ニュース
» 2009年06月01日 15時32分 UPDATE

ねとらぼ:「やってよかった(涙)」 モーニング・ツー、Web無料公開で売り上げアップ

漫画誌「モーニング・ツー」を発売日に丸ごとWebで無料公開したところ、雑誌の売り上げがアップしたという。編集部への励ましの言葉も、たくさん届いたそうだ。

[ITmedia]
photo 無料公開の告知ページ

 「やってよかった……(涙)!!!」――月刊漫画雑誌「モーニング・ツー」編集部がWebサイトに掲載した報告によると、モーニング・ツー5月号を発売日に丸ごとWebで無料公開した結果、雑誌の売り上げが上がったという。

 モーニング・ツー5月号は、「社内外の関係各所と数え切れないほどの折衝、交渉、議論、激論を交わし、すったもんだ、すべった転んだの大騒ぎの末」(編集部)、5月22日に無料公開。Webブラウザに組み込んだコミックビューアで丸ごと閲覧できる仕組みだ。公開から5日で、ビューア起動数は約24万件、総閲覧ページ数は約152万に上ったという。

 雑誌には別冊付録を付けてネット版と差別化したほか、雑誌とWebとで絵が異なるページを作り、そのページを当ててもらうクイズキャンペーンを行うなど工夫した結果、「通常より多く刷ったにも関わらず、雑誌の実売率は18%アップした」という。「やり方次第で、雑誌の売り上げに影響を及ぼさずに、発売同時のWeb無料公開が成立し得ることが証明できたのではなか」(編集部)

 編集部には多くの声援が届いているそうで、「無料公開という試みそのものに対する励まし、声援がこれほどいただけるとは、まったく想像していなかった。やってよかった………(涙)!!!」と喜んでいる。

 地方に住んでいるため都市部と同じタイミングで読むことができなかった読者や、海外在住で読めなかった人から無料公開を喜ぶメッセージを受け取ったという。「作家のみなさんが描いてくださったせっかくの作品を、雑誌というかたちでは、全国津々浦々の読者様に必ずしも十分にはお届けできていなかった」と反省の弁も述べている。

 編集部の最終目標は「モーニング・ツーをWeb上ではなく、雑誌のかたちでお届けすること」だが、それ以上に知ってほしいのは、「『雑誌』というメディアの魅力」とし、モーニング・ツーを手にとってほしいと呼び掛けている。

 その上で、「Webを使って漫画を見ていただく手法には、より大きな目的を達成するための手段として、大きな可能性があると感じています」と、Webでの無料公開というチャレンジに自信を見せた。

 無料公開は今後1年間続ける予定。6、7月号も、発売同時に無料公開することが決まっている。

関連キーワード

無料 | 雑誌 | 漫画 | ねとらぼ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -