ニュース
» 2009年06月11日 16時48分 UPDATE

ねとらぼ:「女子高生キムチ」とは 建設会社女社長の挑戦

パッケージに女子高生を描いた「女子高生キムチ」を、広島県の建設会社がこの4月から製造・販売している。異業種参入に生き残りをかける女社長に話を聞いた。

[ITmedia]
画像 およそキムチの販売サイトとは思えない、女子高生キムチトップページ

 広島県庄原市の建設会社・北備建設がこの4月、キムチの製造・販売に乗り出した。畑違いの業種への新規参入。試行錯誤の末に生まれたのが、女子高生をパッケージに描いた「女子高生キムチ」だ。広島県内のスーパーや、Webサイトで販売し、話題になっている。

 女子高生キムチは、庄原市産のりんごと水、大根と、国産の白菜を使ったキムチだ。パッケージには、庄原市出身で「君のいる町」(週刊少年マガジン連載)などで知られる漫画家・瀬尾公治さんが描いた、制服の女子高生の体操座り姿が描かれている。


画像 刻みキムチの500グラム入りパッケージ(1000円)
画像 300グラム入り5個パック(2000円)

 建設会社がなぜ突然、キムチ事業に参入したのだろうか。松森悦子社長は、「当社の事業の中心だった公共工事が減ってきており、何とか異業種に参入しないと、とここ数年考え続けていた」と話す。

 どんな事業にしようか悩んでいた時、建設関連の仕事で知り合った韓国人から、「キムチが最近、日本でも人気だから、キムチを作ってみては」と声を掛けられたという。キムチの製造販売は、建設業とはあまりに遠い。当初は「さすがに無理」と思ったそうだ。

 だが、その後1年間、毎月韓国に渡ってキムチ教室に参加したり、キムチについて勉強していくうちに楽しくなり、「とりあえずやってみよう」と思い始めたという。庄原市内にあった精密機械工場をキムチ工場に改造し、4月から生産を始めた。

女子高生というネーミング 「突然降りてきた」

 なぜキムチが「女子高生」なのだろうか。「もともと、激辛・普通・甘めの3種類のキムチを出すつもりで、激辛は『頑固オヤジキムチ』、甘めは『おぼっちゃまキムチ』と決まったが、普通は何にすればいいか分からなかった」と松森社長は振り返る。

 そんなとき、「女子高生」という名が「突然降りてきた」。「いいかも、と思って女子高生に決めました」。女子高生キムチのWebサイトの説明文には「唐辛子のカプサイシンとコラーゲンで、女子高生のようなプルプルお肌を目指しましょう」と、女子高生とキムチを絡めた説明が書かれている。

 パッケージデザインは、キムチ工場のある庄原市高野町出身の瀬尾さんに「ダメモトで」依頼したところ、快く引き受けてくれたという。

 女子高生キムチのラインアップは、300グラム入り5個パックが2000円、刻みキムチ500グラム入りが1000円など。ネーミングの奇抜さとイラストのかわいらしさで話題となり、地元テレビなどメディアで次々に取り上げられた。4月の発売からこれまでに1万個以上売れたという。

画像 広島カープ激烈キムチ

 だが松森社長の目標は「1日2000〜3000個」と高い。近く、まったく違ったコンセプトの商品を出す予定もあるそうで、アイデアはまだまだ尽きていないようだ。

 ちなみに「頑固オヤジキムチ」と「おぼっちゃまキムチ」は未発売。激辛キムチは、頑固オヤジではなく「広島カープ激烈キムチ」という名で、広島カープのマスコットキャラ「カープ坊や」をデザインしたパッケージで販売している。

関連キーワード

女子学生 | 社長 | 参入 | 工場 | ネーミング | ねとらぼ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -