ニュース
» 2009年03月25日 11時57分 UPDATE

子どもの携帯のフィルタリング、解除した? 親の2割「よく分からない」

子どもの携帯電話のフィルタリングを解除したかどうか保護者に聞いたところ、約2割は「よく分からない」と回答した。

[ITmedia]

 18歳未満の子どもを持つ保護者に子どもの携帯電話のフィルタリングサービスを解除したかどうか聞いたところ、約2割が「よく分からない」と答えた――MMD研究所がこのほど実施した調査でこんな結果が出た。

 3月6日〜3月9日かけ、11の携帯サイトの協力を得て、フィルタリングの利用実態について調査し、8619人から回答を得た。

 フィルタリング対象となる18歳未満の子どもを持つ保護者に「子供の携帯のフィルタリングを解除したか」聞いたところ、「解除していない」が51.7%を占めた。「解除した」は30.6%、「よく分からない」は17.7%だった。

 18歳未満に、携帯の名義人を聞いたところ、女子では「保護者」が61.5%、「自分」が34.8%、男子では「保護者」が53.6%、「自分」が41.6%。

 フィルタリングについては、自分名義の携帯保有者の63.5%が「解除した」と答えた。親名義の携帯で「解除した」と答えたのは45.7%と、自分名義の携帯保有者より17.8ポイント少なかった。

 18歳未満のフィルタリングサービスの認知度は、女子で82.8%、男子で74.4%と高かった。フィルタリング対象でない人の認知度は、女性で64%、男性で49.4%と18歳未満より下回っていた。

 フィルタリングについて保護者と話したことがあるという18歳未満は、女子で56.5%、男子で50.4%と過半数を占めた。一方、18歳未満の子どもを持つ親にフィルタリングについて子供と話したかどうかを聞くと、「話していない」が59.6%、「話した」が22.2%という結果になった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -