ニュース
» 2009年06月09日 09時09分 UPDATE

WWDCを前に:iPhoneロック解除アプリを装うマルウェア出現

ハッキングアプリの「Yellowsn0w」と偽って、マルウェアをダウンロードさせようとする手口が見つかった。

[ITmedia]

 Apple iPhoneのロックを解除できるハッキングアプリの「Yellowsn0w」と偽って、マルウェアをダウンロードさせようとする手口が見つかった。セキュリティ研究者が運営するMalware Databaseブログが伝えた。

 それによると、このマルウェアは感染したコンピュータのホストファイルを書き換えてしまい、ユーザーがiPhone関連サイトにアクセスしようとすると、マルウェアの配布サイトにリダイレクトしてしまう。

 問題の配布サイトはWordpressのブログを使って開設されているといい、Appleが参加する「Worldwide Developers Conference(WWDC)2009」の開幕を前に、注目を浴びるのは必至だとして研究者らは注意を促している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

iPhone | マルウェア | スマートフォン | WWDC


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -