ニュース
» 2009年06月16日 13時42分 UPDATE

フジテレビとヤフーが新オークションサイト 番組小道具など出品

フジテレビのサイト内に、ヤフオクインフラを使ったオークションサイトを設置。番組で使った小道具などを出品する

[ITmedia]
photo 告知サイト

 フジテレビジョンとヤフーはこのほど、フジテレビで放送した番組内で使った小道具などを出品するオークションサイト「フジオク」(フジテレビオークション)の告知サイトを開設した。7月9日に本サイトをオープンし、8月2日に第1回オークションを行う。

 「Yahoo!オークション」(ヤフオク)のインフラを利用し、フジテレビの公式サイトにオークションサイトを設置。出品物は動画などで紹介する。テレビ局がヤフオク機能使ったオークションサイトを自社サイト内に設置するのは初という。

 第1回オークションはチャリティ企画で、8月2〜9日まで。バラエティ番組「あいのり」に登場した「ラブワゴン」の模型や、歌手・AIさん愛用のサンダルとシュシュ、人気韓国ドラマ「朱蒙」(チュモン)関連品などを出品する予定。落札物には、フジオクで落札したことを証明する証明書を付ける。

 売り上げは、FNSチャリティキャンペーン事務局に寄付し、ユニセフを通じてアフリカ・シエラレオネ共和国支援のために使われる。

 新サイトは「オークション・エンターテインメントサイト」と位置づけ、さまざまなビジネス展開を検討するとしている。

 両社はこれまでにも、フジテレビの番組内でYahoo!JAPAN提供データを利用したり、テレビ番組表「Yahoo!テレビ.Gガイド」内でドラマを公開するなど連携してきた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -