ニュース
» 2009年03月25日 08時08分 UPDATE

クラウド+専用端末の新世代オンラインゲーム「OnLive」登場

「OnLive」は、カードサイズのコンソールをテレビにつなぐだけで、EAやUbisoftのオンラインゲームが楽しめる。

[ITmedia]

 オンラインゲームメーカーの米OnLiveは3月24日、米サンフランシスコで開催の「2009 Game Developers Conference」で、新しいオンラインゲームサービス「OnLive Game Service」と、専用機「OnLive MicroConsole」を発表した。

 OnLive Game Serviceのゲームは独自のビデオ圧縮技術を使ってクラウドコンピューティングで提供されるので、プレイヤーは高速なブロードバンドも、高価なゲームコンソールも必要ないという。カードサイズの小型ゲーム機MicroConsoleをテレビにつなぎ、ブロードバンド接続でOnLive Game Serviceにアクセスし、ゲームをプレイする仕組み。またOnLive.comのブラウザプラグイン経由で、PCやMacからも同サービスのゲームが楽しめるという。

onlive MicroConsoleと無線コントローラ

 OnLiveは、Electronic Arts、Ubisoft、Take-Two Interactive Software、Warner Bros. Interactive Entertainment、THQ、Epic Games、Eidos、Atari Interactive、Codemastersのゲームソフト大手からのサポートを受けており、年内にサービスを開始する計画。料金体系は月額使用料を徴収する形式で、複数の料金設定になる予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -