ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年03月19日 07時00分 UPDATE

カシオ、230億円の最終赤字に デジカメ収益性が悪化

カシオも最終赤字に。デジカメの収益性が急速に悪化しているという。

[ITmedia]

 カシオ計算機は3月18日、2009年3月期の連結業績予想を下方修正し、最終損益が230億円の赤字になる見通しだと発表した。前回予想は15億円の黒字だった。

 デジタルカメラの価格下落と市場縮小で収益性が急速に悪化したという。さらにデバイス事業の減損など約100億円、携帯電話事業の事業環境変化に伴うソフトと設備などの臨時償却費など約100億円を特別損失に計上するため、最終赤字に転落する。

 修正後予想は、売上高が5200億円(前回予想比200億円減)、営業利益は40億円(同100億円減)、経常損益は20億円の赤字(前回予想は80億円の黒字)。

関連キーワード

赤字 | カシオ計算機 | 業績予想


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.