ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「工場」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

萌えるところいろいろありそう 東京名所と川崎の工場夜景を巡るオープントップバスツアーが開催
ダブルで堪能ー。2020年8月1日まで。(2020/7/13)

製造ITニュース:
工場で従業員同士が安全な距離を保って作業できるよう支援するソリューション
シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアは、従業員間の距離を継続的に測定し、その情報をリアルタイムで視覚的に示すソリューションを発表した。従業員同士が必要な距離を保ちつつ、安心して作業できるよう支援する。(2020/7/13)

Siemens Media and Analyst Conference 2020:
COVID-19で進む工場のデジタル変革、シーメンスの「Xcelerator」が加速を後押し
Siemens Digital Industries Softwareは2020年6月16日から17日(現地時間)にかけて、「Media and Analyst Conference 2020」をオンラインで開催した。本稿では同社 社長兼CEOであるトニー・ヘミルガン(Tony Hemmelgarn)氏による基調講演を抜粋してお届けする。COVID-19感染拡大の状況下でもXceleratorが有用であること、また新製品「Teamcenter Share」などをリリースすることを発表した。(2020/7/10)

製造ITニュース:
工場設備のデータ収集から診断、通知まで予知保全に必要な機能をまとめたシステム
東京エレクトロンデバイスは、工場設備の稼働状態を容易に監視できる予知保全プラットフォーム「CX-D」を発売した。設備からのデータ収集やデータの可視化、変化監視、状態診断、通知など工場設備の状態監視に必要な機能を統合している。(2020/7/10)

アイリスオーヤマが宮城県のマスク工場を本格稼働 月産1億5000万枚の体制を構築
アイリスオーヤマは7月9日、宮城県角田工場の一部を改修してマスク生産の本格稼働を始めたと発表した。(2020/7/9)

アイリスオーヤマ、国内マスク工場を本格稼働 月産1億5000万枚へ
アイリスオーヤマは、宮城県にある角田工場の改修を終え、本格的にマスク生産を始めたと発表した。生産設備は順次増強し、8月に月産1億5000万枚を目指す。(2020/7/9)

工場ニュース:
北海道に牛乳工場を新設、老朽化した2工場を集約
明治は2020年7月2日、北海道において牛乳を生産する市乳新工場の建設を決定したと発表した。現在稼働している札幌工場と旭川工場の生産分を新工場に集約する。(2020/7/9)

工場ニュース:
需要が拡大する低燃費タイヤ用シリカの生産拠点を韓国に建設
東ソー・シリカは、低燃費タイヤ用シリカ事業において韓国の南海化学と合弁会社「東ソー南海シリカ株式会社」を設立した。需要の拡大が見込まれる低燃費タイヤ用シリカの生産能力を増強する。(2020/7/9)

工場ニュース:
1日使い捨てコンタクトレンズ製造工場を増床、最大15ラインの増設が可能に
メニコンは、1日使い捨てコンタクトレンズの製造工場である、メニコン各務原工場(岐阜県各務原市)の増床工事が完了したと発表した。今回の増床により、最大15ラインまでの増設に対応する。(2020/7/8)

製造業IoT:
大阪ガスがパナソニックのプライベートLTEを採用、コストはWi-Fiの10分の1
パナソニック システムソリューションズ ジャパン(PSSJ)は、同社の自営等BWAシステム(いわゆるプラベートLTE)事業の展開について説明するとともに、大阪ガス泉北製造所の第一工場(大阪府堺市)と第二工場(大阪府高石市)のスマートファクトリー化事例について紹介した。(2020/7/7)

新工法:
工場操業中でもVOC汚染地下水を浄化、20%コストを抑える鹿島の新工法
鹿島建設は、2重管構造となっている井戸の片方から地下水を吸水し、もう片方から薬剤を吐出して、隣り合う井戸でその逆を行う、VOCの汚染地下水を浄化する処理工法を実用化させた。今後は、全国各地で稼働中の工場敷地や再開発が計画されている工場跡地の浄化工事などに適用していく。(2020/7/7)

ユニットコム、「iiyama PC」「中古PC」の販売体制を強化 長野/島根の新工場を稼働開始
ユニットコムは、「iiyama PC」「中古PC」の新製造工場の稼働開始を発表した。(2020/7/6)

制御システムセキュリティ:
PR:サイバー攻撃で狙われる工場、被害を生まないために必要なポイントは?
工場やプラントがサイバー攻撃で狙われる状況が増えつつある。しかし、ITセキュリティを工場などOTに導入するには、現場の負担は非常に大きく現実的ではない。OTに最適なセキュリティ対策を行うためにはどういうことが必要になるのだろうか。(2020/7/6)

自然エネルギー:
国内初の「太陽光×蓄電池」で自己託送、京セラが工場で再エネを自家消費
京セラが蓄電池と自己託送制度を活用し、再生可能エネルギーで発電した電力を自社工場に供給する実証実験を開始。再生可能エネルギー由来電力の自己託送に、蓄電池を活用する実証実験は国内初の取り組みとなる。(2020/7/3)

国内縫製工場で生産:
カインズがEDWINとコラボした「洗えるマスク」を発売 デザイン性と機能性を両立
ホームセンター大手のカインズがマスクを発売する。ジーンズメーカーのエドウインとコラボした。国内の縫製工場で生産している。(2020/7/2)

製造マネジメントニュース:
三菱自が3拠点で7月も稼働調整、国内生産の前年割れつづく
三菱自動車は2020年6月30日、7月の国内生産拠点の稼働休止予定を発表した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の自動車市場への影響を踏まえて生産を調整する。(2020/7/2)

日立と日本MS、製造・物流向けソリューションで提携 LumadaとAzureで業務効率化を支援
日立製作所と日本マイクロソフトが、製造・物流業界向けのソリューション事業で提携。「Lumada」と「Microsoft Azure」などを組み合わせて提供し、工場の運用最適化、物流の最適化、リモートでの作業支援などを行う。(2020/6/26)

AI開発キット:
PR:産業グレードでファンレスのお手軽AI開発キット、工場などの現場で即運用可能
「AI CORE Xスターターキット」は、購入して電源を入れるだけで即使えるなど、画像を用いたAIをお手軽に試せる開発キットだ。お手軽なだけでなく、AI開発キットとしての機能もかなり高度で、ディープラーニングの学習やプロトタイピングにとどまらず、PoC、そして最終製品に組み込むAIアプリケーションの開発も可能。ハードウェアが産業グレードかつファンレスなので、工場などの現場でそのままAIを試すこともできる。(2020/6/26)

課題は生産コスト:
TSMC、米アリゾナ州での工場建設への意欲を強調
TSMCは現在、米国アリゾナ州への半導体工場の建設に向けて、トランプ政権と交渉を進めている。TSMCのチェアマンを務めるMark Liu氏は、同州に半導体工場を建設する意義について語った。(2020/6/25)

パナソニックが考える「2020以降の街づくり」:
パナソニックLS社の電路事業の中核会社PSGSの生産体制とは?
パナソニック スイッチギアシステムズは、社内で従業員が密集しないように注意を促すとともに、訪問者へ体温計測を行うなどして、感染者の入場を防ぎつつ、住宅分電盤といった製品の製造を継続している。2020年6月17日、愛知県尾張旭市にある同社の瀬戸工場で開催された電路事業説明会では、住宅分電盤などの生産体制を明らかにした。(2020/6/25)

産業用ロボット:
PFNが自律移動型作業ロボットの量産設計を開始、搬送や消毒用途で実証実験も
Preferred Networksは2020年6月22日、開発中の移動型マニピュレーターロボットの量産設計を進め、無人搬送や無人消毒の用途で、工場や実験室、オフィス、病院、福祉施設などでの実証実験を開始すると発表した。(2020/6/24)

製造ITニュース:
LPWAネットワークを用いた工場、ビル向けの振動診断パッケージ製品を提供
マクニカネットワークスは、LPWAネットワークを用いた、工場やビル向けの振動診断パッケージ製品の提供を開始した。LPWAネットワークを利用してデータを収集するため、従来は同様のソリューション導入時に必要だった構内配線が不要になる。(2020/6/24)

Preferred Networks、移動型ロボットアームの量産に向け設計開始 「無人搬送業務や無人消毒業務に」
AI開発を手掛けるPreferred Networksは、自律走行で移動できる量産型ロボットアームの設計を始めたと発表した。工場や実験室、病院などで量産機の実証実験を行いたいとしている。(2020/6/23)

製造業IoT:
100台規模の機械を一括管理できるIoTワイヤレス稼働監視システムを先行販売
ソナスは、既存の設備や機械への取り付けとモニタリングが容易なワイヤレス稼働監視システムの先行販売を開始した。独自開発のIoT無線「UNISONet」を活用し、工場内の稼働監視業務の省力化に貢献する。(2020/6/19)

スマートファクトリー:
住友ベークライトが生産ラインをデジタル化、NECとの共創で生産効率を20%向上
住友ベークライトは、NECとの生産技術のデジタル化に向けた共創を通じて、製造工程にAIやIoTなどの最先端技術を導入することで製造工程の自律制御を実現したと発表した。国内主力4工場の生産ラインで生産効率を20%向上したという。(2020/6/17)

蓄電・発電機器:
燃料電池車「MIRAI」のパーツを活用した水素発電システム、トヨタらが実証運用
「MIRAI(ミライ)」のシステムを活用した燃料電池システムの実証がスタート。化学薬品の製造時に発生する副生水素を活用し、工場の省エネに活用する。(2020/6/16)

色や柄が豊富に:
三陽商会が「オリジナル布製マスク」第2弾を発売 第1弾は1時間で完売
三陽商会が「オリジナル布製マスク」を発売する。国内工場で生産されており、繰り返し洗って使用できる。機能性とデザイン性を追求した。(2020/6/15)

電子ブックレット(BUILT):
パナソニック LS社 ハウジング事業の東南アジア戦略まとめ
パナソニック ライフソリューションズ社が2020年2月6日、タイ・バンコクで開催した東南アジア戦略説明会とタイ工場見学会の模様をレポートする。(2020/6/17)

メカ設計ニュース:
新型コロナが町工場や機械メーカーに与えた影響、変化に対応する兆しも
キャディは、機械メーカーおよび町工場を対象にした、製造業における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響に関するアンケート調査の結果概要を発表した。(2020/6/15)

製造業のサービス化:
PR:「緊急対応」を減らす遠隔監視と予兆保全、強みを生かし3社協業で提供
工場設備や産業機械などのB2B製造業にとって、重要な業務の1つがメンテナンスや故障対応を行うフィールドサービス業務である。機器のIoT化が進む中で、機器からのデータ取得による「遠隔監視」や「予兆保全」により、このフィールドサービスを効率化しようとする動きが加速している。しかし、これらのサービスをB2B製造業単独で開発するのはハードルが高い。そこでこれらの課題を解決すべく取り組みを開始したのが、東京エレクトロンデバイス、SBテクノロジー、コンテックの3社である。3社協業による狙いと効果について聞いた。(2020/6/15)

今日のリサーチ:
町工場の7割弱が売り上げ減、9割は6月以降も回復の見込みなし――キャディ調査
機械メーカーと町工場、計301社に調査。(2020/6/12)

工場ニュース:
車載コンデンサーの需要拡大に向けポリプロピレンフィルムの生産能力を増強
東レは、茨城県土浦市の東レ土浦工場に生産設備を増設し、二軸延伸ポリプロピレンフィルム「トレファン」の生産能力を増強する。電動化車両市場の拡大を背景に、車載コンデンサー用フィルムの需要拡大に対応する。(2020/6/11)

西川貴教の故郷に「HOT LIMIT」衣装の飛び出し坊やあらわる 強風に強そうな仕上がりに本人も「OK!」
滋賀県彦根市の自動車整備工場に設置されています。(2020/6/10)

異なる半導体製品の品質データを統合、不良を早期発見するAI、東芝が開発
東芝は、少量多品種を生産する半導体製造工場で、異なる種類の製品に共通して発生する重大な不良を早期に発見できるAIを開発したと発表した。(2020/6/10)

5G需要増で引き合い多く:
京セミが光半導体の製造能力強化、工場のIoT化も
京都セミコンダクターは2020年6月9日、札幌市で記者説明会を開催し、同社の概要や中期戦略計画などを紹介した。(2020/6/10)

FAニュース:
CFRP複合材料を3Dプリンタで製造する工場を建設へ、アジア圏に予定
シリコンバレーのベンチャー企業であるAREVOは2020年6月9日、連続炭素繊維強化ポリマー(CFRP)複合材料を高速で取り扱う大規模なアディティブマニュファクチャリング(積層造形、AM)施設を建設することを発表した。(2020/6/10)

電池事業の基盤強化が狙い:
東北村田製作所、鹿沼工場を2022年3月に閉鎖
村田製作所の子会社である東北村田製作所は、2022年3月に鹿沼工場を閉鎖する。鹿沼工場が担当していたリチウムイオン二次電池電極の生産などは、東北村田製作所本宮工場が引き継ぐ。(2020/6/9)

工場ニュース:
富士レビオが新型コロナ抗原検査キットの生産能力を半年で倍増、日立と東芝が協力
みらかホールディングス傘下の富士レビオは、新型コロナウイルスの抗原検査キット「エスプラインSARS-CoV-2」の新たな生産拠点として、北海道旭川市に旭川工場(仮称)を新設する。2020年12月までの稼働開始を目指しており、約半年間という短期間での工場立ち上げを日立グループと東芝グループが支援する。(2020/6/8)

スマートファクトリー:
PR:スマート工場に必須のエッジコンピューティング、支えるサーバに必要な5つの要件
製造業のスマート工場化への取り組みが加速しているが、その中で注目度が高まっているのが製造現場で生まれる膨大なデータの近くでデータを処理・分析するエッジコンピューティングである。しかし、エッジコンピューティングを活用するためには何が必要で、どういうことを考えなければならないのだろうか。(2020/7/1)

ロッテでも採用、食品業界の検品自動化:
PR:40年超の工場システムノウハウがAIと現場をつなぐ
品質基準検査の難しさから人手頼りであった食品業界の検品作業。この領域でも、AIによる作業自動化が普及し始めている。だが、本格展開にあたってはAIの頭脳である機械学習モデル開発とは別次元の、現場利用で直面する大きな課題も存在する。AIが判断材料となる映像を入手し、また判断後、不良品を取り除くための仕組みをどう構築するか。これら抜きに、検品の自動化は成立しない。製造現場とAIをつなぐ“現実解”とは?(2020/6/11)

工場ニュース:
分析機器メーカーが手指除菌用アルコールを自社生産、欧米拠点の社内利用向け
分析機器大手のアジレントは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大によって供給が不足している手指除菌用アルコールの生産を行っている。同社の工場やオフィス、物流センターなどでの社内利用分となる。(2020/6/5)

工場ニュース:
需要拡大が見込まれる触媒担体保持、シール材の新たな生産拠点を中国に設立
イビデンは、中国江蘇省に触媒担体保持、シール材の新たな生産拠点「IBIDEN Fine Ceramics (Suzhou)」を設立すると発表した。今後見込まれる需要拡大に対応するため、生産能力増強と顧客サポートを強化する。(2020/6/3)

IoTセキュリティ:
withコロナ時代のリスクに対応、トレンドマイクロが工場や自動車向け商品強化
トレンドマイクロは2020年5月27日、2020年度の事業戦略説明会をオンラインで開催。リモート化に伴うリスクへの対応と、IoT関連事業を積極的に推進する方針を明らかにした。(2020/6/3)

産業用ネットワーク技術解説:
工場内でつながっている機器を一括把握、産業用ネットワークで2社が協業
端子台メーカーであるフエニックス・コンタクトとネットワークベンダーであるアラクサラネットワークスは、工場用ネットワーク分野で協業し、工場内でネットワークに接続された機器を一元的に把握し管理できるソフトウェア製品「AX-Security-Controller(AX-SC)」を共同で展開することを明らかにした。(2020/6/3)

2チームに分けるなどの工夫も:
早期のコロナ対策で工場の稼働落とさず、Micron
Micron Technologyは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止について、同社の工場の取り組みをYouTubeで紹介している。(2020/6/1)

シャープのマスクは「107年の歴史で最大のヒット」 市場価格下落でも人気維持
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、シャープが液晶工場で生産するマスクの販売が人気を博している。現在、マスクは一時に比べて品不足が解消され、市場価格も下落しているが、同社のマスクは社名が入っているプレミア感もあり、依然として注文が絶えない。(2020/5/29)

シャープのマスクは「プレミアム」 市場価格下落でも人気維持
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、シャープが液晶工場で生産するマスクの販売が好調だ。マスクは一時に比べて品不足が解消され、商店街などでは安価で販売され始めている。それらと比べるとシャープのマスクは割高ともいえるが、抽選ではこれまでに778万件超の応募があり、発売当初は電子商取引(EC)サイトにアクセスが集中してIoT(人とモノのインターネット)家電の操作に影響が出る一幕もあった。質の高さに加え、マスク生産にいち早く参入したことや、社名が入る「プレミアム感」も人気の秘訣のようだ。(山本考志)(2020/5/28)

みんな大好き“破壊された工場とビル”のミニチュアがタカラトミーから発売 1/144スケールで「ガンプラにぴったし」の声
使い道多そう。(2020/5/27)

医療機器ニュース:
マツダがオール広島でフェイスシールドを生産、1日最大900個
マツダは2020年5月26日、医療現場など向けにフェイスシールドを供給すると発表した。5月末までに広島県に3000個を寄贈する。県を通じて医療機関に届ける。今後もフェイスシールドの製造を1日900個までのペースで継続し、医療機関向けだけでなく、マツダの国内外の生産拠点や仕入れ先などにおいて使用する分を生産する。販売は予定していない。(2020/5/27)

「手洗いが正しくできているか」判定するAI技術が開発 食品工場や医療現場の衛生管理に有用
厚労省が推奨する正しい手洗いができているかどうか自動で判定。チェックの工数を削減してくれます。(2020/5/26)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。