ニュース
» 2016年06月14日 18時59分 UPDATE

エレコム創立30周年記念モデルは見た目も美しいカナル型イヤフォン2モデル

エレコムは、同社の創立30周年を記念してカナル型イヤフォン“Colors”シリーズに、ハイレゾ対応モデル「EHP-R/CC1000」と、左右でカラーが異なるデザインの「EHP-CC100」の2モデルを追加。6月下旬より発売する。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 エレコムは6月14日、同社創立30周年記念モデルの第1弾として、カナル型イヤフォン「Colors」(カラーズ)の新製品2モデルを発表した。価格はオープン。市場想定価格は、ハイレゾ対応「EHP-R/CC1000」のマイク付きモデルが7980円前後、マイクなしモデルが6980円前後、左右でカラーが異なるデザインのハイファイ対応「EHP-CC100」マイク付きモデルが1980円前後、マイクなしモデルが1480円前後(いずれも税別)。6月下旬に発売する。

ハイレゾ対応「EHP-R/CC1000」

「EHP-R/CC1000」カラーはブラック/ピンクゴールド/シルバー/ブルー/レッド/ピンクの6色(マイク付きのMシリーズはブラック/ピンクゴールド/シルバーの3色のみ)をラインアップする

 8.8mm径のダイナミックドライバーを採用した密閉型。振動板には超多層フィルム(MLF)を採用しラジアル構造のリブを設けた。「残響を抑え、高レスポンス・高解像度を実現する」(同社)という。また、前置ネオジウムマグネットによって、ダイヤフラムの振動スピードを加速させ、より力強い低音を目指した。

 構造は、ドライバー、ボールピース、マグネットを同軸上に配置する“Magnetic Turbo Axialy Port”を採用。リアハウジングには、高い剛性の真ちゅうを用いている。「不要な振動を抑制し、振動膜からの音楽信号を忠実に再生する」としている。

 プラグ形状はL型3.5mmステレオミニ(マイク付きモデルは4極)、コード長はどちらも約1.2m(Y型)。

 再生周波数帯域は5〜4万5000Hz、インピーダンスは16Ω、音圧感度は102db/mW。コードを含まないヘッドフォン本体の重量は10g。イヤーチップ(S/M/L)、コードキーパー、ポーチが付属する。

「EHP-R/CC100」

「EHP-R/CC100」カラーはブラック/ブルー/パープル/ホワイト/レッド/ピンク/ネオン1/ネオン2の全8色をラインアップ

 8.5mm径のダイナミックドライバーを採用した密閉型。左右で異なるカラーを採用した、遊び心あふれるモデルだ。

 ネオジウムマグネットの採用により、コンパクトながら幅広い音域再生とクリアな高音質を実現、独自設計のバスポートにより低音表現も向上したという(同社)。また、6.5ミクロンのPETフィルムを採用することで、レスポンスのよいイキイキとした音の再現を目指した。

 プラグ形状はL型3.5mmステレオミニ(マイク付きモデルは4極)、コード長はどちらも約1.2m(Y型)。

 再生周波数帯域は20〜2万Hz、インピーダンスは16Ω、音圧感度は97db/mW。コードを含まないヘッドフォン本体の重量は約4g。イヤーチップ(SS/S/M/L)が付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう