ニュース
» 2016年11月16日 21時56分 UPDATE

Bluetooth搭載のコーヒーミルが来春日本上陸――シアトルから

キーコーヒーは米国シアトルに本社を置くコーヒーミルメーカー、BARATZA(パラッツァ)と、次世代型コーヒーミル「Sette270W」の日本独占販売契約を締結した。2017年春から取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 キーコーヒーは、米国シアトルに本社を置くコーヒーミルメーカー、BARATZA(パラッツァ)と、次世代型コーヒーミル「Sette270W」の日本独占販売契約を締結した。2017年春から取り扱いを開始する。

次世代型コーヒーミル「Sette270W」

 BARATZAは、世界40カ国でトップバリスタやハイアマチュアに支持されるコーヒーミルのメーカー。Sette270Wは、同社が5年をかけて開発したというもので、コーヒー豆の自動計量機能やBluetoothを搭載。喫茶店などではオペレーションの簡素化と繊細な粒度設定が行えるという。「Bluetooth接続による、コーヒー抽出液までの画一的なクオリティーコントロールを実現する」(キーコーヒー)

イメージ画像

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう