ニュース
» 2009年04月08日 08時48分 UPDATE

陰でバックドア仕込む:熊本を表示するトロイの木馬が出現

悪質なExcelファイルを使ったターゲット型攻撃に、日本の地図が使われていた。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のF-Secureは、悪質なExcelファイルを使ったターゲット型攻撃の一例として、日本の地図を表示するトロイの木馬の画像を紹介した。

 問題のExcel(.xls)ファイルは特定の人物を標的にして電子メールで送信されたものだといい、ファイルを開くと熊本市の地図画像が表示される。しかし、その陰ではシステムフォルダに攻撃コードが仕込まれて実行されており、バックドアを開いて攻撃者と通信を確立しようとする。

tjkumamoto.jpg 問題のExcel画像(F-Secureより)

 この攻撃に使われているドメインは2006年に登録され、以前も別のターゲット型攻撃に使われていた。この時の攻撃はExcelではなくWord(.doc)ファイルが利用されていたという。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -