ニュース
» 2017年08月10日 18時50分 UPDATE

オンキヨーとパイオニアのアンプやシアターシステムが続々とDTS Play-Fiをサポート

オンキヨーグループが、OnkyoとPioneer、Integraの各ブランドで販売しているAVアンプやシアターシステムに向け、DTS Play-Fi対応ファームウェアの提供を開始した。

[ITmedia]

 オンキヨーグループは、OnkyoとPioneer、Integraの各ブランドで販売しているAVアンプやシアターシステムに向け、DTS Play-Fi対応ファームウェアの提供を開始した。パイオニアのバースピーカーシステム「FS-EB70」を皮切りに、20製品を9月下旬までに対応させる。

8月上旬にDTS Play-Fi対応ファームウェアの提供を開始したパイオニア「FS-EB70」

 DTS Play-Fiは、サラウンドフォーマットなどの音響技術で知られる米DTSが開発したマルチルーム対応のオーディオストリーミング技術。対応アプリをインストールしたモバイル端末からデバイス内の楽曲をストリーミング再生したり、宅内のメディアサーバやPCからDLNA経由でのストリーミング再生、各種対応サービスからのストリーミング再生といったことを可能にする。

DTS Play-Fiのマルチルーム再生イメージ
対応製品とアップデート時期

 メインのマルチルームオーディオ機能は、複数のDTS Play-Fi対応製品を連携させ、それぞれが置かれた部屋で同じ楽曲を再生するというもの。また対応機器をグループに分け、個別に楽曲を楽しめるなど、柔軟な運用が可能になる。さらにオンキヨーグループでは、対応デバイスと連携するスマートスピーカーの開発も表明している(日本での発売は未定)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう