ニュース
» 2016年03月23日 17時09分 UPDATE

千葉県館山産:本物のサザエでございまーす、ベイエフエムが「SAZAE RADIO」を発売

100%千葉館山産の大粒なサザエを使用。貝殻を耳にあてるとベイエフエム(など)が聞こえる。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 ベイエフエムは3月23日、サザエの貝殻で作ったFMラジオ「SAZAE RADIO」(サザエラジオ)を発表した。千葉県館山で獲れた本物のサザエを使用した「全く新しいラジオ」(同社)だ。限定100個を4月に発売する。

ts_bayfm01.jpg 「SAZAE RADIO」(サザエラジオ)。サイズは個体によって異なるが、だいたい10cm四方だという。周囲の白いケーブルはアンテナ

 同社編成局の小懸正幸氏によると、ベイエフエムの本社が東京湾の近くにあることから、「海に関わるものとラジオとの組みあわせで何か面白いものができないか」と考えたという。そんなとき、たまたまサザエの貝殻を見つけて「サザエを耳にあててラジオの音が聞こえたら面白いのでは?」と思いついた。

ts_bayfm02.jpg 使用イメージ

 サザエは100%千葉県館山産で、10cm角ほどの大きさをチョイス。洗って漂白剤に付け、天日で乾燥させるときれいな白い貝殻になる。その後、ワイヤーブラシなどを用いて表面を磨き、エポキシパテで基板を固定すれば完成だ。日本製のスピーカーを採用するなど、音質にもこだわった。

ts_bayfm03.jpg エポキシパテの盛り具合に手作り感を感じる
ts_bayfm04.jpg 側面は完全にサザエ

 チューナーはワイドFMに対応しており、AM局のFM補完放送もサポート。貝殻を耳にあてれば、ラジオの音が耳に流れ込む。またボリュームを上げて仲間と一緒にラジオを聞くことも可能だ。「例えば水仕事をしながら聞くには十分な音量を確保できた」(小懸氏)。内蔵バッテリーで約2時間の連続使用が可能。充電はMicroUSB端子で行う。

ts_bayfm05.jpg 技術担当の吉田八郎氏(左)と同社編成局の小懸正幸氏(右)

 「これまでのラジオは四角いイメージではないか。しかし、ベイエフエムの社員が試行錯誤を繰り返し、誰もが一目見たら手の取りたくなる、全く新しいラジオが完成した」(小懸氏)

ts_bayfm07.jpg

 価格は3980円(税込み)。4月1日の12時から特設サイトで申込受付を開始する。販売数は限定100個。応募者多数の場合は抽選となる。

 「SAZAE RADIO」は、ベイエフエムが誇る豪華パーソナリティー陣にも好評で、「これ、めっちゃくちゃかわいい!」(槇原敬之さん)、「僕のようなサザエ好きにはたまらない」(斎藤工さん)といった声が寄せられている。その模様は、同日Youtubeで公開されたSAZAE RADIOのプロモーションムービーで確認できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.