ニュース
» 2009年06月05日 07時00分 UPDATE

ソニエリ、エコ携帯「GreenHeart」を発表

エコ携帯「GreenHeart」は再生プラスチックを使うなど環境に配慮し、カーボンフットプリントを15%減らしている。

[ITmedia]

 Sony Ericssonは6月4日、環境に配慮したエコ携帯「GreenHeart」を発表した。

 「C901 GreenHeart」「Naite」の2機種で、いずれもカーボンフットプリントが従来製品よりも15%少ないという。

ah_c901.jpgah_naite.jpg C901(左)とNaite

 C901は筐体に再生プラスチックを使用。揮発性有機化合物の少ない水性塗料を使い、消費電力を抑えたディスプレイライトを搭載している。また紙のマニュアルの代わりに本体に電子マニュアルを搭載し、紙の使用量を90%削減した。

 そのほか500万画素カメラを搭載し、通信規格はGSM/GPRS/EDGE 850/900/1800/1900、UMTS/HSPA 900/2100。第2四半期中に一部地域で発売の予定。

 Naiteも筐体に再生プラスチックを採用し、電力効率を高めた充電器が付属する。日常生活で環境に優しい意思決定を支援するEcomateアプリケーションや、車で移動する代わりに歩いた場合に二酸化炭素をどれだけ削減できるかを示すCarbon Footprint Calculatorを備える。

 200万画素カメラやメディアプレーヤーを搭載し、通信方式はGSM/GPRS/EDGE 850/900/1800/1900、UMTS/HSPA 850/1900/2100に対応。第3四半期に一部地域で発売予定。

 Sony Ericssonは2015年までに、全社の二酸化炭素排出量を20%削減し、また採鉱、製造から使用に至るまでの製品ライフサイクルで排出される二酸化炭素量を15%削減する目標を掲げている。GreenHeartはこの取り組みの一環となる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -