ニュース
» 2009年04月17日 12時35分 UPDATE

YouTubeにテレビ番組セクション 「Google TV Ads Online」も導入

アニメやドラマを集めた「Shows」セクションを設け、オンラインで配信する番組に広告を挿入できる「Google TV Ads Online」も開始した。

[ITmedia]

 YouTubeは4月16日、テレビ番組を視聴したいユーザーのために新たなセクションを設け、映画用のページを改良したと発表した。

 これらのセクションではCrackle、CBS、MGM、Lionsgateなどのパートナーのコンテンツを提供する。「Shows」ではドラマやアニメなどのテレビ番組を、「Movies」では映画を視聴できる。YouTubeがSony Picturesなどの映画会社と提携したと報じられているが、現時点ではまだMoviesにはSony Picturesの作品はない。

ah_shows.jpg 「Shows」セクション。英語字幕付きの「ガンダム00」も配信

 これらコンテンツは現時点では米国ユーザーのみ視聴できるが、ほかの地域への拡大も目指しているという。

 またYouTubeはこの日、オンラインで配信する番組に広告を挿入できる「Google TV Ads Online」も導入した。これはテレビCM仲介サービス「Google TV Ads」の新機能で、広告主は番組とCPM(インプレッション単価)を指定して広告を出稿できる。YouTube以外のサイトのビデオにも広告を表示することが可能。Google TV Ads Onlineはβ版で、招待を受けた広告主のみ利用できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -