ニュース
» 2017年02月24日 23時14分 UPDATE

すぐに「YouTube」を楽しめる4Kアクオスが登場

[ITmedia]

 シャープは、液晶テレビ“AQUOS”の新製品として、「U45シリーズ」3機種を3月11日に発売する。現行「U40シリーズ」の後継となる4K対応のエントリーモデル。価格はオープンプライスで、店頭では55V型「LC-55U45」が25万円前後、50V型「LC-50U45」は20万円前後、40V型「LC-40U45」は16万円前後(いずれも税別)になる見込み。

「U40シリーズ」設置イメージ

 4K(3840×2160ピクセル)解像度の低反射液晶パネルを採用した4K対応テレビ。映像エンジンは「AQUOS 4K-Master Engine PRO II」で、HDR入力対応はもちろん、LEDバックライトスキャンで動画ボケを軽減する「120スピード」や映画のフィルム映像も毎秒60コマで表示する「フィルム・デジャダー」などを搭載している。

55V型、50V型、40V型をラインアップ

 スピーカーはオンキヨーと共同開発したバスレフ型スピーカーボックスを採用。スピーカーユニット自体もマグネットの磁力を強化し、銅キャップを追加するなどして高音の音圧レベルと低音の質を向上させたという。

 付属のリモコンは、電源ボタンのすぐ隣に「YouTube」ダイレクトボタンを配置。簡単にアクセスして動画や音楽をすぐに楽しめる。このほか、「NETFLIX」や「Hulu」などの動画配信サービスにも対応している。

電源ボタンのすぐ隣に「Youtube」ダイレクトボタン

関連キーワード

AQUOS | シャープ | 4Kテレビ | 動画配信


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう