ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ドメイン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ドメイン」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

半径300メートルのIT:
「個人が取得したドメイン」の“終活”を始めてみた
インターネット普及期には大きなメリットがあった独自ドメインの取得ですが、「Gmail」などの使い勝手がいい無償の電子メールサービスが登場してからはあまり魅力がなくなってきています。今回は個人で取得したドメインの“終活”についてお話ししましょう。(2022/8/9)

マストドンつまみ食い日記:
ガーシーSNS、新ドメインに移行 連合機能を廃止、広告も導入
動画サービスFC2創業者と暴露系YouTuberが立ち上げたマストドンベースのSNSが新ロゴ、新ドメインに変更された。(2022/7/27)

楽天モバイル、キャリアメール「楽メール」開始 ドメインは「rakumail.jp」
楽天モバイルは、キャリアメールサービス「楽メール」の提供を始めた。通信プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」の契約者は、ドメイン「@rakumail.jp」のメールアドレスを各種メールサービスとの送受信に無料で利用できる。(2022/7/1)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(74):
簡単に取れる「独自ドメイン」、運用まで考えていますか?
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は、セキュリティの視点から独自ドメインの運用管理についてフォーカスします。(2022/6/23)

続出する公的機関の偽サイトに国が注意喚起 「必ずドメインを確認して」
内閣サイバーセキュリティセンターが、地方自治体などをかたる偽サイトを確認したとして注意喚起。自治体などの偽サイトを巡っては、長野県長野市などが、特定の検索エンジンを使ったとき、偽物が本物より上位に表示されるとして、注意を呼び掛けている。(2022/6/15)

「はてなアンテナ」20周年 登録URLランキング2位に「痛いニュース」 1位は?
「はてなアンテナ」が20周年。登録の多いドメインやURLのランキングを公開した。なつかしいサイトやサービスも。(2022/5/31)

Microsoft Azureで「マルチドメインMDM」が利用可能に Power BIでガバナンス管理強化
インフォマティカは、Microsoft Azureで利用できるマルチドメイン対応のMDM「Multidomain Master Data Management-as-a-Service」を発表した。複数ドメインにまたがるデータの取り込みから活用までの情報サプライチェーン全体にわたるマスターデータ管理をAzureで実現する。(2022/5/30)

提供終了したアクセス解析ツールのドメインが他者の手に 不審なスクリプトが設置されている可能性も
NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションが2020年に提供終了したアクセス解析ツール「Visionalist」で、使っていたドメインが何者かに取得された。情報セキュリティ上問題のあるスクリプトが設置されている可能性がある。(2022/5/18)

無償版「G Suite」継続へ 非営利目的に限り カスタムドメインの「Gmail」も
7月1日でのサービス終了が予告されていた米Googleの無償版「G Suite」だが、非営利目的に限り今後も利用できるようになった。同社の「Google Workspace」サポートページにて明らかになった。(2022/5/17)

楽天モバイル、「楽天メール」を7月から提供 ドメインは@rakumail.jp
楽天モバイルが「楽天メール」の提供を7月1日に開始する。新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」の契約者を対象に提供され、コミュニケーションアプリ「Rakuten Link」から無料で使える。ドメインは「@rakumail.jp」で、GmailやYahoo!メールとのやりとりが可能だ。(2022/5/13)

偽サイトに使われるドメインの傾向は? 2021年のフィッシング詐欺は2.3万件超え
JPCERT/CCによると、2021年に発生したフィッシングサイト関連のインシデント件数は2万3104件で、1月当たり2000件超えが続いている。フィッシングサイトにかたられる傾向が高い業種やブランド名、フィッシングサイト用ドメインのパターンから、攻撃者の意図を把握しておこう。(2022/4/26)

自治体から「BTC Paid」「Hello」など91万件 踏み台攻撃で送られた迷惑メールの件名公開
SBテクノロジーへの攻撃により、自治体ドメインから迷惑メール約91万件が送信された問題。自治体別の送信件数と、メールのタイトルが公表された。(2022/3/24)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2022年3月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。TecgenceがECプラットフォーム製品カテゴリーのデータ抽出アルゴリズムをアップデートしたため、前月度顧客ドメイン数との比較は表示しておりません。(2022/3/22)

Googleのドメインサービス、日本でも提供開始
Googleは、2015年に米国で提供を開始したドメインサービス「Google Domains」を日本を含む26カ国でも開始した。1ドメインは年額1400円から。4月15日まで新規購入者向けキャンペーン実施中だ。(2022/3/16)

yahoo!メールに新ドメイン「ymail.ne.jp」 3文字から取得可能
「yahoo!メール」に新ドメイン「ymail.ne.jp」が追加される。3文字から取得が可能で、既存のドメインに加えて取得も可能だ。(2022/2/25)

Yahoo!メールに新ドメイン「ymail.ne.jp」 最低3文字から取得可能
ヤフーが、同社提供のメールサービス「Yahoo!メール」で新ドメイン「@ymail.ne.jp」のメールアドレスを3月1日から提供する。最低3文字からメールアドレスを取得できるという。(2022/2/25)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(118):
Windowsのバージョンが混在する環境におけるポリシー管理用テンプレートのベストプラクティス
前回は、Windowsの古いポリシー管理用テンプレートに関する注意点について触れました。今回は、さまざまなバージョンのWindowsおよびWindows Serverが混在する企業のActive Directoryドメイン環境における「グループポリシー管理用テンプレート」の管理方法を取り上げます。(2022/2/15)

WordleのWebサイトがNew York Times下に
New York Timesに買収された人気単語推測ゲーム「Wordle」のURLが変わった。New York Timesのドメインになった。Wordleのロゴも変わり、[≡]が追加された。(2022/2/11)

英国の「.uk」ドメイン取り締まり事情【後編】
“コロナ便乗詐欺”に使う悪質ドメインの実態 取り締まりの内容と効果は?
新型コロナウイルス感染症に関連したドメインを新規に登録し、サイバー犯罪に悪用する動きがある。こうした悪質ドメインを取り締まるため、「.uk」ドメイン管理団体Nominetはどのように取り組んでいるのか。(2022/2/3)

「5分で700万アクセス」に耐えるインフラをクラウドで構築 サイボウズ、Webサイトの基盤にAWS採用
サイボウズが、コーポレートサイトなどの運用基盤をAWSに移行。21年12月末までに計42ドメインをクラウド化した。テレビで同社を紹介する映像が流れ、5分で約700万件のアクセスが発生したときも、サーバをダウンさせることなく耐えきれたという。(2022/1/28)

Googleが無償版G Suiteの終了を予告 5月1日までに有償Google Workspaceにアップグレードを
米Googleは無償版G Suiteのサービス提供を2022年7月1日に終了すると発表した。無償版G Suiteは現行のGoogle Workspaceから一部機能を削除したもので、独自ドメインを設定したメールサービスも利用できることから人気を博した。(2022/1/20)

英国の「.uk」ドメイン取り締まり事情【前編】
“悪質ドメイン”減少の訳は? 「.uk」ドメインの停止件数が過去最少に
英国のドメイン管理組織Nominetの報告から、同国でのサイバー犯罪に対する取り組みが功を奏していることが明らかになった。効果の概要とその要因を解説する。(2022/1/20)

Linux Foundationが年次報告書を公開:
カーネルの開発開始から30年を迎え、Linuxはどうなったのか
Linux Foundationは、年次報告書の最新版「Annual Report 2021: New Horizons for Open Source」を公開した。世界のトップ100万ドメインの95%以上が、Linuxを利用しており、クラウド対応企業の75%以上が、クラウドのメインプラットフォームにLinuxを使っているなど、Linuxの採用が進んでいることを挙げている。(2022/1/19)

Ambarellaの車載SoC:
20ストリームの画像データを同時に処理できるSoC
Ambarellaが、自動運転車用ドメインコントローラーの新しいSoC(System on Chip)製品ファミリー「CV3」シリーズを発表した。これにより同社は、引き続き自動運転車のドメインコントローラーをターゲットとしていく方向性を示したといえる。CV3は、最大20ストリームのイメージデータを一度に処理することが可能だという。(2022/1/13)

「ntt.co.jp」から新ドメインへのリダイレクト終了、研究資料にアクセスできず 「人類にとって損失では」と物議
NTTの旧公式WebサイトのURLにアクセスしても新しいサイトにリダイレクトしなくなっていることが分かり、Twitter上で話題になっている。この仕様変更を見つけたユーザーは「過去に掲載したジャーナルや研究資料が参照できなくなっている」と問題点を指摘する。(2022/1/12)

サイトの引っ越しに対応できるQRコード登場 あとから遷移先を更新できる仕組み
メディアシークが、アクセス先Webサイトの引っ越しなどでドメインが変わっても常に最新のページに誘導できるQRコード生成サービスを開発した。QRコード生成後に、表示する情報やURLを更新できる。(2022/1/11)

2021年の最多トラフィックドメインはGoogleを抜いてTikTokに──Cloudflare調べ
CDN大手のCloudflareが、2021年に最もトラフィックが多かったのはTikTokだったと発表した。昨年7位だった同社はGoogleなどの米IT大手を一気に抜いた。(2021/12/22)

Microsoft、中国のスパイグループのWebドメインを押収
icrosoftは、中国を拠点とするハッキンググループNickelが悪用していたWebドメインを押収したと発表した。28カ国の政府機関、シンクタンク、人権団体などからの情報収集のために使われていたという。(2021/12/7)

「gmail」を「gmai」と誤記 新潟県職員、個人情報入りメール誤送信
新潟県職員がメール誤送信で個人情報流出。送信先ドメインを「gmail.com」にすべきところを「gmai.com」と誤記したため。(2021/11/30)

組み込み開発ニュース:
クロスドメイン対応の車載向けハイエンドマイコンを発表
ルネサス エレクトロニクスは、28nmプロセスを用いたクロスドメイン対応の車載向けマイクロコントローラー「RH850/U2B」を発表した。性能の高さに加え、仮想化対応やセキュリティ機能など、優れた機能を備えている。(2021/11/30)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年11月)
「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。今週は「Optimizely」が顧客ドメイン数を大きく伸ばしました。(2021/11/30)

Windows PowerShell基本Tips(27):
【 Get-ADReplicationAttributeMetadata 】コマンドレット――Active Directoryドメインコントローラー間の複製に関わる情報を参照する
本連載は、PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は「Get-ADReplicationAttributeMetadata」コマンドレットを解説します。(2021/11/25)

GoDaddyにデータ侵害、最大120万人のWordPressホスティングユーザーの個人情報が漏えい
大手ドメイン登録事業者GoDaddyは顧客のWordPressのシステムにデータ侵害があったと発表。最大120万人分の個人データが流出した可能性がある。メールアドレス、管理者番号、sFTP、SSL秘密鍵などにアクセスされた。(2021/11/23)

「フィッシングサイトの独自ドメインは無料サービスで作成されたものが多い」:
偽SMSを送ってくるドメインの上位は何? デジタルアーツがフィッシングサイトで使われるドメイン名を分析
デジタルアーツは、フィッシングサイトのドメイン名に関するレポートを公開した。2021年上半期に収集した国内外のフィッシングサイトのドメイン名に頻出する文字列で、最も多かったのは「amazon」だった。(2021/9/24)

ドメイン知識と開発(2):
ドメイン知識の習得は、個人のタスクじゃない――開発チーム全体で取り組むオンボーディングとその知見
ITエンジニアは「ドメイン知識」の習得を求められることがあるが、技術知識の取得と比べると優先度は低くなりがちだ。制度改正の多い介護・医療分野のドメイン知識習得に取り組むエス・エム・エスの事例から、ドメイン知識習得の重要性とそれを開発に生かすためのポイントを解説する。第2回は、開発チームがドメイン知識習得のために実施した取り組みと、それによって得られた知見について。(2021/9/30)

半径300メートルのIT:
「取るのは簡単」でも「運用は大変」 ドメイン管理に潜む信用失墜につながるリスクとは
ユーザーがさまざまな経路を通じて自社のWebサイトに流入することが多くなってきています。自社のドメイン管理を見直し、第三者の不正なWebサイトにアクセスさせないようにするにはどうすればいいのでしょうか。(2021/9/7)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2021年9月)
マーケティングオートメーション(MA)ツールの国内顧客ドメイン数ランキングを紹介します。(2021/9/7)

Apple、iCloudでメール非公開とカスタムドメインを可能に 「iCloud+」の一部機能をβ版で提供開始
クラウドサービスを拡張する「iCloud+」で追加される機能の一部がβ公開された。(2021/8/26)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年8月)
自社サイトの施策検証やクリック率、コンバージョン率の向上に欠かせないのが「A/Bテスト」ツールです。今月はデータ抽出のアルゴリズムをアップデートしたため、前月度顧客ドメイン数との比較は表示しておりません。(2021/8/24)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年8月)
今週は、パーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。データ抽出のアルゴリズムをアップデートしたため、今月の顧客ドメイン数のみをランキング化しました。(2021/8/17)

厚労省をかたるフィッシングメールに注意 新型コロナの「現在の状態をお登録ください」と偽サイトに誘導
ドメイン名の末尾が「.go.jp」かどうかを確認しましょう。(2021/8/15)

ドメイン知識と開発(1):
なぜドメイン知識(業務知識)の習得が重要なのか? 変化する知識に対応し続けるために
ITエンジニアは「ドメイン知識」の習得を求められることがあるが、技術知識の取得と比べると優先度は低くなりがちだ。制度改正の多い介護・医療分野のドメイン知識習得に取り組むエス・エム・エスの事例から、ドメイン知識習得の重要性とそれを開発に生かすためのポイントを解説する。第1回は、開発者のドメイン知識取得の重要性と体制づくりについて。(2021/8/25)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年8月)
自社サイト構築による収益最大化を実現させるのが、ECプラットフォーム製品です。今月はデータ抽出のアルゴリズムをアップデートしたため、前月度顧客ドメイン数との比較は表示しておりません。(2021/8/10)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2021年8月)
マーケティングオートメーション(MA)ツールの顧客ドメイン数ランキングを紹介します。(2021/8/3)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年7月)
前月と比較すると、「KARTE」や「iGoDigital」のドメイン数が大きく増加しました。(2021/7/13)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 売れ筋TOP10(2021年7月)
デジタル上で新規見込み客を獲得し、コンバージョン率、営業効率を最大化するために不可欠なのがマーケティングオートメーション(MA)ツール。前月度と比較し、「BowNow」や「Salesforce Pardot」「Adobe Marketo Engage」などが顧客ドメイン数を伸ばしました。(2021/7/6)

組み込み開発ニュース:
ドメインおよびゾーンコントローラー向け32ビット車載用マイコンを発表
STマイクロエレクトロニクスは、32ビット車載用マイコン「Stellar SR6」ファミリーを発表した。ドライブトレインやADASなど、ISO 26262 ASIL-Dに準拠する車載用システムの開発を支援する。(2021/7/5)

STマイクロ Stellar SR6:
ドメインコントローラーなど向けの車載マイコン
STマイクロエレクトロニクスは、車載用マイクロコントローラー「Stellar SR6」の提供を開始した。車両内の配線を簡素化するドメインコントローラー、ゾーンコントローラーとしての用途を想定している。(2021/7/2)

バイク系&クルマ系の新ドメイン「.motorcycles」「.autos」、一般登録受付開始
おぉぉ! 登録料金は年2750円から。マリン系の「.yachts」も(2021/6/15)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(17):
共通言語ランタイム(CLR)統合で作成されたアプリケーションドメインの一覧を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、共通言語ランタイム(CLR)統合で作成されたアプリケーションドメインの一覧の出力について解説します。(2021/6/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。