ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「カシオ計算機」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

100種類の歌詞フレーズを内蔵:
カシオ、人やロボットの歌声を演奏できる「電子キーボード」を発売
カシオ計算機は、鍵盤で歌声を演奏できる新感覚の電子キーボード「CT-S1000V」および外部スピーカーとの接続も可能な「CT-S500」を3月上旬に発売する。(2022/1/22)

歌うキーボード、カシオが発売 スマホで歌詞入力、演奏で歌に
カシオ計算機は21日、鍵盤で歌声を演奏できる電子キーボード「CT-S1000V」を発表した。実売5万円前後(税別)。(2022/1/21)

製造IT導入事例:
190万通りのカスタマイズを支える統合BOM、カシオがMY G-SHOCKで新導入
エクサは2022年1月12日、カシオ計算機の時計ブランド「G-SHOCK」のカスタマイズサービス「MY G-SHOCK」において、BOM/BOPを生成ルールで管理する統合BOMソリューション「SPBOM」の導入を発表した。My G-SHOCKに用いる部品の構成や組み合せを生成するエンジンとして活用する。(2022/1/17)

医療機器ニュース:
皮膚観察用カメラとスコープが米国で医療機器認可を取得
カシオ計算機の皮膚観察用ダーモカメラ「DZ-D100」と皮膚観察用ダーモスコープ「DZ-S50」が、FDAによる医療機器認可を取得した。米国向けに、カシオアメリカのECサイトで販売を開始する予定だ。(2022/1/13)

「Gz'One TYPE-XX」レビュー 再始動のカシオデザインを堪能できる一台
伝説のタフネスケータイが10年のときを経てよみがえった。auが2021年12月に発売した「G'z One TYPE-XX」をレビューする。(2022/1/11)

4年に及ぶ地道な交渉:
カシオの“G-SHOCK携帯”、9年ぶりの新機種 復活の狙いと舞台裏をKDDIに聞いた
2000年代、アウトドアファンを中心に根強い人気を誇ったカシオのタフネス携帯「G'zOne」シリーズ。カシオの事業撤退もあり、その歴史に終止符を打っていたが、KDDIは12月、9年ぶりに新機種を発売した。復活の狙いと舞台裏を担当者に聞いた。(2021/12/30)

CAE活用事例:
カシオが電子キーボードの鍵盤構造の変更にCAEを活用、その効果と展望
電子楽器開発で40年以上の歴史を誇るカシオ計算機は、グリッサンド奏法の操作性を維持するために採用してきた旧来の鍵盤構造を見直すべくCAEを活用。新たなヒンジ形状を導き出し、作りやすい鍵盤構造を実現することに成功した。その取り組み内容とCAE活用の展望について担当者に話を聞いた。(2021/12/22)

KDDIが「au CASIO ケータイグランプリ」を開催 抽選で特製グッズをプレゼント
「G'zOne TYPE-XX」の発売を記念して、KDDIがカシオ計算機製au携帯電話/スマートフォンの人気投票イベントを開催する。イベントに参加した上でTwitterにシェアをすると、抽選でオリジナルグッズがプレゼントされるキャンペーンも実施する。(2021/12/6)

直営店価格は5万2800円:
auのタフネスケータイ「G'zOne TYPE-XX」は12月10日発売 なぜ9年ぶりに復活? 実機はどんな感じ?
カシオ計算機がau(KDDIと沖縄セルラー電話)向けに供給していたタフネス携帯電話「G'zOne」が約9年ぶりに登場する。KDDIはなぜ、携帯電話事業を終息してしまったカシオ計算機のブランドを“復活”させようと考えたのだろうか。【訂正】(2021/12/6)

サプライチェーン改革:
オリジナルG-SHOCK作成サービスを実現したカシオのサプライチェーンDX
キナクシスは2021年12月1日、サプライチェーンマネジメントのデジタル化をテーマとしたイベント「BIG IDEAS in Supply Chain|JAPAN」をオンラインで開催した。本稿では当日のプログラムから、カシオ計算機が展開する時計ブランド「G-SHOCK」のカスタマイズサービス「MY G-SHOCK」を支えるDXを解説したセミナーを抜粋して紹介する。(2021/12/6)

PR:掛け時計を変えた「2.5D技術」──成熟した商品に新たな可能性を与えたカシオの社内コラボ
カシオ計算機が受注を始めた「2.5D技術を使った壁掛け時計(IQR-2500J)」は、異なる事業部の社内コラボの結果として生まれたという。2.5D技術と壁掛け時計の開発担当者に話を聞いた。(2021/12/1)

月面基地で活躍する測位システム、JAXAとカシオが球場で実験
カシオ計算機は29日、JAXAと共同で月面基地での活用を想定した測位システムの実験を始めると発表した。(2021/11/29)

価格は1万5400円から:
約190万通り! “G-SHOCK”のカスタマイズサービス「MY G-SHOCK」がスタート
カシオ計算機は“G-SHOCK”のスクエアデザイン5600シリーズをベースに、パーツを組み合わせて自分好みの“G-SHOCK”が作れるカスタマイズサービス「MY G-SHOCK」を10月20日から開始する。全部で約190万通りのバリエーションがあるという。(2021/10/15)

「G-SHOCK」初のカスタマイズサービス、20日開始 準備のためにカシオ社内をDX化
カシオ計算機は14日、好きな色のパーツを組み合わせて「G-SHOCK」を作れるカスタマイズサービス「MY G-SHOCK」を発表した。20日の午後2時からカシオのWebサイトで提供する。(2021/10/14)

初代「G-SHOCK」などのレストアサービス、カシオが期間限定で
カシオ計算機は5日、1983年に発売した初代G-SHOCK「DW-5000C」など8機種を対象としたレストアサービスの受け付けを始めた。(2021/10/5)

PR:紺碧の海を宝石に──「オシアナス」が24面のファセットカットを施したサファイアガラスベゼルで目指す新たな表現
カシオが10月に発売する「OCEANUS Manta」の新製品「OCW-S6000」は、24面のファセットカット(ファセット=切子面)を施したサファイアガラスをベゼルに用いた、まるで宝石のような腕時計だ。(2021/9/30)

PR:カシオ計算機に見た、発展し続ける企業の条件 新時代を築く多角的な制度改革とは?
働きやすい環境づくり、そして人材開発は、この先の企業成長において欠かせない最優先タスクである。しかし、緊急事態に急かされたような突貫工事では、社員のエンゲージメントが低下し、結果的に企業競争力低下を招きかねない。では、時代に先駆けて制度改革に取り組み続け、成功への道を切り開いた企業は、どのような施策を打ってきたのか? カシオ計算機に話を聞いた。(2021/9/30)

3分インタビュー:
カシオの“チプカシ”が大集合 「カシコレ」が登場したワケ
カシオ計算機の腕時計といえば「G-SHOCK」を想像する人が多いかもしれないが、低価格帯のモデルをまとめた「CASIO Collection」が登場したことをご存じだろうか。それにしても、なぜCASIO Collectionをつくったのか。生みの親に話を聞いたところ……。(2021/9/26)

「Gショック」スマート化にかけた思い カシオ計算機、2年かけ実現
 開発本部第二開発統括部 伊藤正樹さんに聞く(2021/9/24)

カシオ計算機 2年かけ実現、「G-SHOCK」スマート化にかけた思い
開発期間約2年のスマートウォッチ版「G-SHOCK」。開発の背景や苦労を担当者に聞く。(2021/9/24)

カシオ計算機 2年かけ実現、「Gショック」スマート化にかけた思い
ショックならではの耐衝撃構造や20気圧防水を実現した。ごつごつした見た目など、時計の筐体はGショックそのもの。(2021/9/23)

“紺碧の海”表現した腕時計、カシオが10月発売 初のサファイヤガラスベゼルを採用 
カシオ計算機は15日、“紺碧の海”をイメージして青いサファイアガラスをベゼルに用いた腕時計「OCEANUS Manta(オシアナス マンタ) OCW-S6000」を発表した。価格は25万円(税込)から。(2021/9/15)

組み込み開発ニュース:
スマートホームや工場向けの組み込み専用小型プロジェクションモジュール
カシオ計算機は、スマートホームやビルディング、工場などに適したプロジェクションモジュール「LH-200」を発表した。これにより、小型プロジェクションによる組み込み領域での事業を開始する。(2021/8/27)

F1マシンの素材を使ったカシオ「エディフィス」発売 アルファタウリとのコラボで
カシオ計算機は24日、F1チームのScuderia AlphaTauri(アルファタウリ)とコラボした腕時計「EDIFICE」を発表した。文字板にはF1マシンのウイングなどに使われる6Kカーボンを採用した。(2021/8/24)

紫色のメタル「G-SHOCK」登場 新開発のIP処理で“黄昏時の東京”表現
カシオ計算機は18日、新開発のバープルIP(イオンプレーティング)処理などで「黄昏(たそがれ)時の東京」を表現した“G-SHOCK”「GMW-B5000PB」を発表した。(2021/8/18)

4G LTEケータイ「GRATINA KYF42」も:
auからG'zOne20周年モデル「G'zOne TYPE-XX」が登場 カシオが商品デザインを担当
KDDIは、G'zOneシリーズの20周年記念モデル「G'zOne TYPE-XX」を11月以降、シンプルデザインの4G LTEケータイ「GRATINA KYF42」を8月13日に発売する。(2021/8/2)

レノボがカシオ計算機と協業しクラウド型学習サービス「ClassPad.net for Lenovo」を発表
レノボ・ジャパンは、カシオ計算機と教育機関向けコンテンツの提供で協業を開始すると発表した。(2021/7/29)

1978年発売「F-100」の復刻モデル:
カシオ、「パックマン」とコラボした腕時計を発売 レトロなゲーム画面を再現
カシオ計算機が「パックマン」とコラボしたデジタル腕時計「A100WEPC」を発表した。8月21日に発売し、希望小売価格は1万2100円。(2021/7/24)

「パックマン」デザインの腕時計、カシオが発売 「ともに誕生から40年を超える」
カシオ計算機は20日、「パックマン」の世界観を表現したコラボ腕時計「A100WEPC」を発表した。価格は1万2100円(税込)。(2021/7/21)

PR:「G-SHOCKである」と主張するスマートウォッチ、「GSW-H1000」の真価
カシオ計算機が満を持して「G-SHOCK」ブランドのスマートウォッチ「G-SQUAD PRO GSW-H1000」を発売した。製品に触れてみると、時間をかけて作り込まれた製品だと感じる。(2021/6/21)

カシオ「G-SHOCK」に角型ケースのワークアウト用モデル 「初号機のデザインを継承」
カシオ計算機はランニングなどのワークアウトに適した“G-SHOCK”「GBD-200」を7月16日に発売する。スポーツラインの「G-SQUAD」で初めて角型ケースを採用した。(2021/6/15)

イノベーションのレシピ:
電卓や楽器に並ぶ事業に、カシオのデジカメ技術を受け継ぐAIカメラの実力
カシオ計算機は現在、超高速低消費電力AIカメラモジュールの開発に取り組んでいる。同社は2018年にコンシューマー向けデジタルカメラ市場から撤退したが、デジカメで培った技術は大きな財産として残された。その技術資産で開発したものの1つがAIカメラモジュールだ。担当者にAIカメラの技術詳細と市場戦略について話を聞いた。(2021/4/28)

蒔絵で“水のきらめき”表現した「オシアナス」限定発売 京蒔絵師が1点ずつ制作
カシオ計算機は「OCEANUS Manta」の限定商品として蒔絵(まきえ)を施した「OCW-S5000ME」を販売する。プラチナの粉を用い、水のきらめきを表現した。(2021/4/21)

Google「Wear OS」を搭載した初の「G-SHOCK」、5月発売
カシオ計算機が米Googleのスマートウォッチ向けOS「Wear OS by Google」を採用した初めての「G-SHOCK」(GSW-H1000)を5月に発売。「PRO TREK」に続きスマートウォッチ拡充。(2021/4/1)

PR:理想のランニングフォームを手に入れる近道「ランメトリックス」とは?
カシオ計算機とアシックスが始めた「Runmetrix」(ランメトリックス)は、多くのランナーが抱えるランニングフォームの疑問や悩みを解決するパーソナルコーチングサービス。専任のコーチが練習を見ているかのように、個々のランナーに合わせたアドバイスを行う。(2021/3/15)

スマート工場最前線:
カシオが取り組む“人作業の見える化”、ミズスマシなど準直接作業の効率向上
スマート工場化で障壁となるのが「人手作業のデータ化」である。この人手作業のデータ化に現在取り組んでいるのがカシオ計算機である。カメラやビーコンを使用し工夫しながら人手作業に取り組む同社の取り組みを追う。(2021/3/23)

工場ニュース:
医療機器の海外展開を加速へ、カシオ計算機の国内生産拠点がISO 13485取得
カシオ計算機は2021年3月18日、国内生産拠点である山形カシオが医療機器産業に特化した品質マネジメントシステムに関する国際規格「ISO 13485」を取得したと発表した。今後さらに医療機器の海外展開を加速させていく方針だ。(2021/3/19)

カシオの人事トランスフォーム(後編):
“ガチガチに縛る”時代の終焉 カシオ計算機が「全社員の副業」「シニア世代の兼業」を解禁したワケ
「G-SHOCK」でおなじみのカシオ計算機が、全社員に対する副業と50歳以上の兼業を解禁。その狙いを、カシオ計算機人事部長の吉岡俊幸氏と人事部の桐山英之氏に聞いた。(2021/3/10)

カシオの人事トランスフォーム(前編):
定年後の再雇用にも、成果主義を導入 カシオ計算機は「シニアに報いる」制度をいかに構築したのか
カシオ計算機が、定年後の再雇用における成果主義の制度化。仕組みと狙いを、カシオ計算機人事部長の吉岡俊幸氏と人事部の桐山英之氏に聞いた。(2021/3/9)

虹色に輝くG-SHOCK登場 モチーフは「鳳凰」
カシオ計算機は伝説の鳥「鳳凰」をモチーフにデザインした耐衝撃ウォッチ「MTG-B2000PH」を5月に発売する。「G-SHOCK」としては「月虹」「火山雷」に続く3つめのレインボーIPモデル。(2021/3/1)

2019年にも実施していた:
カシオ、希望退職者の募集結果を発表 45歳以上の一般社員や50歳以上の管理職が対象
カシオ計算機が希望退職者の募集結果を発表した。対象者は同社の営業部門またはスタッフ部門に在籍する勤続10年以上の社員の内、45歳以上の一般社員と50歳以上の管理職社員としていた。(2021/2/20)

カシオ、電子辞書「EX-word」のオンライン版提供へ 生徒1人にPC1台の時代見据え
カシオ計算機が、高校生向けWebアプリ「ClassPad.net」をリニューアルし、電子辞書「EX-word」のオンライン版を搭載して提供すると発表した。(2021/2/18)

製造業がサービス業となる日:
DXでアシックスとカシオ計算機が作るスポーツの「コトづくり」とは
カシオ計算機とアシックスは2021年1月27日、ランナー向けパーソナルコーチングサービス「Runmetrix(ランメトリックス)」の提供開始と併せ、両社でデジタル技術を活用したスポーツテックにおける価値共創事業を本格的に展開することを発表した。(2021/1/28)

“骨盤”でランナーの弱点を見抜くサービス カシオとアシックスが3月に開始 専用「G-SHOCK」も
カシオ計算機とアシックスはランナー向けのコーチングサービス「Runmetrix」を3月に始める。腰に装着したモーションセンサーと専用の「G-SHOCK」でランニング中の姿勢を分析、フォーム改善に役立てる。(2021/1/27)

サブスクで稼ぐ製造業のソフトウェア新時代(8):
カシオの関数電卓はどうやって「モノ」から「コト」に移行したのか
サブスクリプションに代表される、ソフトウェアビジネスによる収益化を製造業で実現するためのノウハウを紹介する本連載。第8回は、世界シェアの過半を占めるカシオ計算機の関数電卓がどうやって「モノ」から「コト」に移行し、ソフトウェアビジネスによる収益化を実現したのかについて紹介する。(2021/1/13)

対前年比120%:
学生需要は急落したのに、なぜカシオの「電子ピアノ」は売れているのか
新型コロナの感染拡大によって、多くの企業が売り上げを落とした。そんな中でも、「あれ? このアイテムが売れているの?」と感じる商品がある。電子ピアノだ。カシオ計算機の電子ピアノは苦戦していたのに、なぜヒットしたのか。その秘密に迫ったところ……。(2020/12/29)

カシオ、早期退職者を募集 人数制限なし
カシオ計算機が早期退職者を募集する。営業またはスタッフ部門に在籍する社員が対象で、募集人数は定めない。(2020/12/23)

国内の時計事業は苦戦:
カシオ計算機が早期希望退職者を募集 45歳以上の社員や50歳以上の管理職が対象
カシオ計算機が早期希望退職者を募集する。同社の営業部門またはスタッフ部門に在籍する勤続10年以上の社員のうち、45歳以上の一般社員と50歳以上の管理職社員が対象。(2020/12/23)

製造業×IoT キーマンインタビュー:
スマート化で“空洞化”を埋める、カシオ計算機が描くモノづくり力の復活
カシオ計算機では、モノづくり全工程の「スマート化構想」により、社内におけるモノづくり力の再強化に取り組む。なぜ「スマート化構想」を推進するのか。どのような取り組みを行っているのか。同プロジェクトを統括するカシオ計算機 執行役員で生産本部長の篠田豊可氏に話を聞いた。(2020/10/28)

スマートファクトリー:
カシオが関数電卓の生産効率化を加速、自動化率80%を実現するラインを新設
カシオ計算機は2020年8月31日、国内の生産拠点である山形カシオで関数電卓「ClassWiz(クラスウィズ)」を自動で組み立てる生産ラインを同年9月上旬から稼働すると発表。電卓本体の組み立て工程の自動化率だけでなく、基板の組み立てや梱包作業などの領域でも自動化を実現した。(2020/9/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。