ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2008年09月24日 06時58分 UPDATE

サイバー攻撃大国は米国と中国――SecureWorks統計

日本にあるコンピュータから仕掛けられた攻撃件数は、ロシアを上回っている。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のSecureWorksは9月22日、サイバー攻撃がどこの国から仕掛けられているかを調べた2008年の国別ランキングを発表した。

 それによると、最多となったのは米国内にあるコンピュータから仕掛けられた攻撃で、約2060万件に上った。次いで中国からの攻撃が約770万件だった。以下、ブラジル(約16万7000件)、韓国(約12万2000件)、ポーランド(約15万3000件)、日本(約14万2000件)、ロシア(約13万件)、台湾(約12万件)、ドイツ(約11万件)、カナダ(約10万7000件)の順となった。

 SecureWorksは、脆弱なコンピュータが第三者などによって制御され、サイバー攻撃を仕掛けるためのボットとして使われているケースが米国と中国で多いということが、今回の統計で示されたと指摘している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

中国 | サイバー攻撃 | 改ざん | ランキング


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.