ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「雑誌」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!雑誌→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で雑誌関連の質問をチェック

関連キーワード

エレンが異世界転生する「進撃の巨人」全面広告、新聞朝刊に 諫山先生の描き下ろし
週刊少年マガジン編集部は9日、「進撃の巨人」最終34巻の発売に合わせて朝日新聞の朝刊に全面広告を掲載した。作者の諫山創さんが描き下ろした。(2021/6/9)

「全巨人が泣いた」 長さ45.6mの超大型ビジョンで「進撃の巨人」スペシャル映像
週刊少年マガジン編集部は「進撃の巨人」最終34巻の発売を前にJR新宿駅でスペシャルムービー「感激の巨人」の放映を始めた。(2021/6/7)

Computer Weekly日本語版
多要素認証が効かない「Pass-the-cookie 攻撃」の仕組みと緩和策
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/6/7)

プライム会員限定でKindle Unlimitedで3カ月99円のキャンペーン実施中 ベストセラーの書籍や雑誌、漫画が読み放題
申し込み期間は6月22日23時59分まで。(2021/6/3)

新庄剛志、脅迫DMさらし説教「人間として情けない!!」 週刊誌報道も早々にネタ扱いで“新庄伝説”に新たな1ページ
同日に温泉デートが報じられていました。(2021/6/1)

超高層住宅に抱く“幻想”:
曲がり角のタワマン、そろそろブームは終わるのか
先日、某週刊誌が東京都心に立地するタワーマンションが、欠陥住宅であるという記事を掲載した。その物件は都心の人気エリアに立地。業界のトップ企業が分譲し、2年前に建物が完成して入居もおおむね終わっていた。記事の内容からすると、相当な規模の補修工事が必要になりそうだ。(2021/5/28)

Indeed「社内報を漫画雑誌っぽくしてみると俄然読みたくなる」 アイデア投稿に「読んでみたい」と反響
ほかにも「ネクタイをギュッとね!」「採用黙示録ジンジ」などダジャレ満載。(2021/5/26)

2000年代女児が留守番中に楽しんだ“秘密の遊び”って? あの頃のおもちゃや雑誌を描いた漫画が懐かしい
ドキドキしながら読んだ少コミ……!(2021/5/26)

Computer Weekly日本語版
データレイク構築のススメ
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/5/24)

Computer Weekly日本語版
Clubhouseの怪しいセキュリティ/プライバシー問題
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/5/10)

賀来賢人、写真週刊誌による“子どもの盗撮”に警告 「私は本当に怒ります」「もうやめてくれませんか?」
正しいことしか言ってない。(2021/5/3)

「ハチクロ」「グリーン・ウッド」など4作品を全話無料公開 白泉社のまんがアプリ 5月9日まで
白泉社は、まんが配信アプリ「マンガPark」で漫画雑誌「花とゆめ」の人気4作品を全話無料配信する「おうち時間全力応援キャンペーン」を始めた。5月9日まで。(2021/4/28)

全355話を網羅する「Gメン'75」のDVDマガジン、デアゴスティーニが創刊
デアゴスティーニ・ジャパンが往年の刑事ドラマ「Gメン'75」のDVD付きマガジン隔週刊「Gメン'75 DVD コレクション」を5月18日に創刊する。(2021/4/20)

Computer Weekly日本語版
DDoS攻撃に対する誤解と効果的な緩和方法
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/4/19)

「日本カメラ」休刊 会社も解散、73年の歴史に幕
日本カメラ社(東京都中央区)は4月15日、月刊のカメラ雑誌「日本カメラ」を2021年5月号をもって休刊すると発表した。4月30日に会社を解散する。(2021/4/15)

「進撃の巨人」最終回、深夜にアプリ盛況、雑誌は書店から駆逐される
人気漫画「進撃の巨人」が最終回を迎えた。日付が9日に変わると講談社の漫画アプリで公開。深夜にも関わらずネットが揺れた。(2021/4/9)

Computer Weekly日本語版
Windows 10のUI刷新が意味するMicrosoftの対アプリ開発者戦略
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/4/3)

雑誌『GLITTER』が復刊、季刊誌へ 新ロゴマークはSNS投票で決定
新コンセプトは、グリッターな人生を!(2021/3/26)

Kindle Unlimitedで2カ月99円の「新生活キャンペーン」実施中 ベストセラーの書籍や雑誌、漫画が読み放題
申し込み期間は3月23日23時59分まで。(2021/3/19)

Computer Weekly日本語版
次世代Wi-Fi Wi-Fi 6/6E/7
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/3/17)

姿消す長寿番組「とくダネ」「メレンゲ」 視聴者の若返り課題
 平成元年から続いてきた日曜昼の情報番組「噂の!東京マガジン」(TBS)や11年スタートの朝の情報番組「とくダネ!」(フジテレビ)などの長寿番組が、今年度で相次いで地上波から姿を消す。背景には長引く新型コロナの影響に加え、番組づくりや視聴環境の変化がある。若者のテレビ離れが指摘される中、各局は視聴者から一定の支持を得てきた番組を変えてでも、若い層の取り込みに注力する考えだ。(道丸摩耶)(2021/3/11)

【実物レビュー】steady.4月号特別号のふろくは「ムーミン」のマスクとポーチ! ローソンで気軽に買える「グッズ付デジタルマガジン」に注目です
かわいいデザインがうれしいマスクとポーチのセットです。(2021/3/8)

NewsPicks Studios金泉俊輔CEOに聞く【後編】:
40代で出版社からWebメディアにミドル転職 元週刊誌編集長がNewsPicksで追い求める新しいメディアの形
ビジネスパーソンを中心に500万人以上の会員を擁する経済ニュースメディア「NewsPicks」。他メディアのニュースを選別して配信する「キュレーション」のほか、独自で経済ニュースや経済番組を制作しインターネットで配信し、右肩上がりで有料会員を増やし続けてきた。独自のビジネスモデルやブランド戦略はいかにして成功したのか。NewsPicks執行役員で「NewsPicks Studios」CEOの金泉俊輔氏にインタビューした。(2021/3/5)

大きなダメージ:
「社長は不倫してないが、コンプラ上の問題があった」 写真週刊誌の報道を受け、静岡新聞社と静岡放送が謝罪
静岡新聞社と静岡放送はおわび文を発表した。写真週刊誌が大石剛社長と同局のアナウンサーの不倫疑惑を報じたことを受けての対応。取材に対して担当者は不倫関係を否定したが、コンプラ上の問題があったと認めた。(2021/3/5)

雑誌「幼稚園」5月号の付録にセルフレジ 東芝テックが協力 「音声は本物と同じ」
小学館の幼児向け学習誌「幼稚園」5月号の付録は「セルフレジ」。POSレジスターなどを手掛ける東芝テックが協力した。(2021/3/3)

Computer Weekly日本語版
「DNSの防御」から「DNSによる防御」へ DNSを応用した新技法
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/3/3)

福原愛、別居報道が過熱「つけられて気が滅入りそう」 週刊誌記者に苦言「直接聞きにきてくれたらいいのに」
現在は台湾から帰国中。(2021/3/1)

2月27日は「ポケットモンスター赤・緑」25周年! 第3のバージョン「青」が赤や緑と違う点は?
小学館の雑誌企画で販売された「青」には、人気のあまり受付がパンクしたという伝説も。(2021/2/27)

Twitter、クリエイターに金銭を支援できる「SUPER FOLLOWS(スーパーフォロー)」発表 支援者向け特典機能も実装
支援者特典としてマガジン機能や限定コミュニティを利用可能。(2021/2/26)

【身の回りの数字】 『ジャンプ』『マガジン』『サンデー』連載中で一番巻数が多いのは?
どの作品かな?(2021/2/26)

Computer Weekly日本語版
自然言語処理AI「GPT-3」の可能性と限界
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/2/17)

Clubhouseに群がる芸能人 ルール違反の報道に藤田ニコルは「少しイラ」
音声SNSアプリ「Clubhouse」が人気を集めている。新し物好きの芸能人もこぞって参加しているようだが、どうやらYouTubeに乗り遅れたタレントたちの新天地となりそうな勢いだ。一方、Clubhouse内の会話を報道する週刊誌もあり「ルール違反」と指摘する芸能人もいる。(2021/2/16)

雑誌『DIME』でリングライトの付録が登場 Web会議での需要に商機
小学館は雑誌『DIME』の2月16日発売号で、「LEDリングライト30」を付録にし販売すると発表した。価格は1100円(税込)。同社によると、雑誌の付録としてリングライトを同梱するのは初めてだという。(2021/2/15)

ノンスタ石田、写真週刊誌に“まさかのお願い” 家族写真の買い取り希望に「発想が面白い」「そう来たか」と反響
記者もビックリでは?(2021/2/13)

「どついたろか!」 高橋英樹、“俳優業引退”を報じた週刊誌を一蹴
「引退」のいの字もなさげ。(2021/2/9)

Computer Weekly日本語版
バックアップでは防げないランサムウェア最新動向
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/2/3)

「誹謗中傷でしょうか」「死にたい」 「映画秘宝」編集長、公式Twitterでユーザーどう喝 勤務先が謝罪
雑誌「映画秘宝」の制作会社・オフィス秘宝は、岩田和明編集長が同誌の公式Twitterアカウントから、一般ユーザーにどう喝のようなダイレクトメッセージを送っていたとして謝罪した。(2021/1/26)

自動車業界の1週間を振り返る:
個人間カーシェアに水を差す不正、EVの普及に水を差したい週刊誌
おはようございます。土曜日です。1週間、お疲れさまです。1月の終わりが近付いてきました。ぬるぬると時間が通り過ぎていくのは、2020年と変わらないように感じます。「気が付いたらもう○月」とならないように日々の過ごし方を変えたいですが、何をどうしたらよいのか見当もつきません。さて、1月21日にカーシェアリングに関して気になる発表がありました。(2021/1/23)

Computer Weekly日本語版
コンテナにゼロトラストを適用すべき理由
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/1/20)

ピンク封印! 阿佐ヶ谷姉妹、ファッション雑誌の“表紙風”でゴージャスなマダムになる
阿佐ケ谷ではない……ここはパリだ……。(2021/1/13)

【限界徹夜の体験談】年末の雑誌づくりで三徹→気絶するように寝落ちし、同僚が奇行に走る修羅場
無事刊行できたのが信じ難いレベル(2021/2/20)

Computer Weekly日本語版
バックアップ対スナップショット&レプリケーション
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2021/1/6)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ビンテージイヤーに乗った特筆すべきクルマ(後編)
日本のクルマはとても良くなった。筆者が自動車雑誌の出版社に入ったのは1987年で、まだバブルの真っ最中。それから33年、長い月日をかけて、日本車は世界のクルマとトップを競えるようになった。後編で扱うクルマは、トヨタ・ハリアー、スバル・レヴォーグ、マツダMX-30の3台である。(2020/12/21)

KADOKAWAが新漫画誌『青騎士』2021年創刊 『乙嫁語り』『北北西に曇と往け』は移籍に
どんな雑誌になるのか楽しみ。(2020/12/17)

『SFマガジン』であの「百合特集」が2年ぶり復活 前回は「溶けるように予約在庫が消えた」神企画
多彩な書き手によるコンテンツが盛りだくさんです。(2020/12/16)

Computer Weekly日本語版
AWS、MS、Googleのクラウドストレージ
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2020/12/16)

エイ出版の趣味雑誌など、ドリームインキュベータが買収
エイ出版社の趣味雑誌などをドリームインキュベータが買収。新たなデジタルコンテンツ体験を提供するとしている。(2020/12/11)

Computer Weekly日本語版
もはや安全ではない二要素認証(2FA)と生体認証
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2020/12/2)

雑誌「幼稚園」の付録に電動「UFOキャッチャー」 セガとコラボ
小学館の雑誌「幼稚園」の2021年2・3月号の付録は電動アーム付きの「UFOキャッチャー」。12月26日ごろ発売で、価格は1280円(税込)。(2020/11/30)

楽天モバイル、先着3000人が対象の「AQUOS sense4 plus」「AQUOS R5G」購入者向けキャンペーン
楽天モバイルは、11月25日に「AQUOS sense4 plus」「AQUOS R5G」購入者向けキャンペーンを開始。期間中にエントリーした先着3000人に「楽天マガジン」の1年間無料クーポンと「楽天ポイント」1000ポイントをプレゼントする。(2020/11/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。