ニュース
» 2007年12月18日 15時42分 UPDATE

Intel、Silverthorne搭載モバイル機器をCESで初披露

CES 2008では、45nmプロセッサ「Silverthorne」を使った新世代のモバイルコンピュータが展示される。

[Scott Ferguson,eWEEK]
eWEEK

 米Intelは2008 International CESで、新興のモバイル市場を制覇するための取り組みにスポットライトを当てるつもりだ。

 12月14日のメディア向けブリーフィングで、同社はCESで新しいモバイルプラットフォーム「Menlow」を使った初のデバイスを展示し、2008年後半までに市場に投入すると発表した。

 Menlowは45nm(ナノメートル)プロセッサ「Silverthorne」と新しいチップセット「Poulsbo」を含む。9月にサンフランシスコで開催されたIntel Developer Forumで最初に明らかになった。詳細は明らかではないが、Silverthorneは、Intelのマイクロアーキテクチャを使った新世代のMID(モバイルインターネットデバイス)とUMPC(ウルトラモバイルPC)の基盤となる省電力プロセッサとして設計されている。

 2007 IDFで、ポール・オッテリーニCEOは、モバイル分野――ノートPC、MID、UMPC――はIntelの将来のロードマップの重要な部分になり、Menlowは利益が見込めそうな市場に切り込むために設計したプラットフォームの第一弾だと語った。Menlowは、従来よりも優れた性能とバッテリー駆動時間、小さな熱設計枠で動くプロセッサを約束している。

 Intelは、2008年にノートPCの出荷台数がデスクトップPCを追い抜くというIDCの最近のデータを引き合いに出した。Intelによれば、このトレンドは、成熟市場と新興市場、法人市場と消費者市場のいずれをも包含した、もっと大規模なモバイルへのシフトの始まりという。

 同社のモバイルインターネット・UMPCプラットフォーム担当ディレクター、パンカジ・ケディア氏は、2008 CESでは、Lenovo、Asus、Quanta、ClarionなどさまざまなベンダーのMIDとUMPCを10種類以上披露するとしている。

 Menlowを企業向けに提供する具体的な計画はないが、Intelは垂直市場と、不動産業者や営業担当者など外出の多いユーザー向けに製品を開発する計画だとケディア氏は言う。

 「法人市場に関しては、むしろ垂直市場向けの製品ととらえている」と同氏はeWEEKに語った。「オフィスに縛られた労働者向けのものではない。従来の企業向けは、消費者市場よりも少し立ち上げが長くかかるだろう」(同氏)

 Silverthorneについてそれ以上詳しい情報はなかったが、Intelは、同プロセッサは省電力が現行モデルの10分の1で、プラットフォーム全体が74×143ミリの基板に収まるとしている。展示されるMIDとUMPCは、Wi-Fi、WiMAX、3Gワイヤレス技術を組み合わせたものになる。

 またIntelは、全米WiMAXネットワークを構築するためのSprint NextelとClearwireの提携が白紙になったにもかかわらず、WiMAX計画を推進する予定だ。同社は、2008年に1億5000万人がWiMAXネットワークにアクセスし、その数は2010年までに7億5000万人に増えると予測している。

 同社は2008年に、45nmプロセッサと新技術「Eco Peak」を採用したモバイルプラットフォーム「Montevina」を投入する。Eco Peakは、WiMAXとWi-Fi技術を1枚のチップに統合したものになる。

 MIDとUMPCに注目していることに加え、同社は1月にノートPC向けプラットフォームも刷新する。これはコードネームで「Santa Rosa」と呼ばれていたもので、今は、企業向けノートPC用は「Centrino Pro」、コンシューマーモデル用は「Centrino Duo」と呼ばれている。刷新版には、11月に立ち上げられた45nmプロセスプロセッサ「Penryn」が含まれる。

 この新プラットフォームは、バッテリー駆動時間の延長を約束しており、プロセッサのSSE4命令セットは高精細ビデオのレンダリングなどの機能の高速化に貢献するはずだ。

関連キーワード

Intel | UMPC | CES | WiMAX | 45nmプロセス | ノートPC


原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -