ニュース
» 2017年08月17日 13時32分 UPDATE

真空管が付属しない300Bシングル真空管アンプキット、イーケイジャパンから

イーケイジャパンは、電子工作キット「エレキット」の新製品として、300Bシングル真空管アンプキット「TU-8600」を9月下旬に数量限定で発売する。手持ちの300Bを有効活用してもらうため、真空管は付属しないキットとした。

[ITmedia]

 イーケイジャパンは、電子工作キット「エレキット」の新製品として、300Bシングル真空管アンプキット「TU-8600」を9月下旬に数量限定で発売する。手持ちの300Bを有効活用してもらうため、真空管は付属しないキットとして提供する。価格は10万8000円(税別)。

300Bシングル真空管アンプキット「TU-8600」

 音楽表現豊かな300Bアンプを目指し、増幅回路はもちろん、電源回路の構成、フィードバックのかけ方などの見直しを徹底的に行ったアンプキット。「スピーカーシステムだけでなく、ヘッドフォンでの使用でも十分に満足してもらえる低ノイズと音質を実現した」(同社)という。

背面

 電源には高効率で低漏れ磁束のRコアトランスを採用するとともに清流用のダイオードに回復時間が短いショットキーバリアダイオードおよびファストリカバリーダイオードを採用。ごくわずかなスパイク状ノイズも最小限に抑えたという。またトランス巻き線はフィラメント・ヒーター用のA電源、 B電源それとバイアス用のC電源それぞれの巻線を独立させ、さらに各電源のクリーン化を徹底。これにより、残留ノイズレベルは従来機にあたる「TU-8300」の10分の1以下を実現している。

 電圧増幅段はオーソドックスな構成。 とくに2段目は「12AU7」(ECC82)パラレルとし、ノンクリップで200Vp-pの能力を持つドライバーを構成している。一方、今回のように直熱管と傍熱管の混在する回路ではウォーミングアップにかかる時間が大きく異なり、先に立ち上がる直熱管(300B)に負担がかかってしまうため、TU-8600では傍熱管が確実にウォーミングアップした後に直熱管(300B)をヒートアップする「300Bにやさしい設計」となっている。

キット内容。真空管は付属しない

 定格出力は1チャンネルあたり9.2W。キットのほかに300Bが2本、12AX7が1本、12AU7が2本必要となる。完成時のサイズは385(幅)×217(高さ)×325(奥行き)mm。重量は約12.6kg。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう