ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

「MMD研究所」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

歩きスマホに関しても調査:
72.1%が「スマホ依存の自覚アリ」 最も依存度の高い層は?
MMD研究所は、スマートフォンを所有する15〜69歳の男女を対象に「2021年スマホ依存と歩きスマホに関する定点調査」を実施した。スマホに依存している自覚はあるか聞いたところ、約7割が依存していると回答した。最も依存度が高かった層は?(2021/10/20)

歩きスマホは93.4%が危機意識あり、73%が規制すべきとの意見 MMDの調査
MMD研究所は、10月19日に「2021年スマホ依存と歩きスマホに関する定点調査」の結果を発表。スマホ依存の自覚は17.6%で、歩きスマホへの危険意識は93.4%となった。(2021/10/19)

スマホユーザーのアクセサリー所有率は約76% 最も多い製品は?
MMD研究所が「スマートフォンアクセサリーに関する調査」の結果を公開した。モバイルバッテリーやイヤフォン、ヘッドフォンなど多岐にわたり、所持率や購入場所/時期、購入する場合にかけられる金額を聞いている。(2021/10/14)

PayPay手数料有料でも37%が「継続利用したい」 MMDが店舗オーナーに調査
MMD研究所は、10月8日に「2021年中小個人店経営者からみるQRコード決済調査」の結果を発表。PayPay加盟店のうち手数料の有料化後も継続利用するのは37.0%で、解約後に導入を検討しているサービストップは「楽天ペイ」となった。(2021/10/8)

iPhoneユーザーの3割がiPhone 13シリーズを購入検討 一番人気は「iPhone 13(128GB)」――MMD研究所調べ
MMD研究所が「iPhone 13シリーズに関する購入意向調査」の結果を公表した。iPhoneユーザーの33.7%、Androidユーザーの10.2%が購入意向を示し、購入検討機種のトップは「iPhone 13(128GB)」となったという。(2021/9/27)

3Gサービス終了を知らないフィーチャーフォン利用者は26.4% MMDのシニア実態調査から
MMD研究所は、9月15日に「シニアの3Gサービス終了に関する実態調査」の結果を発表。終了を知らないと回答したフィーチャーフォン利用者は26.4%で、3Gサービスが終了する時期を約3割が知らないと答えている。(2021/9/15)

実態調査:
最も利用されているのは? 「動画配信サービス」ランキング
MMDLaboが運営するMMD研究所は、「動画視聴に関する利用実態調査」を実施した。利用している動画配信サービスに加入する際に重視した点や、満足度について調査したところ……。(2021/9/5)

コロナ禍での変化トップは「キャッシュレス決済」、利用を始めた理由は?
MMD研究所とビザ・ワールドワイド・ジャパンは、8月31日に共同実施した「コロナ禍での支払いやお金の管理に関する調査」の結果を発表。コロナ禍の変化では「キャッシュレス決済で支払うことが増えた」がトップとなった。(2021/8/31)

4キャリア9ブランドの満足度トップは「Rakuten UN-LIMIT VI」 MMDが調査
MMD研究所は、8月30日に「2021年夏の大手4キャリアの満足度と契約状況調査」の結果を発表。大手4キャリアとキャリアサブブランドの総合満足度やNPS、契約シェアを調査したものとなる。(2021/8/30)

eKYCの利用経験は21.0%、懸念はデータの保管 MMDの調査より
MMD研究所は、8月25日に「オンライン本人確認(eKYC)に関する利用動向調査」の結果を発表。利用経験は21.0%で、未利用者の62.9%はデータの保管や手続きに不安や懸念があることが分かった。(2021/8/25)

新型コロナウイルス拡大でシニアのスマホ乗り換え意向は? MMD研究所が調査
MMD研究所が「2021年シニアのスマートフォン・フィーチャーフォンの利用に関する調査」の第2弾を実施し、結果を発表した。スマホの契約を検討しているシニアの35.2%が、新型コロナウイルス拡大を受けて利用してみたいと思うと回答したという。(2021/8/24)

シニアの半数がスマホへ乗り換え意向あり きっかけ上位は「3G回線の終了」――MMD研究所調べ
MMD研究所が、シニア(60〜79歳)を対象に行った「シニアのスマートフォン・フィーチャーフォンの利用に関する調査」の結果を公表した。調査当時にフィーチャーフォン(ケータイ)を利用していた人のうち、48.2%がスマートフォンへと乗り換える意向があると答えたという。(2021/8/10)

スマホ非接触決済の満足度トップは「モバイルWAON」 MMDの調査より
MMD研究所は、8月3日に「2021年7月スマートフォン決済(非接触)利用動向調査」の結果を発表した。利用頻度と満足度が最も高かったのは「モバイルWAON」で、NPS1位は「QUICPay」となった。(2021/8/3)

コード決済の満足度はPayPay、利用頻度は楽天ペイがトップ MMDの調査より
MMD研究所は、8月2日に「2021年7月スマートフォン決済(QRコード)利用動向調査」の結果を発表した。利用頻度が最も高いのは「楽天ペイ」で、6サービスの総合満足度1位は「PayPay」となった。(2021/8/2)

スマートフォン非接触決済 最も利用しているサービスは?
MMD研究所は7月30日、「スマートフォン決済(非接触)利用動向調査」の結果を発表した。利用しているサービスで最も多かったのは……。(2021/7/30)

スマホのタッチ決済の利用率ランキング 「モバイルSuica」は2位 1位は? MMD調査
最も利用しているスマートフォンの非接触決済サービスは?──MMD研究所は、このようなランキングを発表した。1位は「iD」(24.4%)、2位は「モバイルSuica」(23.1%)、3位は「楽天Edy」(22.4%)だった。(2021/7/30)

非接触決済サービス利用上位は「iD」「モバイルSuica」、検討トップは「楽天Edy」 MMDが調査
MMD研究所は、7月30日に「2021年7月スマートフォン決済(非接触)利用動向調査」の結果を発表。利用サービス上位は「iD」「モバイルSuica」「楽天Edy」で、利用検討は「楽天Edy」「モバイルSuica」「Visaのタッチ決済」となった。(2021/7/30)

検討中のサービスは:
最も利用するスマホ決済 3位「楽天ペイ」、2位「d払い」を抑えた圧倒的1位は?
MMD研究所は、18〜69歳の男女を対象に「2021年7月スマートフォン決済(QRコード)利用動向調査」を実施。現在最も利用しているスマホ決済サービスは……。(2021/7/29)

QRコード決済の認知は94.2%、利用率トップの「PayPay」が4割超え MMDが調査
MMD研究所は、7月28日に「2021年7月スマートフォン決済(QRコード)利用動向調査」の結果を発表。QRコード決済の認知は94.2%で、利用しているサービス上位は「PayPay」「d払い」「楽天ペイ」となった。(2021/7/28)

家計簿アプリ利用は41.5%、利用アプリ上位は「マネーフォワード ME」「Zaim」 MMDが調査
MMD研究所は、7月21日に「家計簿アプリに関する調査」の結果を発表した。お金を管理しているユーザーの41.5%が家計簿アプリで管理を行い、利用している家計簿アプリ上位は「マネーフォワード ME」「Zaim」「LINE家計簿」となった。(2021/7/21)

通信会社を選ぶ要因に「ポイントサービス」:
通信4キャリア契約者に人気の高いポイントサービス、2位はTポイント、1位は?
MMD研究所は「2021年 通信会社と利用ポイントに関する調査」を実施した。その結果から人気の高いポイントサービスや、満足度の高いポイントサービスが見えてきた。(2021/7/22)

スマホユーザーが最も利用するポイントサービスは「楽天ポイント」 ドコモのみ「dポイント」が優勢
MMD研究所が7月20日、スマホユーザー合計4000人を対象に「楽天ポイント」や「dポイント」といったポイントサービスの利用状況の調査結果を発表した。auには「Pontaポイント」、ソフトバンクには「Tポイント」がひも付いているが、それを大きく超えて楽天ポイントが利用されている。(2021/7/20)

格安スマホのiPhoneユーザー、端末保証や保険の加入者は23.8% 満足度は5割強に
MMD研究所は、5月21日に「格安スマホのiPhoneユーザーにおける端末保証と保険に関する調査」の調査結果を発表。端末保証や保険に加入している人は23.8%で、格安スマホ事業者が提供する端末保証への満足度は56.4%となった。(2021/5/21)

乗り換えを検討するサービスは?:
スマホ春の新規・乗り換え契約 3位「povo」、2位「Rakuten UN-LIMIT VI」、1位は?
MMD研究所が18〜69歳の男女を対象に「2021年春商戦の通信サービス契約者実態調査」を実施した。(2021/5/21)

4キャリアの新プラン、契約トップは「ahamo」の22.9% MMD調査より
MMD研究所は、5月18日に「2021年春商戦の通信サービス契約者実態調査」の調査結果を発表。4キャリアの新プラン「ahamo」「povo」「LINEMO」「Rakuten UN-LIMIT VI」の加入実態を調査したものとなる。(2021/5/18)

