ニュース
» 2009年03月03日 17時52分 UPDATE

リテールテック JAPAN 2009:自分と同じ体型のアバターで「仮想試着」を

自分と同じ体型のアバターを使って試着できる「仮想試着サービス」は、試着室が面倒な時や、ネットショップなどで試着ができない時に便利だ。

[宮本真希,ITmedia]

 洋服を買うとき、サイズが合うか確認したいが、試着するのは面倒と感じたことはないだろうか? こんな悩みを解決するシステムを、流通情報システムの展示会「リテールテック JAPAN 2009」(3月3日〜6日、東京ビッグサイト)でNECソフトが参考出展している。アバターを使って試着できる「仮想試着サービス」だ。


画像 タッチパネルで洋服を選ぶ
画像 アバターでコーディネートを楽しむ
画像 アバターを回転させることもできる

 65インチのタッチパネルにアバターを表示。メニューから洋服を選んでアバターに着せると、コーディネートを試せる。アバターを回転させて、後ろ姿をチェックすることも可能だ。あらかじめ客の体のサイズを測り、同じ体型のアバターを作っておけば、選んだ洋服のサイズが合っているかどうかも確認できる。

画像 女性のアバター

 試着が面倒な場合や、試着室が混雑している時、同じデザインの洋服で色や柄違いのタイプも試したい時、ネットショップで試着ができない時などに便利だ。

 韓国の新世界I&Cが開発し、韓国の新世界百貨店で実証実験が行われた。同百貨店のECサイトでは、仮想試着サービスで作成した自分のアバターを利用できるようになっている。サイズが合わなかったり似合わないといった購入時の失敗を防ぎ、店側も返品数を減らせるメリットがあるとしている。日本での導入は未定だ。

関連キーワード

アバター | 韓国 | ECサイト | タッチパネル


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -