ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

「ECサイト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!ネットショッピング→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でネットショッピング関連の質問をチェック
「ECサイト」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

「PayPayモール」オープン ZOZOなど「厳選600社」が出店、最大16%相当の還元
ヤフーがECサイト「PayPayモール」のWeb版をオープン。同社の基準を満たした約600店舗が順次出店する。近く買収完了予定のZOZOが運営する「ZOZOTOWN」も加わる予定だ。(2019/10/17)

クリエイター向けPCやビジネスPCを強化:
キヤノンMJとMSIが直販ECサイト「MSIストア」を開設、第10世代Coreの専用モデルや5K液晶を展開
キヤノンマーケティングジャパンとエムエスアイコンピュータージャパン(MSI)が、10月17日から直販ECサイト「MSIストア」を開設し、クリエイター向けPCやゲーミングPC、ビジネスPCの拡販を目指す。(2019/10/17)

通販サイトの「自由すぎるキッズモデル」が話題 そこにはうんちの棒を持ってポーズを決める大仏の姿が!
どうしてこうなった。(2019/10/13)

KDDI総研、データポイズニングされても正しく学習できる手法を開発 レコメンドシステムの信頼性向上に
KDDI総合研究所は、外部からの不正操作を排除しながら、ユーザーのECサイト上での行動履歴から嗜好を正しく学習する機械学習の手法を開発したと発表した。(2019/10/8)

d払いに対応 中古携帯通販サイト「携帯市場オンライン」オープン
携帯市場は、10月1日に中古携帯の通販サイト「携帯市場オンライン」をオープンした。中古スマホを常時1000台取りそろえ、3万円以下のミドルレンジが約半分を占める。NTTドコモの「d払い」を導入し、dポイントをためたり使ったりできる。(2019/10/4)

崎陽軒が「他の通販サイトで商品が転売されている」と注意喚起 「お客さまの安全に強い危惧を抱いている」
実店舗や公式の通販サイトを利用するよう呼びかけています。(2019/9/26)

着なくなった服を即座にポイント化、ZOZO「いつでも買い替え割」開始 宅配買取は終了
ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」で、過去に購入して着なくなった商品を即座にポイントに交換できる「いつでも買い替え割」がスタートした。ブランド古着の宅配買取「ZOZOTOWN買取サービス」は今期中に終了し、「買い替え割」に注力する。(2019/9/25)

「Forever21」が日本市場から撤退 10月末でECサイト・実店舗を閉店 ネットで別れを惜しむ声
「Forever21」運営元が、国内の全14店舗を10月31日に閉鎖すると発表した。ECサイトも同日までに閉鎖し、日本市場から完全に撤退する。ネットでは「寂しい」「好きだったのに」といった感想が飛び交い、9月25日午後には「Forever21」「フォーエバー21」がTwitterのトレンドに入った。(2019/9/25)

ZOZO株が年初来高値更新 ヤフー傘下入りを評価
 12日の東京株式市場で、衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZO株価が急騰した。ヤフーが朝方、ゾゾ買収を発表すると、成長を期待した買い注文が殺到。ゾゾは一時、前日終値から18.9%高の2575円と年初来高値をつけた。終値は前日比291円高の2457円。東京証券取引所1部の売買代金トップとなり、市場全体を活気づけた。(2019/9/12)

今日のリサーチ:
ECサイト、「利用したい決済手段に対応していなければ購入しない」人が半数超――SBペイメントサービス調べ
ECサイトの購入率向上には、ユーザーが必要とする決済手段の見極めが重要になりそうです。(2019/9/5)

PR:課題解決+売上アップ! オーレはいかにして「攻めの業務改善」を実現したか
大判印刷のインターネット通販サイト「プリオ」を運営するオーレは、ユニークな組織運営と、ラクスのメール共有・管理ツール「メールディーラー」によって、売上を大幅にアップしたという。同社代表の松岡氏に話を聞いた。(2019/8/26)

海や街を閉じ込めた半透明な本体が美しいUSBメモリー ヴィレッジヴァンガードの通販サイトで発売
ステキな思い出を保存したい。(2019/8/24)

フェルマー、魔法少女まどか☆マギカとコラボした茶軸採用のメカニカルキーボードを予約開始
フェルマーは8月13日、同社運営の通販サイト「ふもっふのおみせ」人気アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」と公式コラボレーションしたメカニカルキーボードの予約販売を開始した。(2019/8/14)

圧倒的な強さを見せつけたのは?:
Amazonは? 楽天は? ヨドバシは? 通販サイトの顧客満足度ランキングが発表
通販サイトの顧客満足度ランキングが発表された。22企業・ブランドが調査対象。ある通販サイトが圧倒的な強さを見せつけた。(2019/7/31)

セキュリティに「必勝法」はない!:
PR:システムを堅牢化するのは何のため? エンジニアがHardeningから持ち帰れる「学び」とは
脆弱(ぜいじゃく)なECサイトを攻撃から守る体験を通して、システムを堅牢(けんろう)化し、“セキュリティをビジネスに活かす”という本質を理解する「Hardening(ハードニング)」が注目を集めている。Hardeningの妙味とは何か、そこからはどのような「学び」「気付き」が得られるのだろうか。(2019/7/31)

iPhone、Apple Watch、AirPodsをまとめて充電できる木製「3 in 1ドック」発売
Glotureは、iPhoneやAirPods、Apple WatchなどApple製品をまとめて充電できるOAKYWOOD社の木製充電ドック「3 in 1ドック」を自社ECサイトで発売。Lightningコネクタを2台分設置し、木材はOAKとWALNUTの2種類から選べる。(2019/7/24)

アスクル、ヤフーに激しく反論 “LOHACO乗っ取り”画策は「明白」 主張は「明らかに虚偽」
ヤフーがECサイト「LOHACO」事業の“乗っ取り説”を否定したことに対し、アスクルが「ヤフーが主体的にLOHACO事業の移管を画策していることは明白」などと反論。(2019/7/22)

ヤフー、アスクル社長会見に反論 “LOHACO乗っ取り説”など否定 「黒字化に向けて協力する」
ヤフーが、アスクルの岩田彰一郎社長が記者会見を開き、共同運営するECサイト「LOHACO」事業を「このままでは乗っ取られてしまう」と発言した件などについて、反論のコメントを発表した。譲渡を打診したのは事実だが、アスクルの主張を受け入れており、「今後は譲渡を申し入れる方針はない」という。退任を求めている岩田社長の後任人事などについても言及した。(2019/7/18)

ヤフー、アスクルとの提携解消を拒否 アスクルは騒動の経緯を暴露 対立鮮明に
ヤフーと子会社アスクルの対立が鮮明になっている。ヤフーがアスクルに対し、共同で運営するECサイト「LOHACO」の事業譲渡の打診や、岩田彰一郎社長への退陣要求などを行ったため。アスクルはヤフーに資本・業務提携の解消に向けた協議を申し入れたが、ヤフーは「協議は不要」として拒否する考えを示している。(2019/7/17)

ヤフー、アスクル岩田社長に退陣要求 「LOHACO」の譲渡巡り関係悪化か
ヤフーが、連結子会社アスクルの岩田彰一郎社長に退陣を求める方針を明らかにした。業績改善などに向け、抜本的な改善が必要と判断したためという。一部報道では、共同で運営するECサイト「LOHACO」事業の譲渡を巡り、関係が悪化したとも報じられている。(2019/7/17)

「ストラングラーパターン」とは?:
2000年から運用してきたECサイト「Oisix」をマイクロサービス化 オイシックスのエンジニアが語る舞台裏
2000年から運用してきたECサイトにマイクロサービスを導入したオイシックス・ラ・大地。モノリシックなECサイトのアーキテクチャをどのようにマイクロサービス化させていったのか、同社のシステム基盤部で基盤刷新セクションの川上徹氏が語った。(2019/7/1)

ヤフー、メルカリ対抗「PayPayフリマ」今秋から提供へ PayPayユーザーに特典付与
ヤフーが、フリマアプリ「PayPayフリマ」と通販サイト「PayPayモール」を今秋から提供する。「PayPay」のユーザー向けに特典やキャンペーンを用意し、競合のメルカリなどと差別化する。(2019/6/28)

機械学習の参考事例:
Deep LearningがECサイトの商品分類でどう活用されたのか
ECサイト運営の業務効率化のために、商品説明を読んで掲載カテゴリーを提案してくれる人工知能を作成した。ディープラーニング実践の参考事例として、筆者の会社がどう取り組んでいったのかを紹介する。(2019/6/17)

アマゾンジャパン、国民生活センターと連携 アマゾンで扱う製品の安全情報伝達で
アマゾンジャパンはこのほど、同社の通販サイトで顧客が購入した商品による事故を未然に防ぐことを目的に、製品安全に関する情報発信について国民生活センターと合意した。(2019/6/10)

Smart Sensing 2019:
マウザー、マクニカと連携し「モノづくり」支援
Mouser Electronics(マウザー エレクトロニクス)は、「Smart Sensing 2019」で、マクニカと共同運営する半導体・電子部品の通販サイト「マクニカ・マウザー」の概要を紹介するとともに、関連するサプライヤーがセンサー製品などを展示した。(2019/6/10)

耳に触れるだけで通話できる指輪型デバイス「ORII」発売 2万3800円
GlotureはECサイトで人差し指を耳元に当てればスマートフォンで通話できる指輪型デバイス「ORII」を発売した。iOSやAndroidと連携でき、音声操作や通知のカスタマイズができる。価格は2万3800円(税別)。(2019/6/4)

絶対に寝坊できないJR職員が使う「強制目覚まし」、JRの通販サイトで販売中 お値段たったの9万9000円
最終兵器出たぁぁぁぁ!(2019/5/24)

専門家が分析:
「ZOZO時給1300円」はライバル社に波及するか
衣料品通販サイト運営のZOZO(ゾゾ)が、アルバイト従業員の時給最大3割アップなど大幅な待遇改善を打ち出したところ、あっという間に募集人員2000人の上限に達した。待遇改善を可能にした背景や、今後のライバルの動向など、「ゾゾ効果」を専門家が分析した。(2019/5/17)

ユニクロ・GUの通販サイトにリスト型攻撃、不正ログイン46万件 氏名や住所、身体のサイズなど流出
ユニクロ・ジーユーの公式オンラインストアがリスト型アカウントハッキング攻撃を受け、約46万件のIDが不正ログインされた。不正ログインを受けたユーザーの氏名や住所、電話番号などの個人情報が第三者に閲覧された可能性があるという。(2019/5/14)

ブランドイメージを統一:
コアスタッフ、通販サイトの名称とロゴを変更
コアスタッフは、同社が運営する半導体や電子部品、モジュール製品の通販サイト「ザイコストア」の「名称」と「ロゴ」を変更した。通販サイトの新名称は「コアスタッフ オンライン」。(2019/5/9)

ECサイトの取り組み、最前線
事例:ECサイトのインフラ刷新、システム運用費を4分の1にした方法とは
レガシーシステムの運用費がかかる、改修するにも古い技術を理解する技術者がいない、などの悩みを抱える企業は多い。移行先にどのようなインフラを選べばよいのか。システムの刷新と運用費の削減を実現したECサイトの事例から学ぶ。(2019/3/29)

DSDV対応のSIMフリースマホ「Mayumi U1」、ビックカメラやヨドバシカメラで取り扱い開始
さくらネットは、4月1日にDSDVに対応したSIMフリースマホ「Mayumi World Smartphone U1」を家電量販店で販売開始した。自社運営のオンラインストアに加え、ビックカメラ、ヨドバシカメラの主要店舗とインターネット公式通販サイトで取り扱う。(2019/4/2)

本物の「エレベーターボタン」を使ったキーホルダー 通販サイトで販売開始
20個限定の「ボタンちゃん」キーホルダーもあります。(2019/3/26)

ピクセラが独自ECサイトを開設 記念キャンペーンで55V型テレビなど特価販売
ピクセラは3月18日、独自のECサイト「stylegraph」(スタイルグラフ)をオープンした。記念キャンペーンとしてAndroid TV搭載の4K衛星放送対応チューナー内蔵テレビなどを最大50%オフ(会員特別価格)で販売している。(2019/3/18)

この価格は魅力:
ピクセラの50型4K液晶が3万円切り、4Kチューナー内蔵TVも最大50%オフ
ピクセラの新ECサイト「stylegraph」の開設記念として、同社製4Kチューナー内蔵TVが最大で50%オフとなるキャンペーンを23日まで開催中だ。同時に、チューナーレスの4K液晶ディスプレイも特価で販売されている。(2019/3/18)

「キョードー東京」チケット販売サイトで他人のパスワードなど誤表示 高負荷対策時にミス【追記あり】
チケット通販サイト「キョードー東京チケットオンライン」にアクセスしたユーザーに、誤って他のユーザーの情報を表示する問題が16日朝に起きていた。高負荷の対策を行った際のミスが原因という。【更新】(2019/3/18)

MacとiPadの無金利残価設定クレジットサービスをビックカメラ.comでも提供開始 MacBook Proが月々3000円から
3月14日、ビックカメラは同社の通販サイト「ビックカメラ.com」において「Macアップグレードプログラム+」と「iPadアップグレードプログラム」の提供を開始した。従来は店頭での受付のみだったサービスだ。(2019/3/14)

6500社以上に導入:
PR:“感情の変化”を捉えるWeb接客 「ecコンシェル」が購入率アップをサポート
ECサイトの購入率や回遊率を向上させるために導入が進む「Web接客」。NTTドコモのサービス「ecコンシェル」は、ECサイトのみならず、6500社以上の幅広い業種で利用されている。なぜ多くの企業で利用されているのか。その最大の理由は「AI」にあった。(2019/3/18)

試着写真のシェアアプリ、ユナイテッドアローズらが開発 画像投稿者にインセンティブを付与
通販サイトを見て気になった服の試着画像をリクエストすると、店舗で試着した人から画像をシェアしてもらえるスマホアプリを、ユナイテッドアローズら3社が立ち上げた新会社・fitomが開発する。(2019/3/1)

通販サイトを狙うアカウント不正侵入攻撃、Akamaiが警鐘
通販サイトで盗んだログイン情報を使って他人のアカウントに侵入し、商品を購入して転売する攻撃が横行している。(2019/2/28)

サイバー攻撃の手口に変化? ランサムウェアや“勝手にマイニング”減少、カード情報の流出増加
シマンテックが18年の脅威動向をまとめたレポートを発表。18年は他者のPCリソースを悪用して勝手に仮想通貨の採掘を行う「クリプトジャッキング」や、ランサムウェアによる被害が減少した。その一方で、ECサイトなどから顧客のカード情報を盗み出す「フォームジャッキング」が増加した。(2019/2/27)

基本的なセキュリティ施策が重要:
「クレジットカード情報の非保持化は、脆弱性があれば意味がない」――徳丸浩氏が指摘
日本PHPユーザ会が開催した「PHP Conference 2018」でEGセキュアソリューションズの徳丸浩氏は、ECサイトのセキュリティ対策として「クレジットカード情報を保存しない(非保持化)」を推奨する動向に対し、「脆弱(ぜいじゃく)性があれば意味がない」と指摘する。(2019/2/13)

加熱式たばこを成長の柱に:
JT、新型「プルーム・テック」販売計画を発表 コンビニで買えるのは何月?
JTが新型「プルーム・テック」の販売計画を発表した。春〜秋にかけて、段階的にコンビニなどに拡大する計画。現在は専門店「Ploom Shop」とECサイト「Ploom オンラインショップ」のみで展開している。(2019/2/7)

Wired, Weird:
海外からの部品調達で経験したトラブルとその対処
前回に引き続き、海外の通販サイトから部品を手に入れた際に経験したいくつかのトラブル事例を紹介しよう。(2019/2/8)

ロゴ入りヘッドレスト採用:
ANA機のファーストクラスシート生地を使った「座椅子」登場 「心地良さを身近に感じて」
ANAのファーストクラスシートと同じ生地を使った座椅子が登場。フレームは家庭用に設計しており、ファーストクラスシートと座り心地とは異なるが、快適性は高いという。税込価格は2万5000円で、通販サイト「ANAショッピング A-style」でのみ展開。(2019/1/22)

Wired, Weird:
海外通販サイトからの部品購入メリットと難しさ
生産中止品など入手困難な部品を安く手に入れるために海外の通販サイトをよく利用している。そこで今回は、筆者が経験した海外からの部品購買で出くわしたトラブル事例と、どう対処したかを紹介しよう。(2019/1/10)

iPhoneカメラケース「Shuttercase」、3000mAhバッテリー内蔵でスタンドにも
Discoverは、デジタル一眼レフカメラのように扱えるiPhoneカメラケース「Shuttercase」を動画ショッピングサイト「DISCOVER」でのクラウドファンディングで販売開始。シャッターボタンや取り外し可能なハンドルを搭載し、バッテリーやスタンド機能なども備えている。(2019/1/8)

「解決したときのストレージの空き容量は1%でした」:
約60TBの商品画像で社内サーバが満杯に ZOZOTOWNが約9日でクラウドに移行できた理由
アマゾンウェブサービスジャパンは2018年10月30日〜11月2日に「AWS Dev Day Tokyo 2018」を開催。ZOZOテクノロジーズの柴田翔氏は、ファッションECサイト「ZOZOTOWN」で使われる数億枚の商品画像をオンプレミスからクラウドに移行した方法について説明した。(2019/1/8)

60TB以上の画像データをいかに管理するか
ZOZOTOWNが「Amazon S3」「AWS Lambda」で数億枚の商品画像を管理 その効果は
通販サイト「ZOZOTOWN」で扱う商品画像は数億枚に上り、増え続ける一方だ。ZOZOはこれらの商品画像の管理システムを、オンプレミスサーバから「Amazon S3」へ移行した。膨大な画像データの移行方法とその効果とは。(2018/12/26)

goo Simseller、「AQUOS sense2 SH-M08」を2万1800円(税別)でセット販売
NTTレゾナントは、12月25日に通販サイト「goo Simseller」で、シャープ製SIMフリースマホ「AQUOS sense2 SH-M08」のセット販売を開始。「OCN モバイル ONE(音声対応SIM)」とのセットを2万1800円(税別)で提供する。(2018/12/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。