ニュース
» 2009年06月17日 08時16分 UPDATE

すべてのPCをサーバに:Opera、Webブラウザ内サーバ機能「Opera Unite」発表

「Opera Unite」は、サードパーティーのサーバを経由せずにPC同士でコンテンツ交換やチャット、Webサービス運営が可能になるサービスだ。

[ITmedia]

 ノルウェーのOpera Softwareは6月16日、PCにサーバ/クライアント機能を持たせるWebブラウザの新機能「Opera Unite」を発表した。ネット上のサーバを経由することなく、PC同士で直接コンテンツのやりとりができるようになるという。

 次期OS「Opera 10」で稼働するOpera Uniteのテスト版(Windows、Mac、Linux向け)がOpera Labsの記事内のリンクからダウンロードできる。テスト版を使うには、Opera 10 βとOpera IDが必要。

 テスト版にはファイル共有、音楽ライブラリのストリーミング、共有メモ、写真共有、チャット、Webサーバという6つのサービスが含まれる。Opera 10でOpera Uniteを有効にし、サービスをインストールするとOpera Unite用のURLが提供される。例えばファイル共有サービスを使いたい場合、共有したいファイルの入ったフォルダを指定するとOpera Uniteがそのフォルダ固有のURLを作成する。

opera 1

 WebブラウザにこのURLを入力すれば、どこからでもこのフォルダを開けるようになる。

opera

 現在公開されているOpera Uniteはデスクトップ版のOpera 10向けだけだが、将来的にはモバイル版も公開する予定。

 Opera UniteはオープンWeb標準に基づいており、サードパーティーの開発者はWebページを作成するような感覚でWebサービスを構築できるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -