ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ヤフオク!」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Yahoo! オークション」から名称変更。
質問!オークション→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でオークション関連の質問をチェック

PayPay残高がたまる「PayPayフリマ」のiOS版登場 「ヤフオク!」とも連携
ヤフーは、10月7日にフリマアプリ「PayPayフリマ」のiOS版を提供開始。キャンペーンなどを通じて電子マネー「PayPay残高」がたまる他、出品条件にマッチした「ヤフオク!」の商品を閲覧・購入できる。Android版の配信は10月末を予定している。【画像差し替え】(2019/10/7)

激レア機体にネット騒然 戦後初の国産旅客機「YS11」がヤフオクに出品、現役なのは自衛隊が保有する2機のみ
かつて存在したメーカー「日本航空機製造」が作った戦後初の国産旅客機。(2019/9/10)

『CONTINUE』の読者プレゼント転売、オークション出品者を特定し厳正に対処したと報告
読者に抽選でプレゼントした「ラブライブ!」のサイン入りポスターがヤフオク!に出品されていました。(2019/7/23)

ヤフー、「PayPayフリマ」と「PayPayモール」を今秋開始
「PayPay」と連携したお得な特典やキャンペーンを実施し、見やすさや使いやすさを追求する。条件を満たせば「ヤフオク!」「Yahoo!ショッピング」でも閲覧・購入や検索することができる。(2019/6/28)

新フリマアプリ「PayPayフリマ」登場へ ヤフーがPayPayブランドでEC展開、「PayPayモール」も
ヤフオク!とは別にフリマアプリを立ち上げます。(2019/6/28)

「ドラゴンクエストウォーク」β版のシリアルコードが出品 “禁止行為”なのか?
スマートフォン向け「ドラゴンクエストウォーク」β版が6月11日にスタート。iOSとAndroid向けに1万人ずつを対象としているため抽選となり、当選者がシリアルコードをメルカリやヤフオク!で出品する事態に。これは禁止行為に含まれるのだろうか? 各社に確認した。(2019/6/12)

セルフ型店舗「クロネコスタンド」が豊洲に登場 大きな荷物も24時間受け取り可能
「メルカリ」や「ヤフオク!」の発送にも対応。(2019/5/31)

PayPay、6月3日からヤフオク!とYahoo!ショッピングに対応
ヤフーは、6月3日から「Yahoo!ショッピング」と「ヤフオク!」の支払いに、モバイル決済サービス「PayPay」が利用できるようになると発表した。ヤフオク!の売上金をPayPayにチャージすることも可能になる。(2019/5/22)

PayPay、6月3日からヤフー関連サービスのオンライン決済に順次導入 「ヤフオク!」の売上金チャージにも対応
6月3日から順次、「PayPay」がヤフー関連サービスのオンライン決済に対応する。オンライン決済時には「PayPayボーナス」が付与され、PayPay残高・Tポイント・Yahoo!ウォレットに登録しているクレジットカードなどと組み合わせて支払うこともできる。同日からは「ヤフオク!」の売上金を「PayPay」にチャージできるようにもなる。(2019/5/21)

PayPayがYahoo!関連サービスのオンライン決済やヤフオク!売上金チャージに対応
Yahoo!関連の支払いにPayPayが対応します。(2019/5/21)

セブンでヤフオク発送受付 「ヤフネコ!パック」に対応
「ヤフオク!」で落札された商品を、「宅急便」や「ネコポス」を使って簡単に配送できる「ヤフネコ!パック」が5月8日から、全国のセブン-イレブン店舗で発送できるようになった。(2019/5/8)

PayPay、6月からヤフオクとYahoo!ショッピングに対応 ヤフオクの売上チャージも可能に
「PayPay」が、6月から「Yahoo!ショッピング」と「ヤフオク!」の支払いに利用できるようになる。ヤフオク!の売上金をPayPayにチャージも可能に。(2019/4/18)

PayPayのオンライン決済、6月に開始
PayPayが、オンライン決済を2019年6月に開始する。対象となるサービスは「Yahoo!ショッピング」と「ヤフオク!」。2月の開始から4カ月延期となっていた。(2019/4/17)

メルカリ・ヤフオクに「令和グッズ」出品相次ぐ 号外、Tシャツ、1000万円のドメインも
政府が新元号を「令和」にすると発表。これを受けて新聞社などが配布した号外が、「メルカリ」「ヤフオク!」で売られる事態になっている。Webサイトのドメインや、出品者が制作したTシャツなども出品されている。(2019/4/1)

5Gの本命は「エンタメ」? 実現には課題も ソフトバンクが「ヤフオクドーム」でアバター付き多視点VRの実証実験
ソフトバンクが、福岡ソフトバンクホークスが保有する「福岡ヤフオク!ドーム」において5Gを活用したアバター付き多視点VRの実証実験に成功。その模様がメディア関係者とホークス公式ファンクラブ会員に公開された。(2019/3/25)

PayPay利用で最大20%のボーナスを付与する「ホークス観戦はPayPayでバリ得!キャンペーン」
3月29日から福岡ヤフオク!ドームで「ホークス観戦はPayPayでバリ得!キャンペーン」が開催される。「PayPay」利用で支払額の最大10%をPayPayボーナスとして付与される(ソフトバンク/Y!mobileユーザーはさらに10%プラス)。開幕3連戦では生ビールが半額の350円(税込)になるキャンペーンも実施する。(2019/2/28)

1位は福を招いてくれそうなあのニャンコ ヤフオク!が「猫」関連検索のランキングを発表
ニャンニャンニャンの猫の日記念です。(2019/2/22)

LCM:
LIXILとソフトバンクが“ヤフオクドーム”でトイレの「ライフサイクルマネジメント」実証実験、スマートビルで新規事業も視野に
LIXILとソフトバンクは、スマートビル分野での新規事業の創出を見据え、「福岡 ヤフオク!ドーム」で、IoT技術を用いたパブリックトイレのデータ活用に関する実証実験を開始した。トイレの稼働状況と人の流れのデータを連動させ、水回り設備の保守・メンテナンスや施設リニューアルの設備計画など、長期的な「ライフサイクルマネジメント(LCM)」に活用するのが狙い。(2019/2/20)

福岡 ヤフオク!ドーム、3月2日から「PayPay」を導入 完全キャッシュレス化も視野に
福岡ソフトバンクホークスとPayPayは、共同で「福岡 ヤフオク!ドーム」のキャッシュレス化を推進すると発表。オープン戦が始まる3月2日からスマホ決済サービス「PayPay」を導入し、ドーム内ショップの飲食・グッズ販売、売り子販売、チケット売り場などでキャッシュレス化決済が利用できるようになる。(2019/1/30)

PayPay、福岡ドームで導入 将来は「完全キャッシュレススタジアム」目指す
「福岡 ヤフオク!ドーム」で「PayPay」が導入される。オープン戦が始まる3月2日から、飲食物やグッズなどの購入にPayPayを使えるように。(2019/1/29)

110時間の処理を1時間半で完了:
ヤフオク!の偽物出品対策を強化、スパコンで検知精度が3.1倍に向上
ヤフーはヤフオク!における偽物出品の対策として、スーパーコンピュータを活用したディープラーニングを新たに導入する。従来のサービスで活用していたGPUサーバと比べて、処理速度が約70倍に高まり、偽物出品の検知精度が約3.1倍に向上したという。(2018/12/3)

「PayPay」オンライン決済に対応 「Yahoo!ショッピング」や「LOHACO」で利用可能に
QRコードを使ってスマートフォン決済できるサービス「PayPay」がオンライン決済にも対応へ。「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」では来年2月から、「LOHACO」では同年4月から、PayPayによる決済に対応する。(2018/11/30)

「ヤフオク!」偽物対策にスパコン「kukai」のディープラーニング活用、検知精度3.1倍に
「ヤフオク!」の偽物出品対策に11月から、スーパーコンピュータ「kukai」を活用したディープラーニングを導入。従来と比べ、偽物出品の検知精度が約3.1倍に向上すると見込んでいるという。(2018/11/30)

ヤフオク!のオークション出品、月額費無料に 11月12日から
プレミアム会員向けのオークション出品サービスは継続。(2018/10/12)

有料サービスで「申し訳なかった」 「ヤフオク!」が出品無料化に踏み切った理由
ヤフーが、有料会員でなくてもPCブラウザやスマホブラウザから「ヤフオク!」でオークション出品できるようにする。長い間有料会員向けサービスだったヤフオク!が、無料化に踏み切った理由を聞いた。(2018/10/12)

11月12日から:
「ヤフオク!」出品が月額無料に アプリ以外にも対象拡大
ヤフーは、ネットオークションサービス「ヤフオク!」について、月額費不要の無料会員も「オークション出品」を利用できるようにすると発表。11月12日から。(2018/10/12)

「ヤフオク!」出品が無料化 スマホアプリ以外でも
「ヤフオク!」で、無料会員がスマホアプリ以外でもオークション出品できるようになる。(2018/10/12)

「ヤフオク!」が全国一律の送料で発送可能なサービスを開始へ 送料を出品者負担で利用可能
反対に送料を「落札者負担」にした場合の料金は値上げされます。(2018/9/8)

ヤフオク!、10月に配送料金改定 出品者負担なら全国一律に、落札者負担なら値上げ
「ヤフオク!」の配送料が10月16日に改定される。配送料金が出品者負担の場合は全国一律料金にする。(2018/9/7)

“宿題の出品”禁止 メルカリ、楽天、ヤフーが文科省と合意
メルカリ、ラクマ、ヤフオク!で“宿題の完成品”の出品が禁止に。運営元の3社が文科省と合意した。(2018/8/29)

「ヤフオク!」がヤマト運輸「ヤフネコ!パック」での匿名配送を提供開始 住所や名前を知らせずに商品を配送可能
より匿名配送が利用しやすくなりました。(2018/8/27)

「ヤフオク!」の匿名配送サービス拡大 ヤマトの宅急便でも利用可能に
ヤフーが「ヤフオク!」の匿名配送サービスを拡充。ヤマト運輸と連携し、割引価格で宅急便などが利用できる「ヤフネコパック!」でも、出品者と落札者が互いの住所を知らせることなく荷物を送れるようにした。(2018/8/27)

ヤフー、バーコード決済サービスを提供開始 ヤフオク!ドームや居酒屋などで
「Yahoo! JAPAN」アプリにバーコードを表示し、店舗の端末やレジに提示して決済できるサービス「コード支払い」がスタート。今秋には店舗側の提示するQRコードをアプリで読み取って決済する店舗提示型のQRコード決済サービス「読み取り支払い」も予定する。(2018/6/5)

「ヤフオク!」、スマホアプリ限定で出品無料に
2001年の有料化以来、17年ぶりに無料に。(2018/3/19)

有料会員のみ設定変更可能:
「ヤフオク!」出品が17年ぶり無料に 利用者拡大目指す
ヤフーが「ヤフオク!」の仕組みを変更。「Yahoo!プレミアム」に登録していないユーザーでも無料で出品できる仕様にした。さらなるユーザー獲得を図る狙いで、出品機能の無料化は17年ぶりという。(2018/3/19)

「ヤフオク!」無料で「オークション出品」可能に スマホ限定、無料化は17年ぶり
「ヤフオク!」に、有料のプレミアム会員にならなくても、無料会員のままオークション形式で出品できる新機能。オークション出品は2001年に有料化しており、無料にするのは約17年ぶり。(2018/3/19)

ヤフオク!に偽のトランセンド製256GmicroSD出品 公式Twitter「うち128Gまでしか出してません」
非実在microSD。(2018/3/14)

羽生結弦のものまね芸人・羽生ゆずれない、ヤフオク出品のスケート靴が5万円突破 本人は高額入札相次ぐ
2人の“羽生”がヤフオク上に登場。(2018/3/9)

不正入札疑う声も 羽生結弦ヤフオク出品のサイン入りスケート靴、1億円超で再び入札中止の事態に
初回出品時から高額入札が相次ぎ、6日に再出品されていました。(2018/3/8)

「ヤフオク!」でゲームのアイテムなどの電子データやゲームアカウントの出品を禁止物として明示
4月2日からガイドラインを改訂。(2018/3/3)

ミッキーのアートポスターやスター・ウォーズのサイン入りヘルメットなど31品 ディズニー、ヤフオク!で特別オークション開催
D23 Expo Japan 2018のプログラムの一環。(2018/2/23)

「プリキュア」無料配布DVDの転売に「恥を知るべき」「大人のすることではない」と非難 → バンダイの見解は
メルカリやヤフオク!ではおおむね1枚500円前後で取引されているようです。(2018/2/8)

使用後は「焼却」が義務:
「ヤフオク!」などに陸上自衛隊の「教本」流出 業務に支障は?
ヤフーが運営するオークションサイト「ヤフオク!」などに、陸上自衛隊員向けの教本が多数出品されていることが判明。陸上自衛隊に流出経路や取り引きの違法性を聞いた。(2018/1/22)

「ヤフオク!」の決済、「かんたん決済」に一本化 受け取り確認後に振り込み
「ヤフオク!」の商品代金の決済方法が「Yahoo!かんたん決済」に一本化。落札代金をヤフーがいったん預かり、落札者が商品を受け取った後に出品者に振り込む組みも必須に。(2018/1/17)

取引トラブル防止:
ヤフオクの決済方法、「Yahoo!かんたん決済」のみに
3月1日から「ヤフオク!」の決済方法が「Yahoo!かんたん決済」のみとなり、直接の銀行振り込みは廃止される。取引の安全性を高める狙い。(2018/1/16)

「なんで私の家にあるCDがヤフオクに」 渡辺直美がCDの盗難、転売被害を訴える
怖い世の中。(2018/1/11)

ソニー、顔が“金色”のアイボ11台をチャリティーオークション 生物多様性保全活動に寄付
ソニーが特別仕様の「aibo」11台を「ヤフオク!」に出品。落札金の全額を寄付する。(2017/12/5)

「ヤフオク!」で匿名配送スタート
「ヤフオク!」で「匿名配送」がスタート。出品者・購入者がお互いの住所や名前などを知らせずに商品を配送できる。(2017/11/29)

「ヤフオク!」で匿名配送スタート 住所や名前を知らせず商品を送れる
落札商品に満足できない場合の「商品満足サポート」も開始。(2017/11/28)

ヤフオク、「転売目的のチケット」出品禁止
「ヤフオク!」で、転売目的で入手したチケットが出品禁止に。「昨今の社会情勢を総合的に判断」し、出品禁止物に加えたという。(2017/11/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。