ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Seagate」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Seagate」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ハイエンドSSDが新時代に! 176層/PCIe 4.0 x4の新製品2モデルを試す
176層の3D TLC NANDフラッシュメモリを搭載した、PCI Express 4.0 x4対応SSDが続々と登場している。Crucialと日本シーゲートの最新モデルをチェックした。(2021/10/15)

ポータブルSSDの道:
手元でPCもスマホのデータもバックアップ! 「Seagate One Touch SSD」を試す
外付けSSDの小型化と大容量化が進んでいる。クラウドとローカルでのデータ保存を含め、何かと便利な日本シーゲートの「One Touch SSD」をチェックした。(2021/10/12)

古田雄介のアキバPick UP!:
やはり拡張性がポイント? PCケースのトレンドを探る
キューブ型に近い形状ながら、E-ATXマザーボードやATX電源、4基の240mmラジエーターまで内蔵できる拡張性に優れたPCケースが登場して話題となっている。その他、Seagateから4TB NVMe SSD、iiyamaからは240Hz動作対応の液晶液晶ディスプレイなどが登場した。(2021/9/14)

福田昭のストレージ通信(203):
HDD大手SeagateとWDの2021会計年度業績、営業利益が拡大
米Seagate Technologyと米Western Digitalの、2021会計年度(2021年6月期)の業績を紹介する。(2021/8/19)

福田昭のストレージ通信(201):
HDD大手Seagateの四半期売上高が6年ぶりに30億米ドルを突破
HDD大手ベンダーである米Seagate Technologyの2021年4月〜6月期の業績を紹介する。2015年1月〜3月期以来の高い収入を記録した。(2021/8/11)

Seagate製次世代SSDを搭載した「G-GEAR Powered by FireCuda Gaming」の新モデルを発売
ヤマダ電機はキはTSUKUMO(ツクモ)ブランドで独自に展開するゲーミングPC「G-GEAR」において、Seagate FireCuda 530 SSDを搭載したゲーミングPC「Powered by FireCuda Gaming」の新モデルを発売した。(2021/8/6)

Seagate、PCIe Gen4対応のゲーミングSSD「FireCuda 530」
日本シーゲイトは、PCIe Gen4接続に対応した高速転送対応のM.2 NVMe SSD「FireCuda 530」シリーズを発表した。(2021/8/4)

組み込み開発ニュース:
次世代HDD記録技術「HAMR」の開発で協業、5GやDXによるデータ増に対応へ
昭和電工は、Seagateとの間で、HDDの次世代記録技術「HAMR」対応HDメディアの共同開発契約を締結した。今後、増大が予想されるデータセンター向けHDDの高容量化に貢献する。(2021/6/17)

FePt新磁性体を共同で評価へ:
昭和電工とSeagate、HAMR対応HDメディアの共同開発契約を締結
昭和電工とSeagateは2021年6月10日、HDDの次世代記録技術である熱アシスト磁気記録(HAMR)に対応した次世代ハードディスクメディア(HDメディア)を共同で開発する契約を締結したと発表した。(2021/6/10)

福田昭のストレージ通信(197):
HDD大手Seagateの四半期売上高、前年比が3四半期ぶりに上昇
HDDの大手ベンダーである米Seagate Technologyが、2021会計年度第3四半期(2021年1月〜3月期)の業績を発表した。今回は、その業績を紹介する。(2021/5/10)

次世代ストレージをチェック:
外付けだけど爆速! 「Xbox Series X|S 用 Seagate ストレージ拡張カード」を使ってみた
次世代ゲーム機として、PlayStation 5と並んで登場した「Xbox Series X/S 」。高速になった内蔵SSDに匹敵する外付けストレージ「Xbox Series X|S 用 Seagate ストレージ拡張カード」を試してみた。(2021/3/26)

NAS用18TBの実力は?:
CMR方式の大容量HDD「Seagate IroWolf Pro 18TB」を試す
日本シーゲートのNAS向けHDD「Seagate IroWolf Pro 18TB」は、巨大な容量とNAS向けHDDとしてさまざまな魅力を備えたモデルだ。その機能と性能をチェックした。(2021/3/24)

TSUKUMO、Seagate製SSD搭載ゲーミングPC「Powered by FireCuda Gaming」をリニューアル
Project Whiteは、G-GEARブランド製ゲーミングPC「Powered by FireCuda Gaming」の新構成モデルを発表した。(2021/3/19)

福田昭のストレージ通信(175):
HDD大手Seagateの四半期売上高は前期比が3四半期ぶりに増加
HDD大手ベンダーの米Seagate Technologyが2021会計年度第2四半期(2020年10月〜12月期)の業績を発表した。今回は、その業績について解説する。(2021/2/2)

福田昭のストレージ通信(170):
HDD大手Seagateの四半期売上高は前年同期比で2桁の減少
今回は、米Seagate Technologyの2021会計年度第1四半期の業績を紹介する。(2020/11/10)

テレワークのお勧めアイテム:
USB 3.2 Gen2x2対応の高級感あふれるポータブルSSD「FireCuda Gaming SSD」を試す
さまざまな外付けドライブを提供している日本シーゲイトだが、今回取り上げるゲーミングSSD「FireCuda Gaming SSD」は、高速な転送速度とデザイン性、質感にもこだわったユニークな製品だ。(2020/9/1)

福田昭のストレージ通信(169):
HDD大手SeagateとWDの2020会計年度業績、売り上げはいずれも約1%増に
今回は、Seagate TechnologyとWestern Digital(WD)の2020会計年度の業績を紹介しよう。(2020/8/26)

TSUKUMO、ゲーミングPC「G-GEAR」にSeagate製NVMe SSD搭載構成モデルを追加
Project Whiteは、同社製ゲーミングPC「G-GEAR」にSeagate製NVMe SSDを標準搭載した「Powered by FireCuda Gaming」モデルを追加した。(2020/8/21)

福田昭のストレージ通信(167):
HDD大手Seagateの四半期業績は前期比で減収減益に
今回は、ハードディスク装置(HDD)の大手ベンダーである米Seagate Technologyが発表した2020会計年度第4四半期(2020年4月〜6月期)の業績を紹介する。(2020/8/20)

Seagate、最大2000MB/sの高速転送を実現したUSB 3.2外付けポータブルSSD
Seagate Technologyは、USB 3.2接続対応のゲーム向け外付けポータブルSSD「FireCuda Gaming SSD」を発表した。(2020/5/18)

テレワークもゲームも存分に楽しめるポータブルSSD「BarraCuda Fast SSD」を試す
SSDの価格下落を受けて、ポータブルSSDの選択肢もかなり増えてきた。日本シーゲイトの外付けSSD「BarraCuda Fast SSD」はどのような位置づけの製品なのか。実際に試してみた。(2020/5/12)

福田昭のストレージ通信(165):
HDD大手Seagateは4四半期連続で前期比の売り上げが増加
今回は、米Seagate Technologyの2020会計年度第3四半期(2020年1〜3月期)の業績を紹介する。(2020/5/8)

福田昭のストレージ通信(164):
HDD大手Seagateは3四半期連続で売り上げが増加
今回はSeagate Technologyの2020会計年度第2四半期(2019年10〜12月期)の業績を紹介する。売り上げの大半を占めるHDDの市況が回復したことで、3四半期連続で売り上げが増加した。(2020/2/19)

福田昭のストレージ通信(163):
HDD大手Western Digitalの売上高、6四半期振りに前年比のマイナスから脱出
Western DigitalとSeagate Technologyについて、2019年10月〜12月期の業績を説明する。(2020/2/14)

ノートPCの強い味方:
Thunderbolt 3で4TB HDDにUSBハブ、M.2 SSDも内蔵可能な「FireCuda Gaming Dock」を試す
日本シーゲートから発売された「FireCuda Gaming Dock」は、単なるストレージ拡張にとどまらないドッキングステーションだ。その機能と性能をチェックした。(2020/2/12)

ポータブルSSDの道:
どこにでも連れ歩きたくなるポータブルSSD「Seagate One Touch SSD」を使って分かったこと
気軽に持ち運べて、高速なアクセススピードを実現するポータブルSSDは1台持っていると何かと便利だ。容量1TBの「Seagate One Touch SSD」を使ってみた。(2019/12/13)

M.2 SSDも内蔵可能:
日本シーゲイトがThunderbolt 3接続の4TB HDD内蔵ドッキングステーションを12月に投入
日本シーゲイトがゲーマー向けのストレージ製品「FireCuda Gaming Dock」を発表、12月に投入する。(2019/11/27)

HDD大容量化を目指すWD、Seagate、東芝【前編】
40TBのHDDも実現 大容量化技術「MAMR」「HAMR」はどこまで製品化した?
長年の歴史を持つHDDが転換期を迎えている。注目すべきは、Western Digital、Seagate Technology、東芝デバイス&ストレージが投入する、新技術を搭載した新製品だ。最新動向を追う。(2019/11/20)

福田昭のストレージ通信(162):
HDD大手Seagateの四半期業績は増収減益に
今回は、米Seagate Technologyの2020年会計年度第1四半期(2019年7〜9月期)の業績を紹介する。同四半期の売上高は25億7800万米ドルで、2四半期連続で増加した。(2019/11/8)

Seagate、小型でスタイリッシュなUSB外付けポータブルSSD
Seagate Technologyは、USB 3.0接続に対応したポケットサイズの外付けポータブルSSD「One Touch SSD」を発表した。(2019/10/9)

福田昭のストレージ通信(160):
HDD大手WDとSeagateの2019会計年度業績はいずれも減収減益に
今回は、Western Digital(WD)とSeagate Technologyの2019年会計年度(2019年6月期)業績を取り上げる。両社ともに減収減益で、特にWDは営業利益が大幅に減少する結果となった。(2019/8/26)

福田昭のストレージ通信(159):
HDD大手Seagateの四半期業績、売上高が3四半期ぶりの増収に
今回はSeagateの四半期決算(2019年会計年度第4四半期)を紹介する。売上高が前の四半期を上回るのは3四半期ぶりで、利益も回復しつつあることが見て取れる。(2019/8/15)

Seagate、2TBモデルまで用意した高速転送対応M.2 NVMe SSD「FireCuda 510 SSD」など5シリーズを投入
Seagate Technologyは、M.2 NVMe SSD「FireCuda 510 SSD」「BarraCuda 510 SSD」などストレージ製品計5シリーズを発表した。(2019/7/22)

CFD販売、Seagate製16TB HDDの取り扱いを開始
CFD販売は、Seagate製のNAS向け16TB HDDの取り扱い開始を発表した。(2019/7/12)

Seagate、エンタープライズ向け16TB HDDの提供を開始
米Seagate Technologyは、同社製エンタープライズ向けHDD「Exos X16」およびNAS向けHDD「IronWolf」に16TBモデルを追加した。(2019/6/10)

福田昭のストレージ通信(145):
HDD大手Seagateの2019年1〜3月業績は2桁減収、利益は半分に
前回から、ハードディスク装置(HDD)の大手ベンダーである米Western Digital(WD)と米Seagate Technologyの四半期業績をご説明している。前回はWDの四半期業績を説明した。今回はSeagateの四半期業績を紹介する。(2019/5/16)

福田昭のストレージ通信(144):
HDD大手Western Digitalの19年1〜3月業績は3期連続の減収減益
ハードディスク装置(HDD)の大手ベンダーである米Western Digital(以下、WD)と米Seagate Technology(以下、Seagate)が、四半期の業績を相次いで公表した。発表日(現地時間)はWDが4月29日、Seagateが4月30日である。そこで今回と次回は、半導体メモリ技術の動向を解説するシリーズ連載を休載し、WDとSeagateの四半期業績をご説明する。(2019/5/9)

福田昭のストレージ通信(137):
HDD大手Seagateの四半期業績は前年比と前期比のいずれも減収減益に
ハードディスク装置(HDD)の大手ベンダーである米Western Digital(以降はWDと表記)と米Seagate Technology(以降はSeagateと表記)が、四半期の業績を相次いで公表した。発表日(現地時間)はWDが2019年1月24日、Seagateが2月4日である。そこで前回と今回は、WDとSeagateの四半期業績をご説明している。前回はWDの四半期業績をご説明した。今回はSeagateの四半期業績をご紹介する。(2019/2/28)

福田昭のストレージ通信(126):
HDD大手Seagateの四半期業績は前年比で増収増益
今回はSeagate Technologyの四半期業績(2019会計年度第1四半期)について解説する。(2018/11/30)

福田昭のストレージ通信(125):
HDD大手Western Digitalの四半期業績は減収減益
2018年10月末から11月初旬にかけて、米Western Digitalと米Seagate Technologyが四半期の業績を発表した。今回は、Western Digitalの業績について説明する。(2018/11/22)

IBMとSeagate、HDDの偽造防止で提携:
1.7兆ドルの偽造品に効果があるか、ブロックチェーン技術
IBMとSeagate Technologyはブロックチェーンとセキュリティ技術を使用して、HDDの偽造防止などに共同で取り組むことを発表した。IBM Blockchain PlatformにSeagateのID情報を登録することで運用する。(2018/11/13)

週末アキバ特価レポート:
6TB HDDが税込み1万1980円も「注目は1万円割れから」
大容量HDDの特価は最近6TBモデルが目立っている。今週も税込み1万2000円切りのSeagate「ST6000DM003」が見つかるが、まだ主流は4TBだという。(2018/10/20)

福田昭のストレージ通信(112):
HDD大手Seagateの通年決算、営業利益が前年比55%増と大幅な伸び
今回は、“唯一のHDD専業ベンダー”と呼べるSeagate Technologyについて、2018会計年度の第4四半期および通年業績を解説する。(2018/8/10)

週末アキバ特価リポート:
4TB HDDが「自店対抗」で税込み9000円切り
Seagateの4TB HDD「BarraCuda ST4000DM004」が通常特価(?)税込み9680円のところを「自店対抗」で同8780円とするなど、シュールにお得な週末だ。(2017/12/9)

製造マネジメントニュース:
東芝メモリの譲渡契約を締結、売却先はアップルやSKハイニックス含む日米韓連合に
経営危機の東芝は、ベインキャピタルを中心とした企業連合で設立した買収目的会社「Pangea」と東芝メモリの譲渡契約を締結した。Pangeaは日米韓の企業連合により構成され、ベインキャピタルの他、HOYA、SKハイニックス、アップル、シーゲイトなどが出資する予定。(2017/9/29)

週末アキバ特価リポート:
3連休のアキバは4TB HDDが税込み1万円切り ショップ間の競争で長期化
今週末もSeagateの4TB HDD「ST4000DM004」の税込み1万円切り特価を目玉に据えるショップが複数ある。近接店舗間の競争原理が長らくのチャンスを支えている。(2017/9/16)

週末アキバ特価リポート:
複数店舗で4TB HDDが税込み9980円に!
Seagateの4TB HDD「ST4000DM004」が複数店舗で1万円切りして、週末特価の目玉となっている。街全体で影響し合っている感があり、ユーザーにはうれしい状況といえる。(2017/9/10)

週末アキバ特価リポート:
4TB HDDが1万円切り 新モデル登場の影響か
Seagateの4TB HDD「BarraCuda ST4000DM000」が週末特価で1万円切りとなっている。そのほか、SuperFlowerの修理戻り電源が激安で店頭に並ぶなど、3連休は見所が多い。(2017/7/15)

ユニスター、4社合同のNAS/HDDイベントを名古屋で開催 7月21日/22日
ユニスターは、ASUSTOR/QNAP/HGST/Seagateの4社合同イベント「NAS・HDD合同イベント」の開催を告知した。(2017/7/14)

週末アキバ特価リポート:
4TBのSSHDが1万1000円切りで買える!
SeagateのSSHD「ST4000DX001」が税込み1万778円の特価に。また、酉年SSDやHaswell世代のCore i7などスポット入荷の特価品も見逃せない!(2017/5/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。