ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年03月05日 08時06分 UPDATE

AMDの半導体製造子会社「GLOBALFOUNDRIES」が設立

GLOBALFOUNDRIESはAMDから分社化した半導体ファウンドリ。42億ドルを掛けて新工場を建設する計画だ。

[ITmedia]

 米AMDから分社化した半導体製造企業が3月4日、社名をGLOBALFOUNDRIESとして正式に設立された。

ah_GF_logo.jpg ロゴ

 GLOBALFOUNDRIESはAMDとアブダビ首長国の投資機関Advanced Technology Investment Company(ATIC)が出資する合弁企業となる。CEOにはAMDの製造部門上級副社長だったダグ・グロース氏が就き、AMDの元会長ヘクター・ルイズ氏が会長を務める。本社はシリコンバレーに置き、従業員数は全世界で約3000人。

 同社はAMDのほか、サードパーティーから半導体製造を請け負う。同社は2009年末に独ドレスデンの工場(Fab1)に300ミリウエハー製造設備を導入し、製造ラインを拡大する計画。また年内に、米ニューヨーク州サラトガ郡で最新の32ナノメートル製造プロセスを導入した工場(Fab2)の建設を開始する予定だ。建設費は42億ドルとなる、Fab2は約1400人の新たな雇用を生み、また周辺地域で間接的に5000人を超える雇用を創出するという。

関連キーワード

AMD | スピンオフ | GLOBALFOUNDRIES | 半導体 | 工場


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -