ニュース
» 2009年08月04日 08時34分 UPDATE

Firefox 3.5.2がリリース、深刻な脆弱性に対処

ブラウザ更新版の「Firefox 3.5.2」がリリースされた。ThunderbirdとSeaMonkeyにも影響する深刻な脆弱性を解決している。

[ITmedia]

 Mozilla Foundationは、Firefoxブラウザの更新版「Firefox 3.5.2」をリリースした。Mozillaのセキュリティアドバイザリーによれば、3件の脆弱性が存在し、このうち2件が危険度「最高」に分類している。

「証明書の正規表現パースにおけるヒープオーバーフロー」(MFSA 2009-43)の脆弱性は、悪用されると攻撃者に任意のコードを実行される恐れがある。ただし、Firefox 3.5にアップデートしていれば影響を受けないという。

 「SSLで保護された通信の情報漏えい」(MFSA 2009-42)の脆弱性では、SSLクライアントと、サーバ証明書を発行する認証局(CA)との間でドメイン名の扱いに食い違いがあることが発覚。攻撃者がクライアントとサーバ間の暗号化された通信を傍受したり、改ざんしたりすることができてしまう恐れがある。この2件の脆弱性は、MozillaのThunderbirdとSeaMonkeyにも影響する。

 残る1件(MFSA 2009-38)は、特定のSOCKS5プロキシからの応答受信にまつわるデータ破損問題に対処したもので、危険度は4段階で最も低い「低」となっている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

Firefox 3 | Firefox 3.5 | 脆弱性 | Mozilla | ブラウザ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -