ニュース
» 2009年04月13日 16時40分 UPDATE

Google「5つの重点分野」 辻野社長が語る

Googleは今後、AdWords、ディスプレイ広告、YouTube広告など5分野に注力する。日本法人の辻野社長が語った。

[岡田有花,ITmedia]
画像

 米Google日本法人の辻野晃一郎社長が4月13日会見し、Googleのグローバル戦略について語った。(1)AdWords、(2)ディスプレイ広告、(3)YouTube広告、(4)モバイル広告、(5)地域情報をベースにした広告――に今後、特に力を入れていくという。

 AdWordsは、2002年に始めた検索・コンテンツ連動型テキスト広告で「Googleの屋台骨を支えてきた」(辻野社長)。このほど、広告主が利用するツールのユーザーインタフェース(UI)を6年ぶりに大幅リニューアルし、出稿キーワードの一覧表示や広告効果の分析などが簡単にできるようになった。


画像 AdWordsは広告主用管理画面のUIを大幅にリニューアル
画像
画像

 バナーなどのディスプレイ広告メニューも充実させていく。テンプレートから選ぶだけで広告主がクリエイティブを制作できるツール「ディスプレイ広告ビルダー」の提供もスタートした。

 YouTubeの広告も「魅力的にする」計画だ。YouTube日本版にはこのほど、楽曲プロモーションビデオに、iTunesなど楽曲販売サイトへのリンクを設置できる「click-to-buy」機能が付いた。

 「携帯電話は、世界でPCの4倍・40億台普及している」とし、モバイル広告にも注力するほか、「Google Maps」と連動した地域情報や関連広告も充実させる。

 「経済情勢は依然として厳しく、広告マーケットは不透明な状況だが、日本のネット広告のリーダーの一角として進化を進めたい」と辻野社長は意気込みを語った。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -