ニュース
» 2009年04月21日 11時54分 UPDATE

Apple、「Macくんとパソコンくん」の新CMを公開

Microsoftが価格を前面に出したCMを展開する一方で、Appleの新CMはセキュリティや安定性、使いやすさに焦点を当てている。

[ITmedia]

 米Appleが「Get a Mac」キャンペーンの最新CMを公開した。おなじみの「Macくんとパソコンくん」シリーズの新作CMを4本、同社サイトとテレビで流している。

 「Biohazard Suit」はセキュリティをテーマにしたCM。パソコンくんが「ウイルスがはやっているから」と防護服を着込み、Macくんに「ずっとそれ着てるの?」と言われる。

ah_macad1.jpg Biohazard Suit

 「Legal Copy」はWindowsの長いEULA(エンドユーザー使用許諾書)をネタにしたもの。

ah_macad2.jpg

 「Stacks」では、大量の写真の中から友人の写真を探すパソコンくんに、MacくんがiPhotoの顔認識技術の便利さを説明する。

ah_macad3.jpg

 「Time Traveler」では、PCの不安定さを強調している。パソコンくんが2150年にタイムスリップし、未来のパソコンくんに「クラッシュやフリーズの問題は治った?」と尋ねるが、未来のパソコン君はフリーズしてしまって答えられない、というものだ。

ah_macad4.jpg

 Microsoftは、3月に価格に焦点を当てたCMキャンペーン「Laptop Hunters」を開始し、MacよりもWindowsマシンの方が安いと強調している。一方、今回のAppleの最新CMでは価格以外の点を中心としている。

関連キーワード

CM | Mac | Apple | Microsoft


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -