ニュース
» 2009年05月19日 13時22分 UPDATE

「iPhoneは尻上がりに伸びている」 孫社長、新機種のうわさにはコメントせず

ドコモが初のAndroid端末を発売するが、孫社長は「iPhoneはいまだに一番売れている端末」と自信。iPhone新機種のうわさについてはコメントしなかった。

[ITmedia]
photo 新商品を発表する孫社長

 ソフトバンクモバイルの孫正義社長は、5月19日に開いた新商品発表会で、NTTドコモが国内初投入するAndroid端末について「スマートフォン市場を拡大するもの」と歓迎しつつ、「米国ではAndroid端末が発売されたが、iPhoneがナンバーワンをキープしている状態。日本でも全キャリアの全機種中でiPhoneがいまだに一番売れている」と話し、Android端末との競争に自信を見せた。

 発売から1年近くたつiPhoneの販売が「尻上がりに伸びている」のは、「今までの日本の携帯でなかった現象。新しい時代を作り出す息の長い商品では」と今後の拡販に期待した。6月に米Appleが新機種を発表するとの観測が広まっているが、孫社長は「うわさにはコメントしない」と話した。ただ、「ソフトバンクとしてはiPhoneは大変好調であり、積極的に継続していきたい」と今後の販売継続に意欲を見せた。

 今回発表した新動画サービスなどはiPhoneで利用できないが、「ソフトバンクの営業政策によるものではない。Appleの制限で対応できないが、時間の問題だと思っている」と話し、iPhone向けサービスの拡充を図っていく姿勢を示した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -