ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「雑誌」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!雑誌→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で雑誌関連の質問をチェック

引きこもり当事者の声集める雑誌「ひきポス」 親が寄り添う「ヒントに」
61万人に膨れあがっている中高年の引きこもり。川崎の無差別殺傷事件や元農林水産事務次官による長男刺殺事件の一端にも引きこもりは浮かび、問題の根深さを突きつけた。その解決の糸口はあるのか。当事者らの“訴え”を集め、雑誌「ひきポス」で発信を続けている編集長の石崎森人さん(36)も、その答えを探し続けている。(2019/6/13)

六花亭のあの花柄が保冷バッグに 雑誌『クロワッサン』の付録が魅力的
六花亭と雑誌のコラボは初。(2019/6/10)

出版取次の「日本雑誌販売」が債務整理、法的手続きへ 取引書店の減少で業績不振
取引書店はピークの半分にまで減っていたとのこと。(2019/6/10)

SNS時代への対応:
17アイスの付録が大反響! 学習雑誌『幼稚園』が創刊以来初の増刷
学習雑誌『幼稚園』が創刊以来初めてとなる増刷を決めた。企業コラボであるセブンティーンアイスの付録の反響が大きかったため。マーケティング担当者が背景を語った。(2019/6/6)

Computer Weekly日本語版
AI市場を巡るGPU、TPU、FPGA、ASICの競争に意外なプロセッサが参戦
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2019/6/5)

90年代の乙女たちをときめかせた作品が一堂に 雑誌『りぼん』の特別展 新宿高島屋で7月に開催
胸がキュンキュンする。(2019/6/4)

Flipboard、データベースへの不正アクセス確認で全ユーザーのパスワードをリセット
ソーシャル雑誌アプリのFlipboardが、データベースに不正アクセスがあり、ユーザーの氏名やメールアドレスが盗まれた可能性があると発表した。パスワードも盗まれた可能性があるが、ハッシュ化されているため、解読は非常に難しいとしている。(2019/5/29)

月額400円で400誌以上が読み放題――「T-MAGAZINE」提供開始 新規登録は実質3カ月間無料に
カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)のグループ企業が、定額制の雑誌読み放題サービスを開始。多彩なジャンルの400誌以上を好きなだけ読むことができる。最大5デバイスまで共有可能で、初回1カ月無料+期間固定Tポイント864ポイントをプレゼントするキャンペーンも実施する。(2019/5/23)

Computer Weekly日本語版
いまさら聞けないAmazon S3再入門
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2019/5/22)

雑誌「旅と鉄道」で「廃線の歩きかた」特集 初心者でも分かりやすい廃線の楽しみ方を紹介
特別付録は「日本列島絶景鉄道地図帳」。行きたくなる!(2019/5/20)

雑誌「Animec(アニメック)」が30年ぶり復活 「アニメ新世紀宣言」当時の思い出をコンテスト形式で募集
ーー「機動戦士ガンダム」は、受け手と送り手を超えて生み出されたニュータイプアニメである。(2019/5/10)

Computer Weekly日本語版
USBメモリが落ちている。 →拾う →無視する →調べる
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2019/5/8)

『egg』復刊 平成を彩ったギャルカルチャー雑誌が令和に
2度の休刊を経て再び。(2019/5/2)

インタビュー特化の雑誌「アニメスタイル インタビューズ01」発売 創刊号は劇場版「コナン」特集 青山剛昌ら5万7000字インタビュー
読み応えありそう。(2019/4/29)

大差付けられた:
後発「ジャンプ」大躍進 「マガジン」意地の再逆転
田中万里子(まりこ)(83)は「週刊少年サンデー」創刊(昭和34年)時のメンバー。13人の編集部員中、ただ1人の女性だった。「事務と読者のページ(投稿欄)、科学のコーナーを担当しました。当時、各出版社にあった『少年社員』制度で、仕事をしながら夜間高校・大学を卒業したのです」。田中の小学館入社は26年、そのころ姉妹会社の集英社は同じ社屋にあり、社員採用も労働組合も同じだった。「たまたまですが、サンデー編集部で私の隣席は集英社社長の親類の方でしたよ」(2019/4/19)

Computer Weekly日本語版のお知らせ
4Gおよび5Gのネットワークプロトコルに脆弱性
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2019/4/17)

賀来賢人、“フライデー被害風”写真が超リアル! 「本当にそろそろやめてね」と写真週刊誌への本音も
再現度高すぎる。(2019/4/10)

日販とトーハン、協業で合意 危機感あらわ、「出版流通網維持、従来のままでは不可能」
日本出版販売とトーハンは、雑誌や書籍の返品処理などについて協業を行うことで合意したと発表した。出版物の売り上げが激減する一方、物流費が高騰するなど業界が厳しさを増す中、「もはや従来の構造のまま出版流通ネットワークを維持することは不可能な状況」とし、協業によって効率化を進める。(2019/4/10)

ジャンプとマガジンがコラボ 約150作品が無料で読めるWebサイト「少年ジャンマガ学園」
集英社と講談社は、4月8日に「週刊少年ジャンプ」や「週刊少年マガジン」などの連載作品約150タイトルを無料で読むことができるWebサイト「少年ジャンマガ学園」を期間限定公開した。「マンガの学校」をコンセプトとし、若者世代に読んでほしいという思いから利用者を22歳以下としている。(2019/4/8)

ジャンプとマガジンが「共闘」 異例のタッグ、実現の理由は?
集英社と講談社の少年誌が無料で読める若者向けの漫画サイト「少年ジャンマガ学園」が公開。異例のタッグが実現した理由は?(2019/4/8)

ジャンプ×マガジンが初の共同プロジェクト 約150作を無料で読める「少年ジャンマガ学園」
若い世代に漫画を読む機会を増やすのが狙い。(2019/4/8)

ジャンプとマガジンがコラボ、連載約150タイトル読める無料Webサイト「少年ジャンマガ学園」公開 22歳以下が対象
「週刊少年ジャンプ」や「週刊少年マガジン」などで連載する約150タイトルが無料で読めるWebサイトが期間限定で公開される。(2019/4/8)

集英社のマンガアプリ「少年ジャンプ+」がリニューアル  有料話も1度だけ無料閲覧OKに
集英社のマンガ雑誌アプリ「少年ジャンプ+」が4月2日にリニューアル。これまで冒頭3話と最新3話を無料公開していたが、有料部分も1度だけ無料で読めるようになる。同じ端末につき1度のみ有効で、復刻連載や連載終了作品などは対象外。(2019/4/5)

雑誌「AERA」がまたまたネコ化 猫飼いには避けられない“ネコの病気と老い”を徹底取材
ずっと一緒にいるために。(2019/4/4)

Computer Weekly日本語版
ゲームのテストプレイヤーはTensorFlow製AI
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2019/4/3)

「Apple News+」のベースになったTexture、サービス終了へ
Appleが北米で提供開始した定額制雑誌サービス「Apple News+」のベースになったTextureが5月28日にサービスを終了する。(2019/3/30)

「Apple News+」発表 月額9.99ドルで300以上の雑誌が読み放題
Appleが、雑誌の定額制サービス「Apple News+」を発表。月額9.99ドルで300以上の雑誌が読み放題になる。Appleがキュレーションした記事を提供する。(2019/3/26)

雑誌読み放題「Apple News+」発表 月額9.99ドル
米Appleが、定額制のニュース記事・雑誌配信サービス「Apple News+」を発表した。300以上の雑誌を取り扱う。(2019/3/26)

Computer Weekly日本語版のお知らせ
Dockerより小さくて速くてセキュアなユニカーネルのススメ
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2019/3/20)

「コンビニの成人向け雑誌をフィルムで包装」、堺市×ファミマの取り組みの今は
コンビニの成人誌販売中止が決まった今、あの取り組みがどうなったのか聞いてみた。(2019/3/17)

手塚治虫『アポロの歌 オリジナル版』発売 雑誌連載当時の構成で初の単行本化
やったー!(2019/3/14)

表紙も記事も「Pixel 3」で撮影した雑誌が14日に発売
Pixel 3で撮影された雑誌が発売される。Pixel 3は夜景クオリティーも好評で、日本でも時期モデルが発売されることが期待されている。スマートフォンカメラの性能が向上したことで、紙媒体の表紙までを撮影できるようになった。(2019/3/12)

オタクがマンガ雑誌の編集部に遊びに行ったレポ漫画
秋田書店の別冊少年チャンピオン編集部を訪れた記録です。(2019/3/12)

Computer Weekly日本語版のお知らせ
クラウド業界トップのAWSが抱える弱点
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2019/3/6)

『enzaマガジン Vol.4』が画像間違いで謝罪 Twitterで「コラ画像を使ったのか」の指摘
このコラ画像は少なくとも2018年9月には存在したもの。(2019/3/5)

ディズニーいっぱいのお稽古雑誌「ディズニー おけいこだいすき」が学研プラスから初刊行 付録も豪華で子どもが喜んでくれそう
小さいころ、こういうの欲しかったな……。(2019/3/5)

真空管アンプの自作に挑戦! 初心者の壁「回路図」まで分かりやすく図解した作例集登場
オーディオ雑誌『MJ無線と実験』の人気企画から、厳選された12作例が掲載。(2019/2/25)

Computer Weekly日本語版のお知らせ
5Gスマホは大きくて分厚く、そして高い?
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2019/2/20)

成人雑誌の活路は? 「エロの老舗」3代目が激白 「顧客と会話できる専門店の役割も重要」
大手コンビニから成人向け雑誌の販売を取りやめることが決まったが、成人誌業界はどこに活路を見いだすのか。80年の歴史を誇る「エロの老舗」こと東京・神保町の芳賀(はが)書店の3代目が語る「エロの可能性」とは。(2019/2/13)

Computer Weekly日本語版のお知らせ
まだ信じてるの? いまだに信じられているクラウド神話
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2019/2/12)

週末エンプラこぼれ話:
「セキュリティ意識が高すぎ」とネットで話題――3要素認証の「ATM型貯金箱」はなぜ生まれた? ちゃお編集部に聞く
1977年に創刊した、小学館の女児向け雑誌「ちゃお」。2018年12月に発売された「ちゃお2月号」にネット上がざわついたのをご存じだろうか。その理由は、ふろくの「ATM型貯金箱」。3要素認証を備えた“超強固”な貯金箱は、どのようにして生まれたのだろうか。(2019/2/8)

Computer Weekly日本語版のお知らせ
次世代無線LAN規格「IEEE 802.11ax」が解決する「困った問題」
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2019/2/6)

Computer Weekly日本語版
次世代無線LAN規格「IEEE 802.11ax」が解決する「困った問題」
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2019/2/6)

ギャル雑誌「egg」、5月1日に復刊 クラウドファンディングで支援募る
誌面に載る権利などがリターンに!(2019/2/1)

Computer Weekly日本語版
クラウドの幻想をぶち壊す
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2019/1/23)

成人向け雑誌取り扱い中止のコンビニ各社 「パチンコ誌」「実話誌」は販売継続
セブン、ローソン、ファミマに聞きました。(2019/1/22)

女性や子どもに配慮:
ファミマ、成人向け雑誌の販売を8月末で中止へ 一時は否定も競合に追随
8月末をもって、全国のファミリーマートで成人向け雑誌の販売が中止となる。女性や子どもに安心して買い物をしてもらうためという。セブン-イレブンとローソンも8月末までに成人向け雑誌の取り扱いをやめると発表済み。(2019/1/22)

ファミマも成人誌販売中止 セブン、ローソンに並ぶ
全国のファミリーマート店舗で今年8月末から、成人向け雑誌の販売が中止。セブン、ローソンに並んだ。(2019/1/22)

ファミリーマート「成人向け雑誌」の販売中止を決定 「取り扱いをやめる方針はない」から一夜明け一転
「セブン-イレブン」および「ローソン」も成人誌の取り扱いを中止するとしています。(2019/1/22)

ローソンも成人向け雑誌の取り扱い中止へ 大手コンビニチェーンの成人誌撤退相次ぐ
業界への影響は大きそう。(2019/1/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。