ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「雑誌」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!雑誌→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で雑誌関連の質問をチェック

雑誌「子供の科学」、100周年記念特大号の付録は「2050年8月号」
「子供の科学」8月号に別冊付録として「2050年8月号の『子供の科学』」がついてくるらしい。(2024/7/11)

「楽天ブラックカード」の申込受付開始 年会費3.3万円、楽天マガジンとRakuten Musicが付帯
楽天カードは、これまで招待のみとしていた「楽天ブラックカード」の申し込みを条件を満たすユーザーに限り開始。「楽天マガジン ライト for 楽天カード」「楽天ミュージックバンドルプラン」も付帯サービスとして提供する。(2024/7/2)

イトーヨーカ堂、フリーマガジン「はとぼん」を創刊 リテールメディアの一環、毎月1日に5万部発行
メーカーと連携した情報発信などを通し、買い物体験の向上を狙う。(2024/7/2)

企業の明日を変えるエグゼクティブとCIOのためのコミュニティー:
「ITmedia エグゼクティブ DX eマガジン 2024夏」(PDF)の提供開始
ITmedia エグゼクティブに入会するとビジネスに役立つ情報をはじめ人材育成、ライフスタイル、カルチャー分野も含めた情報にアクセスできます。(2024/7/1)

元“かまいたち名物マネ”、海外雑誌の表紙で雰囲気激変すぎた モデルばりのクールヘア&カメラ目線に泣き笑い「それにしても表情」
カッコいい!(2024/6/26)

創刊100周年の「子供の科学」、100年分のバックナンバー電子書籍化に挑戦中
創刊100周年を迎える子供向け科学雑誌「子供の科学」で過去100年分のバックナンバーを電子書籍として復刻するプロジェクトが進んでいた。(2024/6/19)

粗品、雑誌表紙飾った色気たっぷりの“パンクルック”で激変 メイク&黒ネイルで決めた姿披露に「忌野清志郎みたい」「中学生がやってみる髪型」
こういう雰囲気も似合う。(2024/6/19)

“8000円の初表紙雑誌”が1分で完売…… “元日プ女子”桜庭遥花、所属事務所決定で本格芸能活動開始
下克上!(2024/6/17)

「気になるタイトルしかないw」 3児のママが考えた架空雑誌『やけくそ』最新号に反響 「きっとバカ売れする(笑)」
架空記事タイトルがキレッキレ。(2024/6/17)

「ファミコン」1/1サイズのペーパークラフト 雑誌「ファミコン四十年生」のおまけに マリオのゲーム音も鳴る
小学館は、ゲーム機「ファミリーコンピュータ」(ファミコン)の発売40周年を祝う記念雑誌「ファミコン四十年生」を7月1日に発売する。雑誌には付録として、ファミコンを1/1サイズで再現したペーパークラフトが付属する。(2024/6/14)

「伊東家の食卓」ディレクターが教える「ダンボールや雑誌をキツ〜く縛れる」裏ワザに「むちゃむちゃ簡単にできました」「旨くできました」など感謝と驚きの声
縛り忘れたダンボールの追加も簡単。(2024/6/10)

薬物逮捕から7年……大御所俳優の息子、久々の雑誌掲載を報告 「やらかした記事が雑誌にのりまくってたあの日」
6月29日公開の映画「アディクトを待ちながら」に出演する橋爪遼さん。(2024/6/6)

もし江戸時代に“写真週刊誌”があったら……? 表紙のデザインアイデアが人気 「ドロドロしてそう」「美容院で読みたい」
ぜひ記事も読んでみたい。(2024/6/6)

結構鍛えてたんだ! 沢村一樹の次男・野村康太、腹筋チラ見えのワイルドな姿に反響「スタイル良すぎ」
韓国の雑誌『Dazed Korea』で披露。(2024/6/4)

「いなば食品に転職者情報を渡していない」──文春報道巡り、マイナビが声明 いなば食品も“事実誤認”認めて謝罪
いなば食品に対して、在籍社員の転職情報サイトへの登録状況を話した事実は一切ない──マイナビは、一部週刊誌が報じた内容を否定する声明を発表した。(2024/6/3)

ドコモの「dマガジン」10周年記念キャンペーン 10年前の人気雑誌復活、抽選で1万ポイントプレゼントも
NTTドコモは、電子雑誌の定額読み放題サービス「dマガジン」の10周年記念キャンペーンを開催。第1弾として10年前の人気雑誌を期間限定で復活配信し、抽選で100人にdポイント1万ポイントプレゼントを実施する。(2024/6/3)

粗品、あのとの熱愛スクープ狙う週刊誌に“逆突撃” 張り込む女性2人組を追い詰めるも……「記者を成敗できたわけでもない」
翌日には2人そろって関係をハッキリさせています。(2024/5/31)

「くたばれクソメディア」 マイファスHiro、「性加害巡る誤報」伝えかけた週刊誌に中指突き立て “音声暴露”し「覚悟持ってやってこい」
ボロクソ言ってる。(2024/5/28)

安藤サクラ、別人級の大変身で驚きの声集まる 「やはりお母様似では?」と母・安藤和津を思い出す声も
中国の雑誌に掲載されました。(2024/5/22)

審査に受かれば「Xiaomi 14 Ultra」がもらえる、写真コンテスト「Xiaomi U30 Photo Contest 2024」開催 写真家の講義が受けられる特典も
Xiaomi Japanはフォトコンテスト「Xiaomi U30 Photo Contest 2024」を開催している。「Xiaomi 14 Ultra」の発売を記念した企画で、写真雑誌「CAPA」の協力を得て行う。「Xiaomi Photo Academy 2024」に招待されるなどの特典がある。(2024/5/20)

「凄い金額ですね」 大谷翔平、“驚きの金額”でスポーツ長者番付13位 「さすが」「快挙だなあ」と称賛の声
アメリカの経済雑誌『Forbes』が現地時間5月16日に発表。(2024/5/17)

結婚や出産の思い出をインタビュー→雑誌風のアルバムにまとめるサービス「コトバム」が一生の思い出になりそう
世界で1冊の記録に。(2024/5/17)

4代目バチェラー黄皓 番組で出会ったモデルとの離婚めぐる話題に言及 「お話しすべき時が来たら」
週刊誌報道で離婚協議中と報じられた夫婦。「何も言葉を発しないことには僕なりの意図がある」。(2024/5/13)

辞職の宮沢博行氏が利用?「パパ活アプリ」、専門家「若者はアプリで出会う時代」規制困難
衆院は25日の本会議で、自民党を離党した宮沢博行衆院議員の辞職を許可した。辞職の一因となったのが、宮沢氏が「パパ活アプリ」といわれる出会い系アプリを使い、若い女性と買春目的とも捉えられかねない交渉をしていたとの週刊誌報道だ。(2024/4/26)

70歳・小林幸子、ミニスカ着こなすギャル姿で“降臨” 「ギャル☆さちぴが載っちゃいました」
ギャル雑誌『egg』の紙面に掲載されたと報告。(2024/4/25)

エンタメ×ビジネスを科学する:
『キャプテン翼』が連載終了 その功績と“機会損失”を振り返る
『キャプテン翼』は4月の雑誌掲載にて漫画連載を終了し、今後はネーム形式で公式webサイトなどに掲載すると発表した。改めて同作の功績と、ある「機会損失」について振り返りたい。(2024/4/25)

雑誌の企画を動画にするKDDI「ヒルミルマガジン」に「ザテレビジョン」参画 アーティストによる“全肯定ドラマ”配信
KADOKAWAは15日、雑誌の企画を動画で配信するKDDIの「ヒルミルマガジン」に参画すると発表した。(2024/4/15)

NEWS Weekly Top10:
「アクセスカウンター」人気 1999年のWebサイトは「5MB使い切るのも難しい」時代 当時の雑誌が面白い
フォームに入力した文字数を瞬時に数えてくれる老舗サービス「【文字数カウント】」が閉鎖されたという記事が注目を集めた。このサービスをホスティングしていたのは「ODNホームページサービス」。Web黎明期に広まったODN関連サービスが続々終了している。(2024/4/8)

“娘の顔出し終了”板野友美、初の夫婦雑誌撮影で子のモザイク外れる 愛らしい横顔露出に「ちっちゃい友ちん見てるよう」
結構長めに外れていたような。(2024/4/5)

【BD】「クソ週刊誌から嫌がらせの連絡が」COO溝口勇児、週刊誌の取材態度に憤り 「唐突に送りつけて」「何様なんだろう」
「本当はこんなことにいちいち反応なんてしたくない」ともつづっています。(2024/4/4)

声優・梅原裕一郎、結婚報道受けSNS更新「プライベートについての公表は事務所とも相談して控えておりました」
結婚していたことを一部週刊誌が報じていました。(2024/4/4)

漫画「薬屋のひとりごと」の作画担当・ねこクラゲ氏に“脱税容疑”報道 Xで事実と認めて謝罪 「すでに全額納付済み」
共同通信は4月1日、青年向け漫画雑誌「月刊ビッグガンガン」で連載中の作品「薬屋のひとりごと」の作画担当者・ねこクラゲ氏が所得税法違反の容疑で告発されたと報じた。ねこクラゲ氏はXで確定申告を怠っていたと明かし、報道内容を事実と認めた。(2024/4/1)

企業の明日を変えるエグゼクティブとCIOのためのコミュニティー:
「ITmedia エグゼクティブ DX eマガジン 2024春」(PDF)の提供開始
ITmedia エグゼクティブに入会するとビジネスに役立つ情報をはじめ人材育成、ライフスタイル、カルチャー分野も含めた情報にアクセスできます。(2024/4/1)

昭和38年の婦人雑誌で紹介された洋服を作ってみたら…… 花柄を生かしたレトロデザインに苦戦も「大人綺麗な感じ」「襟元がカッコいい!」
試行錯誤しながら当時の洋服を作っています。(2024/3/21)

CMでおなじみの毎号マガジンを1年続けた結果…… 「すごいことになってしまった」現状報告に反響
すごく細かい作業……!(2024/3/8)

企業の明日を変えるエグゼクティブとCIOのためのコミュニティー:
「ITmedia エグゼクティブ セキュリティ eマガジン 2024春」(PDF)の提供開始
ITmedia エグゼクティブに入会するとビジネスに役立つ情報をはじめ人材育成、ライフスタイル、カルチャー分野も含めた情報にアクセスできます。(2024/3/1)

高岡蒼佑、真木よう子の“暴走報道”を批判「週刊誌の方がよっぽどセクハラ」 “元仲間”の発信に本人感謝「人として好き」
真木さん「高岡くんは同じ事務所の頃から人として好きでした、ありがとう」(2024/2/20)

酒井法子、雑誌表紙飾った“肩むき出しワンピ”姿が破格のあでやかさ 53歳目前で「美しい通り越え貫禄」「色褪せないなあ」
変わらない姿に称賛の声。(2024/2/11)

ゆきぽよ妹・木村友美、芸能界入りを報告「わーい嬉しい!」 愛称は“ゆみちぃ”、姉ギャル系雑誌のモデルにも起用
ゆきぽよさんと同じ事務所に所属。(2024/2/10)

ローソンで「ニット」が想定以上の売れ行き 一部店舗では品切れ 20代をターゲットにした戦略とは
ローソンの雑誌コーナーで展開している「ニット」が、想定以上のペースで売れている。1月16日に全国のローソン約1000店舗で発売したところ、一部店舗で品切れが発生。2月13日に追加納品を予定している。(2024/2/10)

集英社「週刊少年ジャンプ」4冊分など無料公開 能登半島地震を受け
集英社の週刊少年ジャンプ編集部は、令和6年能登半島地震により雑誌の配送遅れや発売できなかった地域が発生していることを受け、「週刊少年ジャンプ」などを自社アプリで無料公開する。(2024/2/9)

市村正親、息子・市村優汰との“ハグショット”が愛情たっぷり 雑誌で親子初共演
『NYLON JAPAN』4月号の誌面に掲載されます。(2024/2/8)

“TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
過激な煽り文句の表紙に掲載されてしまったもよう。(2024/2/5)

集英社、“早バレ”サイト容疑者逮捕に「大きな前進」
雑誌などを発売前にデジタルデータ化して無断アップロードする、いわゆる“早バレ”サイトを巡り、集英社が5日に声明を発表した。(2024/2/5)

講談社、「週刊少年マガジン」4冊分と「別冊少年マガジン」2月号を無料公開 能登半島地震を受けて
講談社は30日、「週刊少年マガジン」の6〜9号と「別冊少年マガジン」2月号を自社のスマートフォンアプリで順次無料公開すると発表した。(2024/1/30)

ヤマト運輸と日本郵政の新たな投函サービス「クロネコゆうメール」発売
法人向けに書籍や雑誌などの郵送を想定。(2024/1/25)

吉本興業、松本人志さんの週刊誌報道に「お詫び」 事実確認を進め「説明責任を果たす必要」
当初は“事実無根”としていました。(2024/1/24)

昭和36年に発行された婦人雑誌の付録を使って服を作った結果…… 約60年後の令和によみがえった完成形に「不思議な魅力」「魔法使いサリーみたい」
服作りを楽しむ姿にこちらも笑顔になります。(2024/1/24)

土屋太鳳、産後初の雑誌撮影で“変わらぬ美スタイル”披露も……ママの悩み吐露に共感も「太鳳ちゃんでも努力してる」
『美的』3月号の表紙を飾り、ウエスト“チラ見せ”ショットも。(2024/1/16)

サダタローのゆるっとマンガ劇場:
「キャプテン翼」をバイブルと仰ぐマンガ家が連載終了で考えたこと
1月5日、集英社の「キャプテン翼マガジンvol.19」で、原作者の高橋陽一先生から「キャプテン翼」の連載終了、そして高橋先生はマンガ執筆の第一線から退くことが発表されました。(2024/1/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。