「AirTag」に興味のあるiPhoneユーザーは47.7%、うち予約済みは9.1%――MMD研究所が調査
MMD研究所が「AirTagと忘れ物に関する調査」の結果を発表した。iPhoneユーザーのAirTagに対する関心度は47.7%で、そのうち予約済みは9.1%、購入意向は62.4%に。「忘れ物をして困るもの」の最多は「スマートフォン」となった。(2021/4/30)

「eKYC」の認知は28.6%、手続き中断経験は41.6% MMDの調査より
MMD研究所は、4月13日に「本人確認(eKYC)に関する調査」の結果を発表。認知は28.6%、利用経験者は12.0%で、手続き中に面倒になり中断したことがある人は41.6%となった。(2021/4/13)

モバイル決済で店舗改革:
中小店舗が抱えるキャッシュレス決済の課題 “手数料問題”は解決できるか?
SquareとMMD研究所が共同でキャッシュレス決済の消費者調査を2回に渡って実施。その結果からは、中小や個人店舗が抱えるキャッシュレス化の課題が浮き彫りになっている。Squareでは、「手数料問題」がキャッシュレス決済の障壁になっており、「日本の手数料は欧米やオーストラリアと比べて高い」と指摘する。(2021/3/23)

通信キャリアのプラン変更/乗り換え検討先、上位は「ドコモ」と「楽天モバイル」 MMD研究所調べ
MMD研究所が「通信サービスのプラン変更・乗換え意識」の結果を発表した。通信キャリアのプラン変更/乗り換え検討先の上位は「NTTドコモ(ahamo以外のプラン)」「ahamo」「Rakuten UN-LIMIT」となった。(2021/3/11)

4キャリアは89.6%、MVNOは10.4%のシェア MMDの通信サービス利用動向調査
MMD研究所は、3月9日に「2021年3月 通信サービスの利用動向調査」の結果を発表。メイン利用のシェアは通信4キャリアとサブブランドを合わせると89.6%で、MVNOは10.4%となった。(2021/3/9)

スマートウォッチの所有率は38.0%、購入理由上位は「健康管理」 MMDが調査
MMD研究所は、2月9日に「2021年スマートウォッチに関する利用実態調査」の結果を発表した。スマートウォッチの所有率は38.0%で、購入した理由で最も多かったのは「健康管理をしたいから」となった。(2021/2/9)

実店舗オーナーのキャッシュレス導入意向はどれだけ伸びた? MMD研究所とSquareが調査
MMD研究所は、2月8日に「【第2弾】実店舗オーナーによる運営店舗のキャッシュレス決済利用動向調査」の結果を発表した。実店舗運営側のキャッシュレス決済意識や導入状況などの実態を調査したものとなる。(2021/2/8)

約8割がスマホの画面ロック、最も安心できるのは「指紋認証」 MMDが調査
MMD研究所は、1月28日に「スマートフォンの認証システムとパスワードに関する調査」の結果を発表。スマートフォンの画面にロックをかけているのは82.0%で、最も安心できる画面ロックは「指紋認証」となった。(2021/1/28)

スマホ非接触決済サービス、満足度1位は「楽天Edy」 MMDの調査より
MMD研究所は、1月27日に「2021年1月 スマートフォン決済(非接触)の満足度調査」の結果を発表。総合満足度1位は「楽天Edy」で、利用頻度が最も高いのは「モバイルWAON」となった。(2021/1/27)

利用サービス上位は「楽天Edy」「iD」「モバイルSuica」――MMD研究所のスマホ決済(非接触)調査
MMD研究所が「2021年1月スマートフォン決済(非接触)利用動向調査」の結果を発表した。利用サービスの上位は「楽天Edy」「iD」「モバイルSuica」となり、利用検討サービスの上位は「楽天Edy」「モバイルSuica」「Visaのタッチ決済」となった。(2021/1/22)

QRコード決済、「利用している」は約3割 現金派に及ばず MMD調査
MMD研究所が、QRコード決済の認知度や利用状況について調査。その結果、「現在利用している」と答えた層は33.3%だった。よく使う支払い方法は「現金」(90.8%)や「クレジットカード」(73.3%)が「スマホ決済」(41.2%)を上回った。(2021/1/20)

スマホ決済の認知率は90%超え、利用トップはPayPay MMDの調査より
MMD研究所は、1月20日に「2021年1月スマートフォン決済(QRコード)利用動向調査」の結果を発表。QRコード決済サービスの上位は「PayPay」「d払い」「楽天ペイ」で、利用開始時期は「2020年1月〜6月」からが最多となった。(2021/1/20)

「キャッシュレス未対応で来店をやめた」人は3割 キャッシュレス普及を体感する人は61.3%――SquareとMMD研究所が共同調査
SquareとMMD研究所が、共同で行った「実店舗における消費者のキャッシュレス決済利用動向調査」の結果を発表した。キャッシュレス決済の普及を体感するとの回答は61.3%で、キャッシュレス決済利用者の3割以上が未対応を理由に来店をやめたと答えた。(2020/12/21)

コロナ禍のスマホ乗り換え先、1番人気は楽天モバイル MMD調査
MMD研究所が、2020年3〜10月に携帯電話サービスを新規、乗り換えで契約した人が選んだブランドは、楽天モバイルが最多だったとする調査結果を発表した。(2020/12/3)

「MNP」での乗り換えが47.4%、契約先トップは楽天モバイル――MMD研究所がコロナ禍の携帯電話の「乗り換え」実態を調査
MMD研究所が、コロナ禍における通信サービスの流動性の調査を目的とした「2020年通信乗り換えに関する実態調査」の結果を発表した。新規契約または乗り換えをしたユーザーは10.5%で、契約先のトップは「楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)」となった。(2020/12/3)

毎月の携帯電話料金、大手3社ユーザーは平均8312円 通信容量は7GB以下が過半数
MMD研究所が、スマホユーザーが支払っている月額料金の平均額は、大手3社の利用者が8312円、格安SIMの利用者が4424円だったとする調査結果を発表した。(2020/12/1)

オンライン診療、「受けたことある」のは約6% MMD調査
MMD研究所は11月30日、Web会議ツールや電話などを使って行う「オンライン診療」の受診経験者が約6%にとどまるとする調査結果を発表した。(2020/11/30)

携帯支払いの月額平均は大手3キャリアは「8312円」、格安SIMは「4424円」――MMD研究所調べ
MMD研究所が「2020年11月通信サービスの料金と容量に関する実態調査」の結果を発表した。月々の携帯料金の支払いや端末の割賦料金、契約しているデータ通信容量などについて調査している。(2020/11/27)

MVNOの満足度調査 総合は「イオンモバイル」、NPSは「mineo」がトップ
MMD研究所は、11月13日に「2020年11月MVNOの満足度調査」の結果を発表した。7ブランドのうち総合満足度1位は「イオンモバイル」、NPS1位は「mineo」となった。(2020/11/13)

MMDの「サブブランド」満足度調査、全部門でUQ mobileがY!mobileを上回る
MMD研究所は、11月11日に「2020年11月キャリアサブブランドの満足度調査」の結果を発表した。利用する際の最重視点は「月額料金の安さ」「料金プランの分かりやすさ」など。総合満足度は1000点満点で「UQ mobile」が714点、「Y!mobile」が684点となった。(2020/11/11)

4キャリアの満足度調査、楽天モバイルが総合トップ MMD調べ
MMD研究所は、11月9日に「2020年11月大手4キャリアの満足度調査」の結果を発表した。総合満足度1位は「楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)」で、利用する際の最重視点は「月額料金の安さ」「データ通信のつながりやすさ」「データ通信速度」となった。(2020/11/9)

iPhone 12シリーズ、どのモデルを購入したい? 5Gプランは契約する? MMDが調査
MMD研究所は、10月22日に「iPhone 12シリーズに関する購入意向調査」の結果を発表した。iPhoneユーザーの45.6%、Androidユーザーの16.0%が購入意向を示し、iPhoneユーザーは「iPhone 12(128GB)」、Androidユーザーは「iPhone 12(64GB)」が人気。(2020/10/22)

「フェイクニュース見破る自信ない」7割近く 男性は見抜く自信アリ? MMD調査
「7割近くの人が、フェイクニュースを見破る自信がない」という調査結果をMMD研究所が発表した。男性より女性の方がフェイクニュースを見抜く自信がないようだ。(2020/10/14)

中学校でのオンライン授業の実態は? TesTeeとMMDLaboが全国調査を実施
TesTeeとMMDLaboは、「オンライン授業に関する中学生とその親の実態調査」についての結果を発表した。(2020/8/28)

新型コロナの影響でシニアのスマホ利用は増えた? MMDの調査
MMD研究所は、8月21日に「第2弾 2020年シニアのスマートフォン・フィーチャーフォンの利用に関する調査」の結果を発表した。フィーチャーフォンからスマホへの乗り換え時に期待するサポートは「簡単な使い方の冊子」「スタッフによる最低限の設定」など。(2020/8/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。