ニュース
» 2009年05月19日 16時18分 UPDATE

iPhoneっぽい? 国内初Android携帯を写真でチェック

NTTドコモが5月19日に発表した国内初のAndroid端末は、「HTC Magic」を国内向けにカスタマイズしたものだ。大きなタッチパネルと、バックにアイコンが並ぶメニューはiPhoneっぽい。

[岡田有花,ITmedia]
画像 ホワイトとブラックの2色展開

 NTTドコモが5月19日に発表した国内初のAndroid端末「HT-03A」は、台湾HTC製「HTC Magic」を国内向けにカスタマイズしたものだ。ネットワーク関連のハードウェアを日本の仕様に合わせたほか、メニューの日本語化や日本語入力対応などソフトウェアもローカライズ。独自アプリも搭載している。発売は6〜7月。


画像 待ち受け画面はWindowsっぽいブルー
画像 メニュー画面はiPhoneっぽい
画像 厚さは14ミリ

画像 ソフトウェアキーボード(QWERTY配列)
画像 キーボードの入力画面
画像 テンキー配列も

 約3.2インチ・320×480ピクセルのタッチパネルの下部に、トラックボールや発話・終話ボタンなどを装備した端末。ホワイトとブラックの2色展開で、薄型ボディや黒バックのメニュー画面はiPhoneに似ている。

 メニューには、GmailやYouTube、Google Talk、Androidマーケットなど、Googleのサービスアイコンを配置した。

 日本語変換システムはiWnnを採用。ソフトウェアキーボードで入力できる。キーボードは、QWERTY配列と携帯電話のテンキー配列を切り替えられる。

 地磁気センサーを搭載し、自分の向いている方角に合わせて「ストリートビュー」を表示する機能や、方角に合わせて星座を表示する独自アプリも搭載した。

 サイズは約113(高さ)×56(幅)×14(厚さ)ミリ、重さは約123グラム。


画像 向いている方向に合わせてストリートビューを表示
画像 向いている方角の星座を表示

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -