ニュース
» 2009年03月10日 07時49分 UPDATE

SeagateとAMD、6Gbps SATAのHDDをデモ

SeagateとAMDが、次世代6Gbps Serial ATA(SATA 3.0)技術で提携し、プロトタイプのデモを行った。

[ITmedia]

 米Seagateと米AMDは3月9日、毎秒6Gビットの転送速度を実現する次世代Serial ATA(SATA)技術で協力することを明らかにした。両社は米ルイジアナ州ニューオーリンズで開催の「Everything Channel Xchange Conference」において、新技術のデモンストレーションを行った。

 6Gbps SATAは3Gbps、1.5GbpsのSATAインタフェースとも下位互換性を保っている。

 両社は会場において、6Gbps SATAのHDD「Barracuda」のプロトタイプと、3Gbpsの現行機種「Barracuda 7200.12」を、それぞれAMDの6Gbps SATA対応チップセットのプロトタイプを搭載したPCと接続して実演を行い、性能を比較した。3Gbps SATA対応HDDが毎秒2.5Gビットで動作したのに対し、6Gbps SAT対応HDDは毎秒5.5Gビットで動作したという。

 Seagateの公式ブログによると、6Gbps SATA製品は2009年下期に出荷される見込みという。

関連キーワード

ハードディスク | Seagate | AMD | 転送速度


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -