ニュース
» 2009年07月31日 20時15分 UPDATE

「公園デビューよりネットデビュー」 子育てとネットの新しい関係

育児をする女性が情報交換をする“場所”は、公園からコミュニティーサイトに変わってきているという、NTT西日本の調査結果。

[ITmedia]

 「いまどきママは、公園デビューよりネットデビュー」――NTT西日本がネットで行った調査によると、育児をする女性が情報交換をする場所が公園からコミュニティーサイトに変わってきているという。

 調査は7月3〜6日にかけ、自宅でネットを利用し、東京・大阪に住む0〜6歳の子どもを持つ20〜30代の主婦を対象に行い、519人から回答を得た。

 公園を訪れる頻度は平均週に1.7回、平均滞在時間は週に2.9時間に対し、コミュニティーサイトを利用する頻度は平均週に3.7回、平均滞在時間は週に3.9時間と、回数も時間もコミュニティーサイトが勝った。

 公園での過ごし方で最も多いのは「子どもと一緒に遊ぶ」(41.8%)、次いで「子どもが遊ぶのを見守る」(18.1%)。「情報交換」は11.4%と5位に入った。コミュニティーサイトの使い方で最も多かったのは「情報収集」(48.9%)で、「情報交換」(26.4%)が続いた。

photo
photo

 「子育てにインターネットは必要か」という問いに対しては、34.3%が「とても必要」、50.3%が「まあ必要」、11.4%が「どちらとも言えない」、3.1%が「あまり必要ではない」、1%が「不要」と回答。全体の84.6%が必要だと感じている。


 ネット利用に使っている端末は、「PCのみ」が29.9%、「PCが多く携帯も使う」が49.7%、「携帯を使うことが多い」が11.4%、「PCも携帯も同じくらい」が9.1%。全体の42.8%は出産を機にPCを使うことが増えたという。

photo

関連キーワード

コミュニティー | 子供 | NTT | 主婦 | ネット利用


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -