ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「イーケイジャパン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「イーケイジャパン」に関する情報が集まったページです。

税別3800円で買えるミニ6脚ロボ工作キット「フォロ」
イーケイジャパンは、6脚歩行機能を備えたロボットキット「フォロ」を発売する。(2018/3/13)

6足歩行ロボット「フォロ」発売 12種類の動物やメカに変形する「ビルドロイド」も
イーケイジャパンは3月13日、6足歩行ロボット「フォロ」と12種類の動物やメカに変形する「ビルドロイド」を発売すると発表した。(2018/3/13)

真空管が付属しない300Bシングル真空管アンプキット、イーケイジャパンから
イーケイジャパンは、電子工作キット「エレキット」の新製品として、300Bシングル真空管アンプキット「TU-8600」を9月下旬に数量限定で発売する。手持ちの300Bを有効活用してもらうため、真空管は付属しないキットとした。(2017/8/17)

浮いて走る「リニアモーターカー」自作キット、エレキットから
イーケイジャパンは、電子工作キット「エレキット」の新製品として、電気と磁石の力で“浮いて”走る「リニアモーターエクスプレス」を発売する。(2017/2/18)

磁石で浮き上がる玩具「リニアモーターエクスプレス」発売
電気と磁石の力で浮き上がる鉄道玩具「リニアモーターエクスプレス」が発売。(2017/2/17)

価格は6500円:
電気と磁石の力で浮いて走る「リニアモーターエクスプレス」発売
電子工作キットを製造するイーケイジャパンは、電気と磁石の力で浮いて走る「リニアモーターエクスプレス」を発売する。(2017/2/17)

イーケイジャパン、単三形乾電池4本で動くポタアン発売
イーケイジャパンは、単三形乾電池4本で動くポータブルアンプ「TU-HP02」(完成品)を発表した。9月20日頃に出荷する。(2015/9/3)

蒸気機関車の仕組みが分かる――エレキットから「エアエンジンカー」新発売
電子工作キット「エレキット」の新製品は、空気の力だけで走る「エアエンジンカー」。ピストンの前後運動をギアや動輪によって回転運動に変える仕組みは蒸気機関車と同じだ。(2015/4/13)

エリマキトカゲの動きを再現したエレキット「リザードロイド」
電子工作キット「エレキット」にエリマキトカゲが登場。本物のようなアクションをする。(2015/4/13)

新春電子工作!:
“Edison”でロボットアームをグリングリン動かす(後編)
“ロボットを動かす喜び”は、ニッポンモノづくりの原動力。その感動をEdisonとロボットアームで“お手軽”に体験。後編は“本物”ロボットアームを組み立てる。(2015/1/3)

新春電子工作!:
“Edison”でロボットアームをグリングリン動かす(前編)
“ロボットを動かす喜び”は、ニッポンモノづくりの原動力。その感動をEdisonとロボットアームで“お手軽”に体験。前編は“疑似”ロボットアームを組み立てる。(2015/1/2)

管球アンプの“実験機”再び――エレキットから “TU-LAB”「TU-8300R」
イーケイジャパンは2009年に数量限定で販売した “TU-LAB”をブラッシュアップして再販する。真空管や出力トランスを手軽に交換できる管球アンプの実験機だ。(2014/10/8)

はんだ付け不要:
キュートなキューブのハイブリッド真空管アンプキット「CUBIC kit」、イーケイジャパンから
イーケイジャパンは、コンパクトサイズのハイブリッド型真空管アンプキット「CUBIC kit」を9月16日に発売する。6月の第5回「ポタフェス」で参考展示したキューブ型の小型アンプだ。(2014/8/25)

第5回「ポタフェス」開幕、注目の新製品と参考展示を一気にチェック
東京・秋葉原で「第5回ポータブルオーディオフェスティバル2014 in 秋葉原」が開幕し、小雨がパラつく天気の中で熱心なポータブルオーディオファンが朝から詰めかけた。会場の雰囲気と注目の展示品を紹介していこう。(2014/6/28)

イーケイジャパン、「6L6GC」を採用した真空管アンプキット「TU-8200」
イーケイジャパンから、「6L6GC」を採用した真空管アンプキットの新製品「TU-8200」が登場。真空管を差し替えると自動でバイアス調整を行う「アクティブオートバイアス調整機能」を備えている。(2014/1/16)

野村ケンジの「ぶらんにゅ〜AV Review」:
カスタマイズが楽しめる“真空管ポタアン”、イーケイジャパン「TU-HP01」
イーケイジャパンの「TU-HP01」は、オペアンプの交換が可能なハイブリッド型ポータブルヘッドフォンアンプだ。ちょっとしたカスタム気分が味わえる。せっかくなので、手持ちのオペアンプも交えて試してみよう。(2013/6/22)

真空管でポータブルなアンプ「TU-HP01」 金属ボディがお洒落
乾電池で動く真空管ポータブルヘッドフォンアンプ「TU-HP01」が登場する。幅78ミリとコンパクトなボディ。(2013/5/17)

イーケイジャパン、「2A3/300B」の自動判別機能付き真空管アンプキット「TU-8233」を発売
イーケイジャパンから、2A3/300Bを自動判別して最適な設定を行ってくれる真空管アンプキット「TU-8233」が登場。(2012/10/3)

イーケイジャパン、プリント基板を採用した真空管アンプ入門キットを発売
イーケイジャパンは、真空管アンプの入門キット「TU-8100」を発売した。オプションとして、ドレスアップパーツのセット「OP-8100」も用意。(2012/6/5)

シンプルデザインを極めた真空管アンプ「22」
イーケイジャパンは、ミニマムなデザインを追求した真空管アンプを数量限定で発売する。プロダクトデザイナーの二俣公一氏が手掛けた。価格は7万3500円。(2010/12/9)

携帯オーディオの音量不足を解消する昇圧トランス「i-Trans」、イーケイジャパンから
イーケイジャパンは、音楽信号昇圧トランス「i-Trans」(アイ・トランス)を12月15日に発売する。携帯オーディオなどをアンプにつないだときの音量不足を解消。(2009/11/30)

限定500台:
イーケイジャパン、管球を交換できる真空管アンプ「TU-LAB」
イーケイジャパンは、300Bシングルステレオパワーアンプキット“TU-LAB”「TU-8300」を11月20日に発売する。組み立てた後でも改造できる“実験機”のような真空管アンプ。(2009/11/2)

イーケイジャパン、はんだ付け不要の真空管ヘッドフォンアンプを追加生産
イーケイジャパンは、同社が1月に発売した、はんだ付け不要の初心者向け真空管ステレオヘッドフォンアンプキット「TU-882AS」を追加生産する。(2009/3/6)

イーケイジャパン、創業35周年を記念して真空管アンプの限定パックを発売
イーケイ・ジャパンは、同社の創業35周年を記念して真空管オーディオキットにオプションなどをセットにした限定パック2種類を発表した。(2009/2/27)

イーケイジャパン、はんだ付け作業不要の初心者向け真空管ヘッドフォンアンプキット
イーケイジャパンは、ビギナー向けとなる真空管ヘッドフォンアンプキット「TU-882AS」を発表。はんだ付け不要で組み立てられる。(2009/1/20)

イーケイジャパン、真空管採用のヘッドフォンアンプ組み立てキットを限定発売
イーケイジャパンは、真空管ヘッドフォンアンプ組み立てキット「TU-882R」を発表。限定300台の販売だ。(2008/12/17)

限定35台:
創業35周年のイーケイジャパン、真空管オーディオキットの記念モデルを限定販売
イーケイジャパンは、同社の創業35周年を記念して真空管オーディオキット・の限定モデル3機種を発売した。(2008/11/19)

イーケイジャパン、組み立てやすくなった「6BM8」採用の真空管アンプキット「TU-870R」
イーケイジャパンが電子工作キット「エレキット」の新製品として、6BM8真空管を採用した真空管アンプキット「TU-870R」を6月10日より発売する。(2008/5/15)

銘品「2A3」搭載の限定真空管アンプキット、エレキット
イーケイジャパンは、電子工作キット「エレキット」の新製品として、オーディオ用真空管の銘品といわれる「2A3」を採用した真空管アンプキット「TU-872LE II」を3月中旬に発売する。(2008/2/8)

iPodにちょうどいい?:
エレキット、前面端子付きの真空管アンプキット限定モデル
イーケイジャパンは、真空管アンプキットの限定モデル2機種を11月末に発売する。両機種とも前面に外部入力端子を装備。デジタルオーディオプレーヤーなどとの組み合わせに適した仕様になっている。(2007/11/5)

電動パラパラ漫画「はこアニメ」、エレキットから
4コマのイラストを描き、セットするとアニメーションのように動き出す不思議な箱。イーケイジャパンが「はこ工作キット」シリーズの第5弾「はこアニメ」を3月20日に発売する。(2007/2/6)

イーケイジャパンの「ロボットアーム」に制御ボード付きの限定パック
イーケイジャパンは、電子工作キット「ELEKIT」シリーズの新製品として、ロボットアーム「MR-999」に制御用インタフェースボード「IF-100」をセットにしたパック「MR-999LE」を追加する。(2007/2/6)

イーケイジャパン、音質重視パーツの限定真空管アンプキット
イーケイジャパンは、真空管アンプキットの限定モデル「2A3EH GOLD シングルステレオパワーアンプ」「KT88EH シングルステレオパワーアンプ」を発売する。音質重視のパーツをセレクトした500台限定キット。(2006/11/13)

イーケイジャパン、マイク内蔵のFMトランスミッター基板を販売
電子工作キット「エレキット」を製造・販売するイーケイ・ジャパンは、FMトランスミッターユニット(基板完成品)「PU-2106」を12月9日に発売する。価格は3990円。(2005/12/5)

サッカー“人vsロボット”への1歩――ロボカップ、ヒューマノイドも団体戦に
ロボカップ国際委員会は7月に大阪で行われる「ロボカップ 2005 大阪世界大会」についての記者会見を開催した。昨年のヒューマノイド部門で優勝した「VisiON」の新型「VisiON NEXTA」もお目見えし、2対2の団体戦を披露した。(2005/6/27)

CEATEC JAPAN 2004:
タダで工作うれしいな――ボイスレコーダー工作教室に参加してみた
「手づくりLet'snote工房」に参加したり、ファンコンや乾電池、光モノパーツを作ってみたりと、「工作」というならこのワタクシ。今回はCEATEC JAPANのタダで作れるボイスレコーダー工作教室に参加してみた。(2004/10/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。