ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年08月04日 07時00分 UPDATE

NEC、衛星用イオンエンジンの開発・販売で米Aerojetと協業

NECと米Aerojet-Generalは、人工衛星用イオンエンジンの開発・販売で協業する。JAXAの技術に基づいた汎用エンジンを共同開発し、世界市場で販売する。

[ITmedia]

 NECと米Aerojet-Generalは8月3日、人工衛星用イオンエンジンの開発・販売で協業に向けて検討を始めると発表した。NECは長寿命なイオンエンジンで実績があり、米大手と組んで小型エンジンを開発し、今後3年間で20億円の受注を目指す。

 NECは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した「マイクロ波放電式イオンエンジン」を、JAXAの委託を受けて製造している。イオン生成にマイクロ波を用いる独自技術により、従来型に比べて2倍以上の長寿命と高信頼性を実現しているのが特徴。NECが製造したエンジンは、小惑星探査機「はやぶさ」に搭載され、宇宙空間で3万時間以上の長期運用した実績がある。

 Aerojetは衛星用エンジン大手で、特に米国で実績がある。両社はJAXAの技術を活用して汎用の小型エンジンを共同で開発し、日米を中心とした衛星市場に販売していく。

関連キーワード

NEC(日本電気) | JAXA | 衛星 | 宇宙


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.