ニュース
» 2016年03月17日 20時15分 UPDATE

ハイレゾ対応のスタジオモニターヘッドフォン「HA-MX100-Z」、ビクターから登場

JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントは3月17日、「ビクタースタジオ」がプロデュースしたスタジオモニターヘッドフォン「HA-MX100-Z」を発売した。

[ITmedia]

 JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントは3月17日、ビクタースタジオがプロデュースしたスタジオモニターヘッドフォン「HA-MX100-Z」を発売した。同社のハイレゾ音源配信サイト「VICTOR STUDIO HD-Music」で販売するとともに、ビクタースタジオで実際に楽曲制作で活用する。価格は2万4800円(税込)。

ts_victorstudio01.jpg 「HA-MX100-Z」

 ビクタースタジオとJVCケンウッドは、これまでもウッドコーンオーディオシステムやヘッドフォンの開発で協力してきた。2011年にはスタジオモニターヘッドフォン「HA-MX10-B」を発売。「多くの音楽制作の現場と音楽ファンに支持されてきた」(同社)。

 今回の新製品はHA-MX10-Bの基本性能を継承しつつ、ハイレゾ音源再生に対応した点が大きなポイント。ハイレゾ音源の配信にも携わるビクタースタジオが開発の指揮をとり、スタジオエンジニアが徹底的にチューニングを実施。「“原音”に限りなく近いハイレゾ音源を忠実に再現する解像感と自然で繊細な音場表現を可能にした」としている。

 ドライバーは、HA-MX10-Bのドライバーをベースにしながら、国産のCCAWボイスコイルと熱処理を施した低歪磁気回路を新たに採用。さらに従来機から継承した「サウンド・ディフューザー」は中心孔の径を変更し、より高域側の再生周波数を拡大、解像感の向上を図っている。同じくHA-MX10-Bで採用した「クリアバスポート構造」を進化させた「デュアル・クリアバスポート構造」は、振動板の前室側と後室側の背圧を調整し、振動板が駆動する際の抵抗を減らす。再生周波数特性は10〜4万Hz、感度は107dB/mW。

 ケーブルはOFCを導体に採用した2.5m。プラグは3極ながら、ケーブル内は4芯構造としてチャンネルセパレーションを向上した。プラグはAmphenol製だ。なお、出荷時にはビクタースタジオ仕様のエージングを実施しており、導入後もすぐに安定したモニターが可能になっている。本体重量は265g。

 なお、3月31日までは初回購入特典として、「VICTOR STUDIO HD-Music」で使用できるハイレゾ音源の無料クーポン3240円分がもらえる。

ts_victorstudio02.jpg ビクタースタジオ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう