ニュース
» 2016年10月26日 15時41分 UPDATE

4K/HDR対応にレーザー光源、エプソンのフラグシッププロジェクター「EH-LS10500」登場

エプソンは4K/HDR対応ホームプロジェクターの最上位モデル「EH-LS10500」を12月に発売する。“画素ずらし”によって4K対応を果たしたモデル。光源にはレーザーダイオードを採用し、広い色域を実現した。

[ITmedia]

 エプソンは10月26日、4K/HDR対応ホームプロジェクターの最上位モデル「EH-LS10500」を発表した。価格はオープンで、12月に発売する予定だ。店頭では80万円前後になる見込みだ。

「EH-LS10500」

 反射型液晶パネルの「3LCD Reflective Panel」を用い、“画素ずらし”によって4K対応を果たしたモデル。1画素を斜めに0.5画素ぶんシフトさせる「4Kエンハンスメントテクノロジー」により、縦横の解像度を実質2倍にする。4K入力信号はもちろん、フルHD信号も4K相当の映像にアップスケールしてスクリーンに映し出す。

 光源にはレーザーダイオードを採用。光の出力制御を柔軟に行えるため、入力信号に合わせて遅延のないリアルタイム調光が可能だ。また光源をオフにすれば0lm(ルーメン)の全黒を表現できるため、ダイナミックコントラストは無限。色の再現性に優れ、DCI P3規格やAdobe RGBをフルカバーする色域を実現した。光源の寿命は3万時間(明るさ“低”の場合)。対応スクリーンサイズは300型まで。

 このほか画像の解像感を向上させる超解像技術やディティール強調も搭載。動きの速い映像に対してもフレーム補間が滑らかな動画再生を可能にする。また3D映像を明るく投写する「Bright 3D Drive」も採用した。

 本体サイズは550(幅)×553(奥行き)×225(高さ)mm。重量は約18kg。レンズシフトは上限90%、左右40%。2.1倍のズームフォーカスレンズと合わせ、室内環境に合わせて柔軟な設置が可能だ。レンズシフトやフォーカスを調節したレンズの一は10件まで登録できる。なお、駆動音は19dBという静音設計になっている。

2015年度に実施したホームプロジェクター体験イベントの様子

 なおエプソンでは、ホームプロジェクターの体験イベントを東京・二子玉川の「イッツコムスタジオ&ホール」で開催する。当日は120インチスクリーンを使ってEH-LS10500のデモンストレーションが行われるほか、「EH-TW8300W」を使用したリビングシアター、「EH-TW6700W」による3D体験コーナーなどを用意するという。会場は二子玉川ライズ2階の「iTSCOM STUDIO & HALL」。開催日時は11月16日から20日まで。なお、会場では豪華景品が当たる抽選会も実施する予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう