ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「次世代」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「次世代」に関する情報が集まったページです。

メカ設計ニュース:
DFMと金属加工技術を融合した新しい板金加工プロダクトの開発に向けて事業提携
Nature Architectsと浅野は、新しい板金加工プロダクト開発に向けて事業提携する。Nature Architectsが保有する次世代設計技術と浅野が持つ金属加工技術を融合し、金属加工分野で新規事業開発をする。(2021/4/15)

PR:スターダストが未来のクリエイターを発掘! 「コラボ」で作る次世代マッチング型コンテスト開始
テーマは「20XX年」。優勝チームには総額100万円の賞金とMV制作など。(2021/4/15)

GTC 2021 基調講演:
“GPUのNVIDIA”がCPU製品「Grace」を投入、スパコンのAI性能が10倍に
NVIDIAは、オンラインで開催中のユーザーイベント「GTC 2021」の基調講演において、巨大AIモデルやHPCのワークロードを処理するデータセンター向けのCPU「Grace」を発表した。Armの次世代サーバ向けプロセッサコアを搭載するGraceなどを用いたAIシステムは、x86ベースのCPUを用いる既存のAIシステムと比べて大幅な性能向上を実現するという。(2021/4/13)

PS5の4K/120fps出力に対応した4Kテレビ、ソニーが発売 「ゲームプレイに適している」
ソニーはPlayStation 5の4K/120fps出力に対応した薄型テレビ13モデルを発表した。「次世代ゲーム機でのゲームプレイに適している」という。(2021/4/12)

アナログ・デバイセズ 5G無線プラットフォーム:
O-RAN準拠のASICベース5G無線プラットフォーム
アナログ・デバイセズは、O-RAN準拠の5G無線ユニット向けASICベース無線プラットフォームを発表した。ベースバンドASICや次世代トランシーバー、信号処理、電源などが組み込まれており、5G O-RANエコシステムの開発に貢献する。(2021/4/12)

FAニュース:
5Gで遠隔から工作機械を自動運転できる次世代工作機械の共同開発を開始
キタムラ機械とNTTドコモ北陸支社は、5Gを用いて遠隔から工作機械を自動運転する「Auto-Part-Producer 5G」の共同開発を開始した。技術検証などを経て、2023年4月には、同制御機能を搭載した次世代工作機械を商用化する。(2021/4/12)

5nmロジックへと導く:
原子層エッチングがEUVの確率変動を低減
次世代の半導体製造プロセスに必須ともいわれるEUV(極端紫外線)リソグラフィ技術。今回は、大手装置メーカーのLam Researchが、EUVリソグラフィにおいて重要な要素となる確率変動について解説する。(2021/4/12)

もっと、セキュリティはシンプルでいい:
SASEを取り入れた次世代ファイアウォール 企業のゼロトラスト戦略を支援
「境界型セキュリティ」から「ゼロトラストセキュリティ」への移行を進める際には、エンドポイントだけでなく、ユーザーやデバイス、アプリケーションごとに最適化したネットワークセキュリティデザインの検討が必要だ。そのポイントとは。(2021/4/12)

2022年3月までに通信用SoCを試作:
ソシオネクストら、次世代ZETA通信規格を策定
ソシオネクストと英国ZiFiSenseおよび、テクサーの3社は、LPWAの1つである次世代ZETA通信規格を共同開発し、仕様の策定を完了した。ソシオネクストが新規格に対応する通信用SoCを2022年3月までに試作し、3社で実証実験を行う。(2021/4/8)

次世代自動車向けソフト開発を強化:
アルプスアルパイン、仙台にソフト開発拠点を開所
アルプスアルパインは、宮城・仙台市に「仙台ソフトウェア開発センター」を開所したと発表した。次世代自動車向けソフトウェアの開発力を強化するのが狙い。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
仮想化技術をさらに活用するために、ストレージに求められるvSphere統合機能
仮想化アプリケーションが幅広く活用される中、ストレージには単に仮想化機能をサポートするだけでなく、VMware vSphereのような主要な仮想化テクノロジーとの統合機能が求められる。次世代ストレージはこのニーズにどう対応しているのか。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
次世代ストレージのパフォーマンスを最大化、具体的な設定や推奨事項を解説
次世代ストレージは、そもそも高いパフォーマンスとシームレスな自動化機能を提供してくれるが、そのベストプラクティスを学ぶことで性能を最大限に引き出すことができる。一般的なユースケースにおける推奨事項を把握しておこう。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
コンテナや機械学習でデータの価値を最大化、次世代ストレージの実力とは?
データ駆動型ビジネスの浸透に伴い、ストレージに求められる要件は、運用の簡素化、俊敏性の向上、データの価値発揮など、いっそう高度化している。その中で注目されるのが、マイクロサービスや機械学習を採用した次世代アプライアンスだ。(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
データへの常時アクセスを安全に、次世代ストレージに見る可用性の実態とは?
データへ常時アクセスできる環境を整えることは、事業の滞りや収益損失を回避するために不可欠になりつつある。そこで注目したいのが、ハードウェア/ソフトウェアの両方で、全コンポーネントにわたる冗長性を備えた次世代ストレージだ。(2021/4/8)

良好な信号モード変換特性を実現:
CAN FD用コモンモードフィルタを量産開始、TDK
TDKは2021年4月6日、次世代の車載LAN規格であるCAN FDに向けたコモンモードフィルター「ACT1210Dシリーズ」として、「ACT1210D-101-2P」を発表した。3.2×2.5×2.5mm(3225サイズ)と小型で、「業界最高レベル」(TDK)のモード変換特性(Ssd21)を実現したとする。【修正あり】(2021/4/7)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
コンテナや機械学習でデータ活用はどう変わる? 次世代型ストレージ基盤の実力
データの複雑性と規模の増大により、ストレージシステムには、信頼性やコスト効率、データ削減など、多様かつ高度な要件が求められるようになった。その中で注目される、コンテナや機械学習を採用した、次世代型のストレージ基盤とは?(2021/4/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
シンプルで使いやすい次世代ストレージ基盤、管理インタフェースのポイントとは
ITインフラは、どれほど高性能でパフォーマンスに優れていても、使いにくければ意味がない。そこで、合理化された運用が特長の「次世代ストレージアプライアンス」が、管理者にとって使いやすい理由に迫る。(2021/4/8)

Win32とUWPの垣根をなくすコンポーネントとツールのセット:
Microsoft、デスクトップアプリ開発を容易にする「Project Reunion 0.5」を公開
Microsoftが「Project Reunion 0.5」を公開した。Windowsアプリケーション開発プラットフォームの次世代の新しい開発者向けコンポーネントとツールのセットだ。Win32とUWPの垣根をなくすものと位置付けた。(2021/4/1)

VR:
VRを活用した“次世代型マンション防災”のプロジェクト始動、大和ライフネクストと理経
大和ライフネクストと理経は、横浜市の監修を受けつつ、マンション住人向けにVRを活用した防災コンテンツを制作することを明らかにした。(2021/4/1)

ソーシャルディスタンス対応も:
PR:オフィス改革の救世主 「置くだけ」で次世代会議室が作れる、Zoom Rooms専用機の威力
勤務場所をフレキシブルに選択できるようになっても、「コミュニケーションハブ」としての機能は必要であり、その役割を担っていくのがオフィスなのは間違いない。そこで本記事では、次世代のオフィスに必要な会議室改革にうってつけのZoom Rooms専用機「DTEN D7」と「Neat」を紹介する。(2021/3/31)

障害予兆検知でIT管理者の工数削減
Windows 10時代の次世代保守サポート、一人情シスの新しい選択肢になるか
Windows 10の移行やテレワークの普及によって、従業員のクライアントPC保守やサポートに関するIT管理者の負荷が高まっている。IT管理の負荷軽減、作業効率化のために何ができるのだろうか。(2021/3/31)

ロボット:
虎ノ門・麻布台プロジェクトで、人と自律型ロボットのコラボ工事が開始
清水建設は、港区の再開発事業において、次世代型生産システム「シミズスマートサイト」を展開する。第一陣として、溶接ロボット「Robo‐Welder」が本格稼働を開始すると発表した。(2021/3/29)

高根英幸 「クルマのミライ」:
SKYACTIV-Xは見切り発車か確信犯か 最新のICTに熟成を委ねたマツダの強かさ
小改良されたSKYACTIV-X。この新世代のガソリンエンジンについては、まだまだ伝え切れていない情報が多い。誤解や曲解、勘違い、無知ゆえの受け売りによる間違った情報も、巷(ちまた)にあふれている。(2021/3/29)

次世代ストレージをチェック:
外付けだけど爆速! 「Xbox Series X|S 用 Seagate ストレージ拡張カード」を使ってみた
次世代ゲーム機として、PlayStation 5と並んで登場した「Xbox Series X/S 」。高速になった内蔵SSDに匹敵する外付けストレージ「Xbox Series X|S 用 Seagate ストレージ拡張カード」を試してみた。(2021/3/26)

ガバナンス強化だけの特権ID管理は時代遅れ
DX時代の新たなニーズを捉えた「次世代型」の特権ID管理製品とは
今や特権ID管理製品はガバナンス強化のためだけのものではない。システムが多様化し、管理の考え方やリスクが変化する時代に突入しているためだ。DXがますます加速する時代を見据え「これから」の特権ID管理を考えた次世代型の製品とは。(2021/3/26)

医療機器ニュース:
次世代の精密診断を支援する診断データプラットフォームをグローバル展開
コニカミノルタの米子会社Konica Minolta Precision Medicineは、Amazon Web Servicesと連携して、精密診断プラットフォーム「LATTICE」をグローバル展開する。(2021/3/24)

仮想都市と人流をAIでシミュレート 5G基地局や自動運転ルートの検討に活用 KDDIらが開発へ
KDDIが、AIを活用し、実在の街を模した仮想都市や人流を作り出す「次世代型都市シミュレーター」を開発すると発表。人が移動する時間や手段を可視化でき、5G基地局の配置場所や自動運転車が走行するルートの検討などに役立つという。(2021/3/19)

ソニーがPS 5向け“次世代VRシステム”向けコントローラーの概要を発表
ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PlayStation 5向けVRシステム用VRコントローラーの概要を発表した。(2021/3/19)

JSOLら、ゼロトラストネットワークの導入支援サービスを開始 コンサルから運用までトータルで支援
JSOLとBBSecは、ゼロトラストセキュリティの構築・運用を支援する「次世代ネットワーク・セキュリティソリューション」の提供を開始。課題の分析から製品選定、ネットワーク設計・構築、運用支援までワンストップで提供する。(2021/3/19)

医療機器ニュース:
ARを用いて安全に手術できる次世代型関節鏡システムを開発
名古屋大学は、ARを用いて、神経の位置情報を確認しながら安全に肘関節鏡手術をできる技術を開発した。ヒト肘関節の実物大モデルとサルの肘関節を用いて実証実験したところ、リアルタイムでモニター上に重畳表示できることを確認した。(2021/3/18)

物理攻撃に強いセキュリティも装備:
消費電力下げて性能は大幅アップ、40nm新世代マイコン
STMicroelectronics(日本法人:STマイクロエレクトロニクス/以下、ST)は2021年3月、Armコアを搭載する32ビット汎用マイコン「STM32ファミリ」の低消費電力シリーズとして、新たに40nmプロセスを採用した「STM32U5シリーズ」を発表した。(2021/3/18)

消費電力が1000分の1以下になるかも:
PR:意外と簡単に使える! 究極のエッジコンピューティングデバイス「機械学習コア内蔵MEMSセンサー」活用法
IoTセンサー端末の消費電力を大幅に低減できる「機械学習コア内蔵MEMSセンサー」をご存じだろうか。文字通り、機械学習を行う回路を組み込んだMEMSセンサーであり、マイコンやプロセッサを介さずに、センサー自ら状態を判断できるデバイスだ。この次世代型センサーとも呼べる機械学習コア内蔵MEMSセンサーの使い方などを詳しく紹介していこう。(2021/3/22)

Computer Weekly日本語版
次世代Wi-Fi Wi-Fi 6/6E/7
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/3/17)

材料技術:
ソフトバンクの次世代電池が、寿命より質量エネルギー密度を優先する理由
ソフトバンクは2021年3月15日、次世代電池の評価や検証を行う施設「次世代電池ラボ」を同年6月に開設すると発表した。環境試験器を手掛けるエスペックのバッテリー安全認証センター内(栃木県宇都宮市)に設ける。(2021/3/16)

宇宙開発:
古河電工が小型衛星向け電気推進機の電源を開発へ、JAXAと共創開始
古河電工とJAXAは、小型衛星向け次世代電気推進機(ホールスラスター)の軽量化、低コスト化に役立つ電源の共同開発を開始すると発表。古河電工は、2025年度の軌道上実証や2026年度以降の事業化を目指す。JAXAは、将来のJAXAミッションを支える次世代ホールスラスターへの適用可能性を探る。(2021/3/16)

Society5.0実現へ加速する5G:
PR:デジタル変革の切り札「ローカル5G」の可能性と課題
Society5.0を支える中核インフラとして期待されている5G ── 通信事業者が提供する商用サービスが大都市を中心に提供され始めているが、この次世代のモバイル通信技術は、企業や自治体が課題解決のために最適化して独自に構築することもできる。いわゆる「ローカル5G」だ。製造業のスマートファクトリー化や流通業のスマートロジスティクス化、建設現場のデジタル化、交通機関での映像監視、遠隔医療など、さまざまな分野で活用が期待されているが、解決すべき課題も残されている。ローカル5Gのワンストップソリューションを提供する日立システムズ、通信デバイスとプラットフォームを展開するエイビット、そしてセキュリティベンダーのUbiq Security Japanに話を聞いた。(2021/3/16)

ソフトバンクが“次世代電池”を開発 配送ドローンやHAPSでの実用化を目指す
ソフトバンクが、次世代電池の研究開発と早期実用化を推進するために次世代電池の評価・検証施設「ソフトバンク次世代電池Lab.(ラボ)」を6月に設立する。次世代電池は世界各国で開発競争が進んでおり、今後の次世代デバイスの登場には不可欠とされている。同社は高密度化を進めることで、次世代デバイスへ適用していくことを目指す。(2021/3/15)

古田雄介のアキバPick UP!:
複数のショップでCPUシェアがIntelに逆転! 「Ryzen 5000シリーズがないから……」
Intelの次世代チップセットを搭載したマザーが次々に売り場を埋める中で、CPUの売れ行きに逆転劇が起きているとの話を複数のショップで聞いた。そして、デスクトップ版の第11世代Core iの登場時期の目処も見えてきた。(2021/3/15)

ソフトバンク、次世代電池の性能検証施設を開設へ 統一環境でのテストで開発支援
ソフトバンクが、メーカー各社が開発した次世代電池の性能を比較する施設「ソフトバンク次世代電池Lab.」を6月に設立する。統一環境でテストを行い、結果をフィードバックすることで電池の開発を推進する。(2021/3/15)

ミライトやMMD、ヌリテレコムらと:
ソシオネクスト、長距離電力線通信で実証実験
ソシオネクストは、ミライトやMMD、ヌリテレコムと協力し、次世代長距離電力線通信に関する実証試験を行い、社会実装に向けて具体的な検討やシステム提案を行う。(2021/3/15)

山岳トンネル工事:
次世代型トンネル構築システム開発に向け、切羽監視支援システム実証実験開始
LeapMindは、清水建設と共同で、トンネル掘削工事現場の切羽近辺での肌落ち災害の防止を目指し、ディープラーニングを活用したクラック検出サポートシステムの構築に向け実証実験を開始した。(2021/3/12)

高品質で低コストの量産技術確立へ:
SiCウエハー製造技術、産学官が連携して共同研究
産業技術総合研究所(産総研)は、次世代パワー半導体用の高品質SiC(炭化ケイ素)ウエハーを低コストで製造するための技術開発に向けて、大型共同研究を始めた。ウエハーメーカーを含む民間企業17社や公的3機関と連携し開発に取り組む。(2021/3/11)

医療機器ニュース:
治療空間自体が一体化した情報統合手術室の販売を開始
日立製作所とOPExPARKは、OPExPARKの次世代情報融合プラットフォーム「OPeLiNK」の販売に合意し、日立は情報統合手術室「METIS」の販売を開始した。生体情報など手術時におけるさまざまな情報を一元管理できる。(2021/3/11)

建設技術研究所、次世代型パーソナルモビリティサービスの実証実験を奈良公園内で実施
建設技術研究所は、次世代型パーソナルモビリティによる移動支援サービスの実証実験を2021年2月24〜28日の期間で行われた。モビリティによる公園利用者の周遊性向上を目指し、奈良県が実施。(2021/3/5)

Microsoft Focus:
日本独特の“ハイブリッドクラウド需要”にどう応える? MSがAzure Stack HCI刷新で見せたクラウド戦略のゆくえ
日本マイクロソフトは2021年2月末、新たな機能を加えた「新世代」Azure Stack HCIソリューションを発表した。その背景には、単なるソリューション刷新ではなく、クラウド化に当たって日本市場独特のニーズに応えようとする新たなクラウド戦略がある。その具体的な中身を取り上げつつ、Azure Stack HCIが可能にするクラウド移行の形を解説する。(2021/3/5)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
SDDCアプローチに最適化、ハイブリッドクラウド移行を容易にする次世代HCIとは
DXの推進によりハイブリッドクラウドへの移行を進める企業が増える一方、運用の不透明さや複雑化が課題となるケースは少なくない。そこで注目されるのが、SDDCアプローチに最適化されたHCIだ。データセンターをモダン化するその実力とは?(2021/3/8)

次世代iPhoneでもAppleがUSB-Cを採用しない理由
「Appleはいい加減、Lightningを止めればいいのに」という意見は多いが、Appleにはそうしない理由があるようだ。(2021/3/3)

15年間の研究を経て量産へ:
世界初! 人工合成タンパク質素材を開発した「Spiber」の今
山形県に拠点を置く、次世代バイオ素材を開発している「Spiber(スパイバー)」をご存じだろうか。同社が開発したブリュード・プロテインは、石油に頼らない循環型の新素材であることから、“素材革命”として世界中から注目を浴びているのだ。同社の取締役兼代表執行役に、今後の展望などを聞いた。(2021/3/3)

エコカー技術:
日産はe-POWERの燃費を25%改善へ、発電用エンジンの熱効率50%で実現
日産自動車は2021年2月26日、シリーズハイブリッドシステム「e-POWER」の次世代版向けに、発電専用エンジンで熱効率50%を実現する技術を開発したと発表した。リーンバーンを実現する新しい燃焼コンセプトの採用や排熱回収、エンジンを完全に定点運転とすることが可能なバッテリー技術を総合的に組み合わせることにより、熱効率50%を達成する。(2021/3/1)

大学/コンソーシアムとともに世界へ羽ばたけ!:
PR:一緒に次世代デバイス実用化の鍵「接合/界面」を制しませんか? フレキシブル3D実装コンソーシアムが本格始動
次世代パワーデバイス、第5/第6世代移動通信(5G/6G)システム、ウェアラブル/ヘルスケア機器、次世代電動飛行体(空飛ぶクルマ)の実現に欠かせない次世代デバイスを実現すべく「フレキシブル3D実装コンソーシアム」が発足、始動した。すでに140社が参画し、次世代デバイス実現に向けた新たな3次元実装技術の開発、実用化を目指した活動を開始している同コンソーシアムについて紹介する。(2021/2/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。