ニュース
» 2017年04月26日 19時50分 UPDATE

3万円を切った窓ふきロボット「WINDY」、サンコーから

[ITmedia]

 サンコーは、同社ECサイト「サンコーレアモノショップ」で窓ふきロボット「WINDY」を発売した。価格は2万9800円(税込)。

窓ふきロボット「WINDY」

 モーターの力で窓に吸着し、上下左右に移動しながら“ふき掃除”を行うお掃除ロボット。センサーで窓ガラスの広さを認識しながら全体を掃除する全自動モードに加え、リモコン操作で動かしたい方向にコントロールする手動モードを用意している。掃除のスピードは1m2あたり2.4分。終了するとアラームで知らせる。水ぶき用と乾ぶき用のクリーニングパッドが付属しているため、用途によって使い分けが可能だ。

モーターの力で窓との間の空気を吸い出し、吸着する仕組み
乾ぶき用と水ぶき用のファイバークロスパッドが付属する

 本体サイズは240(幅)×240(奥行き)×100(高さ)mm。重量は1.2kg。電源ケーブルを接続して使う仕様となっており、万が一電源ケーブルが抜けたときに備えて非常用のバッテリーを内蔵した。バッテリーが満充電の場合で約20分間の吸着が可能だという。約4.6mの落下防止用ロープも付属する。

 なお使用中は、万が一落下した場合の事故を防ぐため、直下に警告ボードを置き、人が近づかないようにする必要がある。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう