元売り大手、IoTの共同研究開発を推進
ウフルは、昭和シェル石油とIoT分野での共同研究開発を推進する。両社はサブスクリプション型のサービスとして、見守り防犯ブザー「ソラモリ」を共同で研究開発し、2019年中に実証実験を開始する予定だ。(2019/4/19)

「ITmedia マーケティング」月刊ヘッドラインレビュー:
超イケメンなブランディング論が教えるサブスクリプションビジネスの本質
ITmediaマーケティングに掲載された1カ月の記事をランキング中心に振り返ります。(2019/4/12)

今日のリサーチ:
サブスクリプションサービス、2018年度の国内市場規模は5627億円――矢野経済研究所調査
データ活用需要や新規参入事業者増などを背景に好調推移を予測。(2019/4/12)

今こそ本質を知る:
サブスクリプションビジネスを成功させるにはマネタイズより「つながり」を重視しよう
サブスクリプション化の課題とは課金であり、コストをコントロールしてユーザーが導入しやすい料金プランを用意すればいいと安直に考えていないだろうか。そこには大きな誤解がある。(2019/4/1)

今日のリサーチ:
ファッション分野のサブスクリプションサービス、利用経験者は5.3%――楽天インサイト調べ
楽天インサイトは「ファッションに関する調査」を実施しました。(2019/3/28)

Appleが“ゲーム天国”「Apple Arcade」を2019年秋にスタート
3月25日(現地時間)、Appleのスペシャルイベントでゲームのサブスクリプションサービス「Apple Arcade」を2019年秋にスタートすると発表した。広告なしでオリジナルゲームがプレイできるとし、現在100タイトル以上のオリジナル作品を開発しているという。(2019/3/26)

Apple、ゲームサブスクリプションサービス「Apple Arcade」を発表
Appleが、iPhone、iPad、Apple TV、Macで使える定額ゲームサービスを開始する。(2019/3/26)

「TSUTAYAプレミアム」は変わったか 対策と拡充の1年
TSUTAYAがサブスクリプション型サービス「TSUTAYAプレミアム」のサービスを拡充する。昨年5月に景品表示法違反(優良誤認)で消費者庁の措置命令を受けたが、その後はどのように変わったのか。(2019/3/20)

CIOへの道:
オイシックスが考える、サブスクリプション時代を生き抜くためのシステム設計とIT人材とは CMT、西井氏に聞く
マーケティングのプロがIT部門にも関わっているオイシックス・ラ・大地のCMTと、クックパッドの情シス部長が、ITとビジネスの在り方について語り合う本対談。後編は全体最適の視点に立ったIT戦略の重要性と、ビジネスを加速させるシステムの在り方に関するテーマで話が進んだ。(2019/3/20)

コーヒー豆のサブスクリプション型サービス アプリで注文、今後はAIバリスタが好みを提案する機能も
スマートフォンアプリからコーヒー豆を注文できるサービス「PostCoffee」がスタート。。バリスタを指名して相談する機能や、AIを使ってコーヒー豆をおすすめする機能を実装し“コーヒーのサブスクリプション型サービス”を目指す。(2019/3/19)

オンプレミスよりも信頼性が高いのはなぜか
Amazon、Google、IBM 各ベンダーの「クラウドベースIAM」を比較する
Amazon、Google、IBMは、それぞれクラウドサブスクリプションの一部として、IDおよびアクセス管理(IAM)サービスを提供している。企業はこうしたサービスの利用を開始する前に、それらを慎重に評価する必要がある。(2019/3/19)

Twitterがスレッドの定期購読機能を開発中 登録した会話に進展があると通知してもらえる
通知機能付きのブックマークとして使えそう。(2019/3/18)

CRMの限界を超える:
サブスクリプションが解 初代バチェラーが語る、顧客との継続的な関係を築くブランディングとモノ作り
初代バチェラーとして知られる久保裕丈氏は現在、家具のサブスクリプション型レンタルサービスを手掛ける。顧客と継続的な関係を築くためにブランディングはどうあるべきか、久保氏がさわやかに語った。(2019/3/18)

従量制、階層性、定額制、フリーミアム……
SaaS ERPの複雑すぎるサブスクリプション、主要6パターンを理解しよう
SaaS ERPの登場によって、コストを抑えながら柔軟性と拡張性を獲得できると期待されている。だがそれを真の意味で実現するには、従量制やユーザー単位といった一般的な料金体系の仕組みを理解することが先決だ。(2019/3/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。