ニュース
» 2009年07月07日 09時38分 UPDATE

McAfeeが指摘:スパムが企業のグローバル化を阻害する要因に

6月のスパムはバイアグラや偽ブランド時計を宣伝するものが上位を占め、件名は「Hello」が最も多かった。発信国のメールを遮断する動きも広がる。

[ITmedia]

 米McAfeeは7月6日、6月のスパム動向報告書をまとめ、ドメイン別のスパム件名ランキングを発表した。

 McAfeeは報告書の中で、「.com」「.org」といった分野別ドメインや「.cn」「.uk」などの国別ドメインごとに、スパムメールの内容と件名について分析。件数の多かったスパムの件名上位15件を、送信先アドレスのドメインごとに紹介した。

 その結果、「.com」のドメインが付いたアドレスあてに送られたスパムは、バイアグラや偽ブランド時計を宣伝するものが上位を占めた。件名は「Hello」を筆頭に、「Hi」「RE: DISCOUNT 80% 0FF on Pfizer !」「Replica Watches」「Undelivered Mail Returned to Sender」の順となっている。

 一方、スパム送信元のアドレスには、途上国などのドメインが使われるケースが増えたと報告。組織のポリシーとして、国外のドメインから送られてきたメールや外国語を含んだメールを遮断しているケースも多いという。例えば中国やロシアのURLを使った医薬品宣伝スパムの横行は、この両国から送られてきたメールをすべて遮断するポリシーにつながっている。

 こうした事態により、特定の言語や国に対して「デジタルバイアス」が形成されて正規のメールにまで支障をきたし、企業の国際進出を阻む要因になりかねないとMcAfeeは警鐘を鳴らしている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -