ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年06月09日 07時00分 UPDATE

ヤマダとビックがWiMAX参入 UQのMVNOで

ヤマダとビックがそれぞれ、WiMAXに参入。UQのMVNOとして7月1日からサービス展開する。

[ITmedia]

 ヤマダ電機とビックカメラはそれぞれ6月8日、モバイルWiMAXサービスに参入すると発表した。UQコミュニケーションズのWiMAX回線を借りるMVNO方式で、7月1日からサービスを始める。

 両社とも、UQの正式サービスと同じ月額4480円で提供。ヤマダ電機は「YAMADA Air Mobile WiMAX」という名称で、東名阪のサービスエリア内の一部店舗で申し込みを受け付ける。

 ビックカメラは、オリジナルのデータ通信端末「BDSS01」(USBスティックタイプ、シンセイコーポレーション製)も販売。池袋本店や有楽町店、名古屋西店などサービスエリア内の店舗で申し込みを受け付ける。

画像 BDSS01

関連キーワード

WiMAX | MVNO | 参入 | ビックカメラ | ヤマダ電機


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.