ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

「ECサイト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!ネットショッピング→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でネットショッピング関連の質問をチェック
「ECサイト」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

通販サイトの商品画像がおかしい? 金爆・鬼龍院さんの検証ツイートが話題 販売元に問い合わせてみた
音楽バンド・ゴールデンボンバーの鬼龍院翔(@kiryuintw)さんがTwitter上に投稿した、通販サイトの商品画像にまつわる検証結果が話題になっている。仕様にあった寸法に対し、画像に写っている商品はかなり小さく見えるという。(2022/5/14)

PayPay、「Amazon.co.jp」で本格解禁 全ユーザーが利用できるように
QRコード決済サービス「PayPay」が大手ECサイト「Amazon.co.jp」で利用できるようになったと、運営元が発表した。3月末から一部ユーザーを対象に利用を解禁しており、今回で全ユーザーが決済手段として利用できるようになった。(2022/5/10)

最も嬉しかった母の日ギフト 3位「手紙・メッセージカード」、2位「スイーツ」、1位は?
Graciaは、運営するギフトECサイト「TANP」において、「母の日のギフトに関するアンケート調査」を実施した。(2022/4/30)

「クレカ情報を外部に送信するシステム改ざん受けた」 ローカルECサイトで約1000件の情報漏えい
宇都宮ケーブルテレビが運営するECサイト「いいもの、あるよ!」で、975人分のクレジットカード情報が漏えいし、一部が不正利用された可能性がある。調査により、第三者が決済情報を外部に送信するようシステムを改ざんしていたことが分かった。(2022/4/26)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2022年4月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。(2022/4/26)

店舗とECはどうつなぐか? 都心大型旗艦店でアルペンが実践した店舗DX
ローコード開発環境を使ったアジャイルな手法はオンライン/オフラインを融合した店舗DXの仕掛けにどう役立つか。都心部に旗艦店を出店したアルペンのケースからECサイト全盛の今、小売業がリアル店舗を置く意味を考える。(2022/4/25)

“16TB”だけど本当は512GB? 外付けSSDの商品ページが話題に 楽天「規約違反の疑いで一時閉店」【追記あり】
商品画像には「16TB SSD」と記載しているにもかかわらず、実際の容量は512GB──そんな外付けSSDが各インターネット通販サイトで販売されているとTwitter上で話題になっている。ユーザーからは「景品表示法に違反するのではないか」と疑問の声が上がっている。(2022/4/22)

無料でラーメン食べ放題、麺特化のEC事業者が福利厚生で 金額に上限なし
ラーメンに特化したECサイトの運営会社が、社員がラーメンを食べるのに掛けた費用を全額負担する福利厚生制度「おソトメン」を導入する。社員同士の雑談や、自社サービスで扱う商品の理解促進につなげるという。金額に上限は設けない。(2022/4/22)

まるで「サクラクレヨン」なチョコレート登場 本物みたいにサブレに絵を描くことが可能
ケーキ・スイーツ専門通販サイト「Cake.jp」が販売します。(2022/4/20)

ECサイトの領収書を自動で取り込み電帳法対応保管 マネフォ「証憑自動取得機能」
マネーフォワードは4月20日、ECサイトなどで発行される電子領収書や電子請求書などの証憑データを、同社のクラウド会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」に自動で取り込む「証憑自動取得機能」の提供を始めた。(2022/4/20)

動物園がアマゾン活用 「ほしい物」をリストで直訴
動物園が求めるものを動物好きのファンらが寄付する支援策が全国に広がりつつあり、飼育環境の向上に一役買っている。通販サイト「アマゾン」の「ほしい物リスト」を通じて寄付する仕組み。動物園の財政的な支援につながるだけに、専門家は「市民と動物園の絆を強めるきっかけにもなる」としている。(2022/4/19)

オープン市場向け「Galaxy M23 5G」、ヨドバシカメラとビックカメラのECサイトでも販売
サムスン電子は、4月21日に発売するSIMロックフリースマートフォン「Galaxy M23 5G」を、ヨドバシカメラとビックカメラのECサイトでも取り扱う。予約購入した全員へmicroSD(256GB)をプレゼントするキャンペーンも行う。(2022/4/14)

Galaxy純正ワイヤレス充電器3種が発売 車載向けも
サムスン電子ジャパンはGalaxy純正の充電器を国内で発表。純正のワイヤレスチャージャー「Super Fast Wireless Charger」「Super Fast Wireless Charger Duo」を4月21日より、「Wireless Car Charger」「Car Charger Duo」を5月6日より、東京・原宿にある体験施設「Galaxy Harajuku」や全国の家電量販店、主要ECサイトなどにて順次販売する。Amazon.co.jpでは価格が案内されている。(2022/4/7)

Xperia XZ2 Compactが初のランクイン にこスマの3月の中古スマホランキング
中古スマートフォンのECサイト「にこスマ」が、2022年3月の中古スマホ/機種別販売数のランキングを発表。Android端末の在庫拡充を行った結果、Xperia XZ2 Compactが初のランクインを果たした。(2022/4/6)

PCI DSS v4.0、Cookie規制対応、SEO、カードスキミング対策……:
PR:小売り、EC担当者がいま押さえるべき「勝ち抜くサイト運営」の最新常識まとめ
多くの顧客を呼び込み、快適で安心して利用できるECサイトを運営するには、最新のサービス配信基盤やセキュリティを含む技術動向、業界標準やルール改定への理解が必要だ。いまECサイト担当者が知るべきトピックと事例を見ていく。(2022/4/6)

スマホを持ち始めた時期は12歳が最多、中古は3.7% 「にこスマ」の調査より
中古スマートフォンのECサイト「にこスマ」が、小〜中学生の子を持つ親を対象とした調査を実施。子どもにスマホを持たせている家庭は全体の約47%で、中古スマホを与えている親の62%が「次も中古スマホ」と回答している。(2022/3/31)

明日から使えるITトリビア:
Amazonの商品画像に「あ」 原因はMicrosoft IME?
「Amazonさん、プリントスクリーンでやらかす」──そんなツイートが記者のタイムライン上に流れてきた。投稿をみると、ネット通販サイト「Amazon.co.jp」のある商品画像に、「あ」の文字が写りこんでいるという。(2022/3/29)

ZOZOが「堂本剛プロデュース」を始動 オリジナル動画の配信や密着番組を開始
ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOは、Zホールディングスの連結子会社Z Entertainment、LINE、ヤフーと共同で、堂本剛さんのプロデュースによる新プロジェクト「堂本剛プロデュース」を開始した。(2022/3/25)

ECサイトで個人情報を盗み取る「Webスキミング」の手口が確認される 利用者側では対策が困難
現在主流になりつつあるとのこと。(2022/3/27)

森永製菓、EC利用者164万人の情報流出疑い カード情報含まず 不正アクセス被害で
森永製菓は、同社管理のサーバに不正アクセスを受けたことで、ECサイト「森永ダイレクトストア」の利用者の個人情報が流出した可能性があると発表した。対象者は、2018年5月1日〜2022年3月13日の間に同サイトを利用したユーザー164万8922人としている。(2022/3/22)

中古スマホ販売「にこスマ」、iPhoneやXperiaの2000円割引キャンペーン開催
中古スマートフォンのECサイト「にこスマ」が、4月4日まで新生活応援キャンペーンを開催。iPhone 8/XR/SE(第2世代)やXperia XZ Premium/XZ3を2000円割引する。(2022/3/22)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2022年3月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。TecgenceがECプラットフォーム製品カテゴリーのデータ抽出アルゴリズムをアップデートしたため、前月度顧客ドメイン数との比較は表示しておりません。(2022/3/22)

シャープ、スキンケア商品に参入 「マスク生活を応援」 EC限定で
シャープは15日、スキンケア商品「薬用Crystaliq」(クリスタリーク)シリーズをECサイト「COCORO STORE」で販売すると発表した。(2022/3/15)

IPA、専門家による脆弱性診断を無料提供 中小運営のECサイト向け
IPAが、ECサイトを運営する中小企業向けに、専門家による脆弱性診断を無料で提供する。通常は100万円程度の費用が掛かるサービスだが、脆弱性を巡る現状把握に向け、経済産業省の補助を受け無料で実施するという。(2022/3/10)

ワークマンのキャンプ用品、「WEB限定」なのに店舗でも売っている理由
低価格を武器にキャンプ用品に参入したワークマン。発売日には公式ショッピングサイトが一時つながりにくくなる人気ぶりだった。しかし「WEB限定」のはずの商品は店頭にも並んでいた。(2022/3/4)

「にこスマ」2月の中古スマホ販売ランキング 第1世代と第2世代のiPhone SEが4機種登場
中古スマートフォンのECサイト「にこスマ」が、2022年2月の中古iPhone/機種別年間販売数ランキングを発表。トップ10内に第1世代&第2世代のiPhone SEが4機種ランクインしている。(2022/3/4)

ワコムのECサイトがサービス停止、物流パートナーにサイバー攻撃 個人情報の流出はなし
ワコムは、物流業務を担うパートナー企業がサイバー攻撃を受けた影響で、ECサイト「ワコムストア」のサービスを1日現在停止している。復旧の予定は未定で、現在対応を進めている。このトラブルにおいて、個人情報の流出はないという。(2022/3/1)

寝袋1500円から ワークマン、キャンプ用品をWeb限定で22日発売
ワークマンは22日の正午ごろから公式ECサイト限定でテントやシュラフ(寝袋)などキャンプ用品の販売を始める。(2022/2/21)

懐かしのおもしろ雑貨ショップ「王様のアイディア」が15年ぶり復活 通販サイトとしてスタート
2007年の閉店から15年振りに復活。(2022/2/8)

ECとの連携も予定:
アルペン、史上最大の新旗艦店「Alpen TOKYO」のフロア構成を公開 新宿のヤマダ LABI東口館跡地に
アルペンが2022年春、新宿に史上最大の旗艦店「Alpen TOKYO」をオープンする。地下2階〜地上8階まで全10フロアの広い敷地を活かし、エントリー層からエリート層まで幅広く対応。ECサイトとの連動を強化したOMOの拠点としても活用予定。(2022/2/8)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2022年2月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。(2022/2/8)

iPhone 11がランクアップ 「にこスマ」1月の販売ランキング
中古スマートフォンのECサイト「にこスマ」が、2022年1月の中古iPhone/機種別年間販売数ランキングを発表。トップ10にTouch ID(指紋認証)搭載端末が9機種ランクインする中、iPhone 11が前月からランクアップしている。(2022/2/3)

改札で駅員から食材受け取り クックパッドマート、JR東と連携
生鮮食品のECサイト「クックパッドマート」で購入した商品を、仕事帰りなどに駅改札で受け取れるサービスの実験がスタート。(2022/2/2)

「にこスマ」の2021年中古iPhoneランキング Touch ID対応機が上位を独占
中古スマートフォンのECサイト「にこスマ」が、2021年1月〜12月の中古iPhone/機種別年間販売数ランキングを発表。ランキング上位にTouch ID(指紋認証)の端末が並び、コロナ禍の影響が考えられる。(2022/1/20)

処分方法は?:
服や靴の購入先、「ネット・通販サイト」が約6割 オンライン試着サービスなどの普及が要因か
クオーレは、「普段使いの衣類や靴、バッグの購入先と処分方法」について調査を行った。服・靴・バッグは普段どこで購入するか聞いたところ、最も多かったのは「店舗購入」だったが、「ネット・通販サイト」も約6割だった。(2022/1/20)

携帯市場「みんなのスマホ」における中古スマホの単月販売数が過去最高に 2021年12月度 手頃な中古iPhoneの影響か
携帯市場が、Web通販サイト「みんなのすまほ」における中古スマートフォンの販売台数が2021年12月度に過去最高を更新したことを発表した。前年同月比では約1.6倍の販売台数となり、2022年3月までに記録をさらに更新する可能性があるという。(2022/1/18)

中古スマホ販売「にこスマ」、初の常設店をマルイファミリー溝口にオープン
中古スマートフォンのECサイト「にこスマ」が、初の常設店「にこスマSHOP」を神奈川県川崎市のマルイファミリー溝口にオープン。歴代iPhoneの展示も行う。(2022/1/14)

中古スマホ販売「にこスマ」の2021年12月ランキング iPhone SE(第2世代)が2位に
中古スマートフォンのECサイト「にこスマ」が、2021年12月の中古iPhone/機種別販売数ランキングを発表。iPhone 8が9カ月連続で1位となり、iPhone SE(第2世代)がiPhone 7を抜いて2位にランクアップした。(2022/1/13)

医療機器ニュース:
皮膚観察用カメラとスコープが米国で医療機器認可を取得
カシオ計算機の皮膚観察用ダーモカメラ「DZ-D100」と皮膚観察用ダーモスコープ「DZ-S50」が、FDAによる医療機器認可を取得した。米国向けに、カシオアメリカのECサイトで販売を開始する予定だ。(2022/1/13)

コアスタッフ 代表取締役 戸澤正紀氏:
PR:半導体不足の中で存在感示したコアスタッフ、22年は「多様化するニーズに応える」
オンライン通販サイト「CoreStaff ONLINE」を運営する商社であるコアスタッフは2021年、同サイトの新規登録顧客数が2倍になるなど半導体/電子部品需要の急増を背景に、飛躍的に事業規模を拡大させた。顧客層の拡大に伴い、オンライン販売に求められるサポート要求もより高度化するとともに多様化。「2022年は、そうした多様なニーズに幅広く応えていくため、組織力強化、サポート体制の拡充を図っていく」とするコアスタッフ代表取締役戸澤正紀氏に事業戦略を聞いた。(2022/1/13)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2022年1月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。(2022/1/11)

ECサイト上の海賊版レトロゲーム出品、5カ月で378点削除 推定14億円相当? 権利団体が算出
ショッピングサイトやフリマアプリに出品された海賊版レトロゲームについて、コンピュータソフトウェア著作権協会が削除を要請した結果、2021年5月からの5カ月間で、378点の商品が削除された。商品には延べ273万件に及ぶゲームタイトルが内蔵されていた。(2022/1/6)

スマート家電などが最大48%オフ 「+Style 新春福袋セール 2022」開催
BBソフトサービスが提供するECサイト「+Style(プラススタイル)」が、スマート家電やIoT商品41点を最大48%引きで販売する新春セールを実施している。1万〜4万円までの予算から選べる4コースの福袋も用意される。(2022/1/6)

今日のリサーチ:
「ソーシャルコマース定点調査2021」 商品を認知する際の情報源でECサイトがテレビを抑えてトップに
消費者の購買行動におけるSNSやインフルエンサーの影響度合いやその内容を分析しています。(2022/1/5)

ECサイトで発売:
コオロギを使用した新ブランド 食用コオロギ国内生産量1位のグリラス
食用コオロギ関連事業を展開するグリラスは、国産フタホシコオロギを使用した食品原料を、新ブランド「C. TRIA Originals(シートリアオリジナル)」を立ち上げた。自社ECサイト「グリラスオンライン」で12月24日から発売している。(2021/12/29)

dポイント/d払いの加盟店が拡大 日高屋やRight-onで利用可能に
NTTドコモの「dポイント」「d払い」加盟店が拡大。日高屋やRight-on、パナソニック公式ショッピングサイトなどで利用可能となる。(2021/12/27)

スイーツパラダイス、通販サイトでの不正アクセスの可能性報告 SNSでは利用者がクレカ不正利用を報告
12月6日ごろから、複数のスイパラ通販利用者が「クレジットカードを不正利用された」とSNSで報告していました。(2021/12/24)

偽ECサイトで金銭をだまし取る「詐欺サイト」 その実情と見分け方
被害が増える詐欺サイト。ECサイトの制作を手掛けるecbeing(東京都渋谷区)が、詐欺サイトの実情や見分け方を解説した。(2021/12/17)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年12月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。(2021/12/14)

au PAY マーケット、レストランや宿泊などの購入で最大10%還元や割引クーポン提供
総合ショッピングサイト「au PAY マーケット」は、レストラン、美容、宿泊、エンタメ(演劇/舞台)など「コト体験」の利用引換券購入で最大10%のポイント還元や購入時に使える割引クーポンを提供するキャンペーンを開催する。(2021/12/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。